ブログ

キャンチレバーの階段を。

2013年4月22日 / 唯二の家

バラガンの階段はとても美しい。

今回のお住まいは、玄関ホールからつながる階段に特徴を持たせようと、打合せを進めてきました。
そこで、キャンチレバーで階段を造ろうと検討してきました。

キャンチレバーとは片持ち梁のことで、壁からニョキって張り出した構造体を言います。
シンプルで個性的に見えて、すごく魅力的な階段になります。

しかし、構造的には負荷がかかるため、それを補うコストもかかります。
何とか実現したいと、検討と見積を重ねていますが、決定的なVE(機能をそのまま有した減額)には至っていません。

検討(健闘)は続きます。

過去の記事