ブログ

あかりを制する者は、空間を制する。

2014年5月13日 / 三雲の家

器具取り付けに入りました。
LEDのダウンライトが主照明になっています。

ダウンライトはその器具自体の明るさだけではなく、照射される面(壁や床など)がどの様に照らされるのかが重要で、明るさや色合い、奥行きなど空間のイメージを実現させるには様々な要素を考慮に入れる必要性があります。
時には、落ち着いたイメージにする為に、照射面を意図的に暗くしたりもします。
またやわらかなイメージにするために、光を受ける壁などをマットなテクスチャーを選択していただくこともあります。

三雲の家は日中の太陽光のように部屋を明るく清潔感があるナチュラルなイメージがお好みでした。
だから床の色などは明るめをご選択されました。

照明光や太陽光など光は、空間のイメージをつくるのにとても大切な要素です。
照明計画の際は、仕上材や窓や壁の位置など様々なことを同時に考えていく必要がありますね!

過去の記事