ブログ

ほのかに。

2016年2月12日 / 面遊の家 賢分の家

今日は(仮称)森田の家の仕上材など最終打合せを行いました。

今日の現場は天気も良く、雨樋の施工真っ最中でした。
前回まで無垢のままの木目が見えていた派風板や鼻隠しは、外壁と同じ色に塗られていて、また違ったファサード(外観)の雰囲気になっていました。

前回の打合せで、ほとんどの部分の仕上材を決めていただいたのですが、ホビールーム周辺などと、2階のトイレの一部の壁を残していました。
今日は、その残っている部分を決定いただきました。

無彩色のグレーと有彩色のグレートーンの壁紙で迷われていました。

無彩色は主張が少なく、クールなイメージだったり上品な雰囲気が出たりします。
それに対して有彩色のグレートーンは、そこに色彩が加わる分、色彩自体の主張が滲み出します。

日陰の部分でも、違ったイメージで見えてくるので、貼る場所を変更して、検討。

イメージマップからのおススメは有彩色のグレートーンでした。
(仮称)森田の家のイメージマップには、シンプルな形状の中にどこかやさしさを感じられるようなイメージがありました。
無彩色だとシンプルではありますが、冷たい感じも感じられてしまい、やさしさの部分の表現が不足してしまいます。
有彩色のグレートーンを使うことで、無彩色のグレーよりはほのかにやさしさを滲み出す事が可能になるので、有彩色、グレートーンがおススメでした。

結果、ブックラックもとてもいい雰囲気です(笑)。

(仮称)森田の家の打合せの後、基礎が完成した(仮称)天池の家の現場に行きました。

来月には建て方です!

過去の記事