ホーム > ブログ > 実績紹介記事

エクリュブログ

実績紹介記事

エクリュは今日から通常営業しております。
お休みいただき、ありがとうございました。

今日は現場を見てまわりました。

地震の影響を心配しましたが、皆様のご協力のもと、2つある現場のどちらもが順調に進んでいます。
ありがとうございます。

(仮称)幸町の家はひとつのポイントに階段があります。

階段の施工はかなり難しく、何度も現場で検討・打合せしました。
図面で描くのも難しかったです。

その難しい階段に着手されていました。
仕上がりが本当に楽しみです。

(仮称)毛矢の家は大工工事がほぼ終了し、かなり内部のイメージなどが分かるようになりました。

(仮称)毛矢の家も階段は難しく、色々現場で検討して作製しました。
大工さんはかなり苦労されてました。

今日見たら、いい感じになってました。
こちらも仕上がりが楽しみです。

(お客様のご要望で)既製品を使うことが今まで一度も無いエクリュの階段は、設計や施工に手間がかかっているだけに毎回仕上がりが楽しみです。

毎日上がったり下がったりする階段ですから、移動が楽しくできるといいですね!(笑)

佇まい

2011年8月5日  /  茶嬉(さき)の家  

お住まいの佇まいって、品格みたいなのが出るといつも感じます。

色んな要因から来るんでしょうけど、ファサードから来るイメージ、佇まいから受ける印象って言葉にできない何かがあるって感じます。

その品格をちゃんと表現したくて、階高やスラブ厚(1階の天井面から2階の床面の厚み)を調整したり、壁の見えがかりの面積を調整したりするんですが、そんな部分部分ではなくて全体から受ける印象が重要です。

(仮称)幸町の家も、もちろんお住まいの佇まいから受ける印象を、スケッチや図面を描いたり模型を作ったりして何度も僕の中でも検討を重ねました。

あー。 そういえば丁度1年程前の凄く暑い日だった。
気付くところがあって、最初の考え方から変えなきゃ!って思いスケッチブックを取ってイメージスケッチをしたのは・・・。
そうそう。凄く暑い日だった。

具体的なことはココでは言えませんが、少しだけお話しすると・・・。
プライベートの確保を建物形状からも検討を進めていたのですが、そうじゃなくてファサードから受けるイメージは閉鎖的では無くむしろ welcome を表現しつつ、プライベート性も確保できていかないとと考え直しました。

その時も建物の佇まいを考えました。
建物も人と一緒で、こわもてだと人が寄り付きにくくなるだろうし、逆に穏やかなファサードだと人も集まりやすくなるはずです。

昨日は現場で(仮称)幸町の家の佇まいを眺めていました。

ブログのトップ
ホーム > ブログ > 実績紹介記事