ブログ

このタイミングで?!

2011年5月25日 / 実績紹介記事 遊び心の家

先日、プランも決まり模型も完成し、構造の打合せをスタートさせました。
見積りも開始しています。

しかし、このタイミングで家内が夕食時にぽろっと
「もう間取りとか変えられへんの?」と。

『何か不具合があるの?』と聞き返すと
そうではなくて、聞いてみただけと。

そうは言うものの、何かあるからそういうことを言うわけで・・・。
家内に聞いても具体的なことなど何も言わないので、この際自分で不具合が無いのかを再検討してました。

——————————————————————————————————————————–
長男が中3の時に次男は・・・長女は・・・。
長女が小学校の高学年になったら・・・。
——————————————————————————————————————————–

そのように数年おきの家族の様子などをイメージしてみました。
うちは3人兄弟で、ひとりは女の子だから、、、
気にはなっていましたが、土地の件もあり費用的に厳しい為、Type-12では子供部屋は3人で1室としていました。
そこを再度見直すことにしました。

そしてType-13を完成させました。

いざ決めるとなると、きっと皆さんも「これでいいのかな?」ってふっと思われることもあるのでしょうね。
うちの場合もそうだったみたいで、ギリギリのところでもう一ひねりしてみました。

今は長男が宿泊学習で金沢に行っているので、まだType-12とType-13をもっての家族会議は開催していません。
長男が帰ってきたら家族みんなでもう一度コレが本当に最後の間取りの検討をしたいと思います。

過去の記事