エクリュブログ

照明計画

2008年11月12日 /  実績紹介記事  食粋の家  

日光の入り方などは、イメージ・マップをもとに平面図へ落とし込んできましたが、今度は夜の雰囲気を検討して行きたいと思います。

そこで、今回、最初の照明計画図をご提出いたしました。

演色性が高く、色温度も2800K以下にできるミニクリプトンやダイクロビームを主軸として配灯いたしました。
また今回の特徴は、リビング天井高が3Mとかなり高く、また、お施主様のイメージに合ってくると思われることもあり、漆喰壁に光をあてて、その反射でリビングを照らす方法をとりました。

また、今回、「料理」「食生活」がとても大切なキーワードとなっていますので、最も演色性が高い光のひとつであるダイクロビームをダイニングスペースやキッチンスペースへ配灯しました。

照明計画

ブログのトップ