ブログ

「2012年8月」の記事一覧

暮らしを育てる、エクリュのお手伝い。

2012年8月28日 /

今日はLIXILさんと武善さんが主催される研修会に参加してきました。
研修の内容は、エレルギー問題や地球環境の観点から叫ばれるエコについて、住宅の性能値を近未来的に急激にアップさせる中での対応策などを学びました。

エクリュのお住まいづくりのお手伝いは、基本的にニーズや想いのイニシアチブはお客様にあります。
エクリュとして「こんな住宅がいいですよ!」「あんな暮らしにしましょう!」と誘うというよりは、お客様の中に存在する顕在化したニーズはもちろんの事、潜在化したニーズを探って見つけだし、それをご提案すると言った順序で進めていきます。

しかし、昨今、国からの規制強化やトップダウン方式によって、メーカーやビルダーまでもがその方針に従わなきゃいけない風潮があるのは、それだけエネルギー問題や環境問題が差し迫っている問題なんだと容易に想像できます。

潜在化したニーズをどこまで掘り起こすのか?
子供の代、孫の代のことまで考えたお住まいづくりなら、きっと環境問題などは明らかにニーズと言える。
しかし、住まいや家族の考え方そのものが、家を継ぐ考え方などが希薄になり、核家族を考えたお住まいがほとんどの現在において、そこまでの物差しを持つことは容易なことではないのかも知れません。

そんなことを考えていると僕ら業界の役割などを考えてしまいます。
お客様より知識もある私たち業界が、お客様のニーズだけで住まいづくりを進めてもいいのか?
それともある程度はイニシアチブを持って、時代をつくっていくことも我々の仕事なのか?

そこでエクリュらしい方法を考えました。
それはお客様に知っていただくこと。
解っている範囲での政府の指針や方向性をお客様にお伝えすること。
それしかないと思いました。
知っていただいた上で、決められるのはやっぱりお客様にイニシアチブを持っていただく方法が、エクリュらしさだと思います。

これからもより詳しく様々な情報をお伝えしていきたいと思います。
お付き合いの程、よろしくお願いします!(笑)

内覧会のチラシの打合せ

2012年8月27日 / 両美の家

今日は朝から(仮称)灯明寺の家の現場にて、内覧会のチラシなどの打合せを行いました。

チラシの打合せの際はいつも、今までの打合せの流れをインタビューされるので、オーナー様との思い出を走馬灯のように思い出す瞬間でもあります。
「そう言えば、こんな話をしたな!」
「あんな話もした(笑)」
という感じで、様々なエピソードや流れを思い出します。

今回のお住まい。
エクリュにとっても僕自身にとっても、色々考えさせられる。
様々な意味で起点となるお住まいだと、僕は感じています。

2年前の年末にたてたのエクリュの目標「2CV」から色んなことがありました。
そういった事も影響し、そして竣工した(仮称)灯明寺の家も、本当にたくさんの想いが詰まったお住まいとなりました。

是非、内覧会に足をお運びいただきたいと思います(笑)。

内覧会は9月の末~10月の頭で予定しています。
また近くなるとここ、エクリュのウェブサイトにてご報告しますので、ご確認下さい。

本当に、楽しみです(笑)。

最終の打合せの日に。

2012年8月24日 / 両美の家

かなり建物も出来てきて、明日最終の打合せとなりました。
外構の打合せで、お住まいの建築の打合せは終了です。
この日(最終の打合せの日)やお引渡の日。
あれほど必死に熱中して、集中して、全力を注いだお住まいの打合せが、まるで楽しかった夏休みが終わって、秋の風が頬をつたった時の様な、そんな感覚になられ寂しいと言っていただきます。

大丈夫ですよ! ずっといますよ(笑)
お住まいが暮らしで色付けられてく中、ご相談などありましたら、またエクリュのいつでもお越し下さいね!
それに僕らもお住まいの様子を見せていただきに時々伺います(笑)。

と毎回お話します。

(仮称)灯明寺の家もそんな瞬間がまもなくです。

エクリュにて火災保険が扱えるようになりました。

2012年8月23日 / お知らせ

エクリュにて火災保険を扱える保険代理店となりました。
本日よりエクリュにて火災保険の販売を開始します。
建物ことなどがよく解っているエクリュだからこそ、ご提案できることもあろうかと思います。
よろしければ、ご利用くださいませ♪

最後に、免許取得の際にご協力いただいた方々。
本当にありがとうございました!

株式会社エクリュ
代表取締役 横山哲明

夏季休暇のお知らせ

2012年8月10日 / お知らせ

夏期休業のご案内

拝啓 盛夏の候、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、誠に勝手ながら弊社では、8月11日(土)~8月16日(木)までを夏期休業期間とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

仕上がってきました。

2012年8月7日 / 両美の家

外壁の塗装も出来ました。
格子や窓枠(外部)も取付き、外観はほぼ完成。
足場がバレるのが楽しみ!(笑)

格子を内部から見るとこんな感じ。
格子は目隠しと外観のアクセントを兼ねています。
北側の窓なので、格子がついてもちゃんと景色は見えます。

明日からは内装の仕上げ工事が着手されます。
いよいよ全貌が見えてきました!

