ブログ

ダイニングテーブルとチェアは、ちょっと挑戦的な組み合わせで。

2012年3月14日 / 遊び心の家

「遊び心の家」のダイニングテーブルは、エクリュのオリジナルです。
自分でデザインしました。
脚の形状も、何種類も書きました。

今回、インテリアは、その家の名前のとおり、あえてテイストの違うテーブルとチェアを合わせて調和が取れるか、遊んでみました。
クラシックでグラマラス(エレガンス)なフォルムを持つダイニングテーブルに対して、ミニマルな形状のチェアを合わせるにあたり、どのように調和させるのかを検討してデザインしました。

ダイニングテーブルのデザインのポイントは、その脚にあります。

ロールで削ってつくる脚は、一件クラシックなイメージだったりグラマーなイメージがありますが、そのグラマラスなポイント(部分)を脚の上部の方にのみ集め、以下はすらっとした形状にすることで、ミニマルなチェアと合わせた時のギャップをやや抑えました。

また、グラマラスなテーブルの脚は、つや消しのブラックにて塗装します。
形状からくる視覚的情報を抑えるためです。
ひそかにグラマって方が面白いかな?と思ってデザインしました。

過去の記事