エクリュブログ

(仮称) 大溝の家

色も色々

2017年9月24日  /  (仮称) 大溝の家  

今日は、左内町の弊社社屋にて、(仮称)大溝の家のカラースキーム打合せを行いました。

ご決定いただくのは、年末と、ずっと先ですが、今の段階からかなりシッカリ決定の準備をしていただき、今日の打合せとなりました。

おかげさまで、未だ整地しかしておらず基礎も出来ていない今から、仕上がりが明確になってきて、完成がとても楽しみです。

それもオーナー様(お施主様)のお力添えあってのことで、とてもありがたいです。
今日は、各部屋のパースをご自分で描いてこられ、そこにイメージの色など着色・描き加えてご希望・ご要望をご説明いただきました。

シッカリ・じっくりご検討いただきイメージしていただいているので、共通の認識が出来やすいだけでなく、完成度がとても高くなってきました。

完成度というのは、実現しようと考えているイメージ(目的地)へ到達している度合いを意味しているのですが、今回の打合せでは、その目的地への理解度を深め、更に深みのある目的地を見出し、そこに到達出来てきた今回の打合せでした。

いつもご協力、本当にありがとうございます!

打合せの最中に、目の話になりました。
黒目の色は、黒に見えても実は人によって色々で、茶色かったり青っぽい方も。
それによって光の捉え方なども違い、それは色彩感覚にも影響があるはずとのお話をしました。

信号機もきっと人によって違う色に見えていて、概ね青色だったり黄色や赤色だったりに見えているのだろう。
そんな風に同じ風景の中にいて、同じ景色を見ていても、見えている世界も人によって微妙に、時には大きく違うのだから、色彩感覚にも同様なことが言えるのではないか?
そんな話もしました。

色はとても奥深いです。

今日は朝から(仮称)大溝の家の地鎮祭でした。

先日、おかげさまで無事、確認申請がおり、今日の日をむかえる事が出来ました。

今日は天気にも恵まれ、滞りなく地鎮祭を終えることが出来ました。
ありがとうございました!

地鎮祭の後は、打合せなどをさせていただきました。

先ず現地にてご確認いただいたのが、外壁などの仕上げ材です。
外観を構成する仕上げ材のご決定は、出来る限り現地で決めていただいています。

色などは対比で認識されています。
絶対音感のような、絶対色彩感覚って存在しないのでは無いかと思われます。
そこで、実際の仕上げ材のサンプルを現地に持って行き、周辺環境(周りの建物)などの対比を確認しながら、材料などを決めていただいています。

その後、ショールーム→エクリュに場所を移し、打合せが終わった頃にはすっかり辺りは暗くなっていました。

「もう夜だよ!」

今日は1日お時間をいただき、ありがとうございました。

ブログのトップ