脱力すれば、自分が発揮できる。

2012年8月6日 /

セラピストをしている友達のブログで「手放す」というテーマで書かれた記事がありました。

その記事と直接関係無いかも知れないけど、、、打合せをしている時に大切にしていることがあります。
それが、「力(リキ)みをとる(脱力していただく)」ということです。

お住まいを検討する時、多くの方が「失敗したくない!」とか「とても素敵な家にしたい!」とか「絶対カッコイイお家にする!」など、当然に意気込みがあって来られます。
それは全然悪くないのですが、その想いが強ければ強いほど、出来もしないことが出来る気になってしまったり、やったことも無いことがいとも簡単に出来る気になってしまったりと、自分を見失うことにも繋がりかねないとよく感じます。

ただ、強い想いをお持ちの方は、中々諦めません。
そのお力をお借りして、力みをほぐして、リラックスした素直な自分が観えてくるように、お話を進めます。

それが遠回りです。

遠回りというと、ネガティブな言葉のように捉えられがちですが、僕はちょっと違います。

それはひとつは出来るだけ多くの経験をしていただく時間と捉えていること。
また、もうひとつは力みをほぐして自分を見つめ直すのに必要な時間を捉えています。

やりたいこと(WANTS)を先ず、色々調べてたくさんテーブルに出していただき、それを選択していきます。
たくさん出せば出すほど選択が難しく、あまりに苦しい時は「こんなに(たくさんの情報を)知らなければよかった。。。」と愚痴がこぼれてしまう時もあるかも知れません。
でも、それも必要な経験なんです。
(ゴメンナサイ。。ずっと傍にいるので許してください。。。)
「あーーー、もう分からない。。横山さん決めて下さい。」と言われる事も。
でも、実はここからが本当の自分が観え出すのだと思います。

最初は力んで、非日常的なものばかりを追いがちです。
そんな中、力が抜けた時(脱力した時)、たくさん集めた情報の中から本当の自分たちらしいものが観え出すのを、お住まいづくりのお手伝いをさせていただいてて、何度も目の当たりにしました。

これがWANTSからNEEDSに絞り込むと言うことです。

すごく体力が必要なことで、お施主さまには大変申し訳なく思います。
誰かが決めた「良い」ではなく、自分の中にある「良い」を探すこと。
自分らしさを手にすることは、自分で歩まなくてはならなく、、、
決して人のせいにも出来ず、誰かを頼ることもできない、厳しいことだと思います。。
しかし、いつまでもどこまでも、時間と体力の続く限り、一緒について歩きますから、自分たちのお住まいづくりをされる方には、どうか経験していただきたいプロセスです。

もちろん。
このプロセスを楽しまれる方がエクリュのオーナー様には圧倒的に多いです(笑)。
お住まいづくりの打合せが終了すると、よく「すごく寂しい。。。」と言っていただきます。
嬉しいです(笑)。

何も寂しがらないで下さい。
ずっと「お住まい」を観ていますし、オーナー様の「暮らし」もバックアップさせていただけると大変嬉しく思います(笑)。

あなたにあったお住まいづくりとは?
どんなお住まいづくりでしょうね!
一度、エクリュのお住まいづくりもご体験されてみてはいかがですか?
スタッフ一同、こころよりお待ちしてます(笑)。

仕上げを決めるのは、お施主さまにとっていつも悩ましい。。

2012年8月5日 / 両美の家

仕上げを決めるのは、いつも悩まれる。
行ったり来たり繰り返し、一週まわってもとに戻って(笑)
でも、それは全部必要なこと。
きっと、意味の無い時間や経験なんて全く存在しないんだよね。
全てに意味があって、全て必要なこと。

いいですよ!
だから、とことんお付き合いしますよ。
行ったり来たり気がすむまで繰り返しましょうね(笑)。

この日、おかげ様で、仕上材。
全て決定していただきました。
お施主さまをはじめ、ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました!

ファサードは男らしく。

2012年8月2日 / ゆきあいの家

ゆきあいの家は、奥様が主軸になって打合せを進めさせていただきました。
ですので、女性特有の色彩センスが光るお住まいとなります。

しかし、ご主人が中心となって打合せを進めさせていただいた部分も。

それはファサード(外観)と洗濯室(家事室)です。

外観と洗濯室に関しては、ご主人がガンとして譲らず、と言うか、奥様があっさり譲ったというか・・・。
その為、建物の形状がゴツゴツと出入り(凸凹)し、立体感のある男らしいデザインになっています。
また、外装の色合いも、濃淡がはっきりしていて、これも男性的なイメージになっています。
ご主人のお仕事上、塗料の特質にお詳しく、紫外線劣化などに強い色彩とのこともあり、外壁の色は決まっています。

今までの弊社の建物には無いイメージになりそうで、とても楽しみです!

最近、僕も料理や掃除など、家事をしますが、ゆきあいの家のご主人も、洗濯やアイロンがけをされます。

洗濯室はご主人がこだわって打合せを進めました。
こちらも内覧会では完成が見れないですが・・・
扇風機の風で乾かすのですが、壁付けの業務用の扇風機が設置されます。
また、アイロン台なども家具が配置されます。

こちらも仕上りが楽しみです。

過去の記事