ブログ

お引渡し

2009年10月14日 / 実績紹介記事 包容の家

お引き渡し1

今日は「包容の家」のお引渡しでした。

いつものことですが、少し寂しい。
でも、おめでたいことです。

今回はお施主様も「少し寂しい」と言っていただきました。
それは、打合せが終ってしまうからです。
嬉しいですね。 そう言っていただいて(笑)。

「これからここに住むって、実感が湧かない」と仰ってたお施主様。
でも、嬉しそうでした。
よかった。

それはそうですね。
お施主様、かなり頑張られましたから(笑)。
大変申し訳ないのですが、エクリュが至らない部分も色々助けていただきました。

「包容の家」をカタチにするメンバーが、お施主様を筆頭にこのメンバーだったからここまでこれたと本当に思います。

エクリュのお客様は失礼な言い方かもしれませんが、みなさん、自立されていて自分のことは自分でされる立派な方ばかりですが、「包容の家」のお施主様も、本当にご自分で色々なことをされ、またエクリュを助けてくれました。

毎回そうですが、今回も熱い現場でした(笑)。
クレバーに熱い現場でした。

ご説明などを終え、お施主様にお土産までいただき、お施主様に玄関までお見送りしていただいて・・・
お引渡しが終了した象徴的な瞬間でした。

お引き渡し2

「包容の家」のお施主様。
本当にありがとうございました。
おうちの名前どおり、本当に包容力のおありの大人なお施主様で、色々至らぬ部分もフォローしていただき・・・どちらがお客か分からない状態で・・・ご迷惑もお掛けしてしまいましたが、今後とも末永くお付き合いの程、よろしくお願いします。

お施主様と知り合えて、エクリュを選んでいただき、末永くお付き合いが出来る関係にしていただいたことは、本当に嬉しく思います。

ありがとうございます。

過去の記事