エクリュブログ

実績紹介記事

時間をかける必要性。

2014年3月23日  /  遊び心の家  

二日連続で急遽、遊び心の家にて打合せとなりました。

急なので掃除機すらかけておらず、埃っぽく申し訳ありませんが・・・お二方(二組)とも、片付いていることに驚かれていました。

見た目に美しい空間を設計する事は、たいして難しい事では無い。 ちょっとした事です。
しかし、住んでなお、キレイをキープ出来るお住まいを設計するには、時間と労力とノウハウが必要です。
それにお付き合いいただけると、とても嬉しく思います。

とても大切な事にも関わらず、中々、内覧会などでは、「住んでなおキレイをキープ」を見分けることが難しいです。
そこで弊社では、実際に住まれているお住まいをご覧いただくサービスも行なっています。
(注:設計依頼書および工事予約をいただいたお客様にのみ、差し上げているサービスとなります。)

大切な事は、いつも、中々観えてこないものですね。
だからこそ、時間をかけてじっくり検討する必要があるのだと思います。

今日は優律の家のお客様とパナソニックさんのショールームに伺いました。
最近、新商品が発売になり、展示品を入れ替えられたばかりのショールーム。
実は、僕自身、見るのは初めてで、詳しく商材のご説明をいただきました。

その後、お客様とお昼ご飯をご一緒させていただきました。

今日は「甚兵衛」へ。
身体にやさしい感じの和食をいただきました。

テレビCMの復習。

2014年3月18日  /  優律の家  

今日はTOTOさんのショールームに優律のお客様と伺いました。

TOTOさんも独自性の高いメーカーさんで、また、ネーミングもすごく上手なメーカーさんでもあります。

ウォシュレットや魔法びん浴槽はTOTOさんの商品名です。
すべり台シンクや水ほうき水洗、ほっカラリ床、きれい除菌水などもTOTOさんの商品名で、よく知られるところです。

(仮称)灯明寺のお客様も「CMで見たことがある!」と先に情報をお持ちで、それをショールームで確認されるといったイメージでした。

意外に知られていないのは、TOTOさんの木製キッチンの凄さです。
TOTOさんの木製キッチンはある意味、ステンレスキッチンより頑丈で水にも強いという特徴があります。
木製キッチンに拘られたからこその性能です。

また、食洗機にも特徴があります。
それに、独自の機械印刷技術により、特徴的な面材(扉の柄)も印象的です。
(詳しくは、お近くのTOTOショールームまでお問合せください。)

今日は優律の家のお客様と、クリナップのショールームに伺いました。

優律の家のお客様には、クリナップさんは、前回のリクシルさんの時ほどの感動が無かったようで・・・
きっと、欲しい要素が明確にあって、観られるポイントがあるんでしょうね!
そういったお客様の場合、意外にあっさり決まってしまうのかも知れません。

しかし、ニーズは潜在化したものも存在しますし、変化することもあります。
ですので、この後、トクラスさんのショールームにも足をお運びいただきました。

優律の家のお客様。
もう少々、ショールーム巡りにお付き合いいただきます。

今日も赤ちゃんにもお付き合いいただき・・・
お疲れ様でした!

今日は(仮称)三郎丸の家のお客様と、先ず、クリナップのショールームに伺いました。
どなたもよく仰るのですが、「観れば観るほど、どのキッチンにすればいいのかが分からなくなる・・・何を優先するのかが明確ならきっと決まるんでしょうけどね・・・」と(仮称)三郎丸のお客様も仰ってました。

クリナップさんのキッチンはステンレスのキッチンや洗エールレンジフードなどが有名で、東北(いわき)からスタートした会社さんです。
東日本大震災の時はかなり影響があったそうです。

「キッチンから、笑顔をつくろう」をステートメントに、キッチンブランドイメージが強いメーカーさんでもあります。

次に、伺ったのは、タカラスタンダードさん。
「きれい」と暮らそう、高品位ホーロー。というスローガン通り、ホーローの会社さんです。
ホーロー・耐震・ぴったりサイズをキーワードに独自のホーロー技術を生かした商品展開をされています。

ショールームでのプレゼンテーションも独特で、お客様のリアクションを含めて、夜中の通信販売の番組のよう(笑)。
実際ショールームに展示されているキッチンを使って、油性マジックで落書きしたり、火であぶったり、木槌で叩いたりなどなど驚きのパフォーマンス。
ちょっと感動ものです(笑)。

さぁ! (仮称)三郎丸のお客様は、何を優先して、どのブランドのキッチンを選ばれるのでしょうか?

