ブログ

あきらめてはいけない理由。

2014年9月23日 / 遊び心の家 空創の家

今日は朝から空創の家の打合せでした。
今日の打合せ内容は、金額(仕様)の調整やVE、カラースキームなど盛りだくさん。

今日、お土産に金太郎飴と

きんつばをいただきました!
ありがとうございました!!
すごく美味しかったです。

アルケミストでお昼をいただいた後、遊び心の家にて収納の使い方を確認。
減額案に役立てていただきました。

特にキッチン周りの収納と、リビング周りの収納に関しては、じっくりご検討いただきました。
生活されてなお、お住まいのきれいな状態を保つためには、収納の量はもちろん、使い方や位置、使い勝手などをご検討いただく必要があります。
いろいろ、ご提案はさせていただきますが、収納の必要量や使い勝手の良さは、人それぞれなので、ご自分でシッカリご検討いただく必要があります。
今日もゆっくりしっかりご検討いただきました。

その後会社に戻り、日が暮れるまで打合せをしました。

減額などをしながら仕様の調整、カラースキームの調整をしていただきました。

減額をする中、仕様や仕上げ材などを当初イメージされていたモノから変更を余儀なくされる場合などもあります。
そんな時、よく「あきらめる」という言葉を選択される方もおられます。
しかし、本当に必要だと感じるモノは、きっとあきらめられず、最後まで残ります。
あきらめなければ、何とかなる事も多くあると感じます。

今日は、当初のイメージとは違い、機能を重視することでの減額を一旦図ろうとしました。
しかし、その減額は、何度も繰り返し考えた結果、あきらめではなく新たな価値を生み出す結果を得れました。
あきらめてはいけない理由は、ここにあると思います。

おかげで空創の家の仕上り、特にファサードが、より楽しみになりました。

過去の記事