ブログ

C-12 タイル貼り

2010年5月29日 / 実績紹介記事 天開の家



今日はLDKにタイルを貼りました。

LDKにはガス温水床暖房が入っているので、タイルだと蓄熱して、寒い日はとても気持ちがいいはずです。

タイルはエポキシ樹脂の接着剤で固定して、その後、床暖房対応の目地材で目地詰めをします。



タイルを貼ると急にLDKが明るくなりました。
鏡面の白色なので、パティオから入る光を沢山反射してくれて、明るいです。

壁のクロスを貼るともっと明るくなるはずです。



また、パティオには(安全のため)鏡面ではないですが、白色のタイルが貼られ、LDKと床のレベルが同じになります。
そのことで、LDKとパティオが一体の空間に見え、広がりを持たせるのと同時に、パティオからの反射光も望め、とても明るい空間になるはずです。

仕上がりが楽しみです。

過去の記事