現場見学会と発注確認。

2014年3月15日  /  三雲の家  

今日は、お施主様のご厚意により、三雲の家の現場見学会を開催しました。
また、現場見学会の時間を利用して、三雲の家の仕上げの打合せを行いました。

建物が出来上がってきてからご理解いただける事などもあります。
そこで、弊社では発注確認をさせていただいてます。

発注確認とは、文字通り、発注をする前に、発注の内容(契約の内容)を再確認する機会で、この時点で変更していただければ、単純に(発注前なので)材料の差額のみで変更が可能です。
発注するギリギリまで変更が無いかを確認させていただくサービスをしています。

今日はその打合せ(発注確認)も最終段階。
三雲の家。
いよいよ仕上げ工事に入っていきます。

帰り際、お施主様から一乃松の焼鯖寿しをいただきました。
嬉しい!
いただきます!!(笑)

現場見学会を開かせていただいて、かつ焼鯖寿しまでいただき、いたせりつくせり。
敦賀の接待は、すごいです。

ありがとうございます。

昨日、3年ぶりに打合せを再開した優律の家。
早速今日から住宅設備の仕様を決める為、ショールーム巡りをスタート。
今日はリクシル福井ショールームにお伺いしました。

キッチンやユニットバス、洗面台やトイレの考え方や使い勝手、性能や見た目の美しさなどをご確認いただきました。

お子さんがまだまだ小さいので(6ヶ月)お母さんも大変です。
しかし、きっと家を建てるこんな機会にしか行くことのない、各メーカーさんのショールームですから、ご無理を言って各社、足をお運びいただくことになっています。

次回は16日(日)クリナップさんに伺います。

本日は、お疲れ様でした!

プランニングも最終段階になり、いよいよ具体的にエクリュ原価オープンの見積りを作成する段階に近付いてきました。
そこで、再度、仕様の確認を行うため、リクシル福井ショールームにお邪魔しました。

今日はキッチンやユニットバスなどの具体的な色も決めていただきました。
10ヵ月のゆうかちゃんも色決めに参加してくれました!(笑)

成長。

2014年3月13日  /  優律の家  実績紹介記事  

今日の打合せは優律の家のお客様との打合せでした。

優律の家の打合せは、実は3年ぶり。
当時、赤ちゃんだったお子さんは、お姉ちゃんとなりひらがなを書くほどの成長ぶり。
時の流れを感じます。

エクリュの打合せも、実は3年前とは違った手法を取り入れたりもしています。

3年ぶりに打合せが再開できて、とても嬉しく思います(笑)。

今日は「唯二の家」の三カ月点検でした。

「唯二の家」は「ずっと、ふたりを楽しむ家は、ときどき、ひとりを楽しむ家。」とのキャッチフレーズが表現するように、ご夫婦それぞれの趣味が楽しめる空間のあるお住まいです。

今日は点検に伺ったのですが・・・点検はスタッフに任せっきりで、僕はというとご主人とセッションしていました。。。

学生の頃、友達の家に遊びに行って一緒にギターを弾いて遊んだような、懐かしい感じと、大人になったのでいいギターが何本もあるので、回し弾きしなくても一人ずつにギターが当たり、セッションまで出来てしまうという楽しい時間を、仕事中に過ごしてしまいました。

ここ最近は独りでしか弾いてないので、本当に懐かしい空気感で、ついつい仕事をほっぽり出してしまいました。。。

肝心の点検結果は特に問題は見当たらず、よかったです(笑)。

使われ方も打合せ通りで、すごくキレイに片付けられていて嬉しい思いがします。

また、アーティスティックなご夫婦のお住まいらしく、絵画や調度品があちこちに飾られ、とても豊かな空間にしあがっていて楽しかったです。

長居させていただきたい、楽しいお住まいに仕上がっていました。
また、伺いたいです(笑)。

ブログのトップ
古い記事