ブログ

「楽(ラク)」を選択しては、得れないモノもあります。

2014年7月22日 / 光拡の家

光拡(こうかう)の家はファサード(外観)に、こだわりがあります。
今日も、そのこだわりのファサードに必要な部分の施工を進めました。

ファサードのこだわりは、玄関ポーチの大きなアーチ(吹抜け)にも見られます。
とても個性的で印象的な形状を可能にしてくれているのは、大きく2つのポイントがあります。

ひとつは桁落しです。

桁落しとは、通常だと梁の天端(梁の上の面)を水平(レベル)に配置しますが、それを水平ではなく段差をつける方法を言います。
通常の建物より、軒を低く見せたり、建物の高さを低くしたい時に桁落しをしたりします。

光拡(こうかく)の家は間口の狭い敷地に建ちます。
その為、のっぽな建物に見えがちです。
そこで桁落しをし、建物の重心を下げ、プロポーションをよく見せました。
また、軒を薄く見せました。

それを可能にしたもう1つのポイント。
それは箱樋です。

通常、軒先には雨樋が付きます。
そうしないと屋根を流れてきた雨水が滝のようになってしまいます。
それを避けるために軒先には雨樋が付きます。

光拡(こうかく)の家は、その雨樋を軒の中に隠してしまいました。
そうする事で、軒先をキレイに見せました。

以上の2つのポイントで、ファサードに印象的なアーチを設けることが出来ました。
施工は手間ですし、コストもかかってしまいます。
しかし、光拡(こうかく)の家のオーナー様は、ファサードにもこだわられました。
「楽(ラク)」を選択しては、得れないモノもあります。

今日はそのひとつ、箱樋を施工しました。

過去の記事