ブログ

「遊び心の家」を10倍楽しく観る方法。

2012年3月30日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 遊び心の家

「遊び心の家」完成内覧会

2012年3月31日(土)・4月1日(日)
10時~18時
福井市若杉3丁目

今日は「遊び心の家」内覧会のみどころを簡単にご説明します。

1.広さと広がり
  よくプランニング(間取り)をする時など、お客様に部屋の帖数を聞かれる事があります。
  広さには物理的な広さと感覚的な広さがあって、必ずしもそれは一致しません。
  スペースを最小限度に抑えても広がりを感じさせる工夫が、「遊び心の家」には色々あります。
  現地のスタッフにご質問下さい。

2.ブラック&ホワイト&レッド+差し色
  「遊び心の家」は建物とインテリアを同時にプランニングしています。
  当然に建物と家具などのカラースキーム(色構成)もプランニング段階から検討しています。
  先ず、ベースはブラック&ホワイト&レッド。
  インテリアの定番の色構成です。
  そこに差し色を加え、目線の誘導を図ったり、感覚の変化を図ったりしています。

3.オリジナル家具+デザイナーズ家具+嫁入り道具など
  先ほども書いたとおり「遊び心の家」は建物とインテリアを同時にプランしています。
  スペースのボリューム感や広がりの感覚、空間のイメージにも大きく影響するからです。
  「遊び心の家」のダイニングテーブルは、エクリュがオリジナルでデザインしたものです。
  2500×900の無垢の天板もさることながら、轆轤(ロール)でつくったテーブルの脚も
  見所です。
  どのようなコンセプトで、どんなところに気遣ってデザイン・製作したのか?
  是非スタッフにお問い合わせ下さい。

4.家族の癖とプランニング
  現在の住まいでの家族の癖や、住まい方を分析しました。
  その結果をどうプランに落とし込んでいったのか?
  スタッフにお問い合わせ下さい。

5.照明計画・日光の取り入れ方
  (いつものことですが・・・)シーン別の光の構成を考えました。
  今回は器具に標準で付いている球から、わざわざ球を買って来て替えたり
  些細なことですが演出に拘った部分もあります。
  こちらもスタッフまでお問い合わせ下さい。
  あと、南側に大きな窓があるのですが、リビング・ダイニングには直射日光が
  入りにくくしました。 でも、明るくなるように検討しました。

6.ファサード(外観)
  「遊び心の家」は外観から設計しました。
  建物は街並みをつくります。
  少し街並みに変化をつける「遊び心の家」ですが、結構、ご近所さんにも喜んでいただき
  安心してます(笑)。 本当にありがたいことです。

7.手入れのしやすさ
  手入れのしやすさは、「遊び心の家」ではかなり重要なファクター(要素)でした。
  家族の皆は、あまり家事が得意ではないので・・・また、まめではないので・・・
  長くキレイが続くためのひとつに「手入れのしやすさ」が重要でした。
  あと他にも、掃除の弊害になっているファクターの分析をし、それがどうすれば解消されるか?
  家族を知り尽くしているからこその発想があります。
  詳しくはスタッフまで!

8.寒くない?!
  お家の中で最も熱損失が大きな場所は窓。
  大きな窓がある「遊び心の家」は寒くないか?と危惧されました。
  そこでコールドドラフト対策などを練ってあります。
  詳しくはスタッフまで。

9.遊び心
  僕の好きな数字「9」でやっとこのお家の名前である「遊び心」を持ってきました(笑)。
  「のぼりたくなる」 「くぐりたくなる」 「入りたくなる」 「先に行きたくなる」
  どうすればそうなるのかを、考えました。

  こればっかりは言葉は(説明は)あまりに陳腐です。
  是非、会場にお越しいただき、ご自分で体感されてください。

10.最後に
  「遊び心」のところでも書きましたが、本当は説明などあまり意味がなく、
  言葉など陳腐です。
  実際に体感されて、そこで感じられたことこそ真実です。
  お忙しいとは思いますが、是非、ご自分で体感なさってください。
  ご自分の感覚を信じてください。
  スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

では、明日から「遊び心の家」の完成内覧会を開催いたします。
多くの方々にお越しいただけますよう、スタッフ一同心よりお待ちしております。
会場でお会いできることを楽しみにしています!

過去の記事