ブログ

チョット早いけど、バレンタインのお話?

2018年1月22日 / ご提案

「お住まいへのご希望やご要望をお聞かせください」
打合せの際、そうお伝えすると、最近増えたのはスマホからインスタグラムなどの画像を見せていただくといったことです。

イメージ写真はとても分かりやすく、言葉より共通の認識にしやすいのでとても便利。
弊社では「イメージマップ」といって、イメージ写真を集めて分析し、共通の認識に高めていくとても便利なツールがあります。(詳しくは「デザインの考え方と導き方」をご覧ください)

視覚から得られる情報は、全体の情報の約87%とも言われています。
それだけに「見た目(デザイン性)」はとても重要なファクターであることは言うまでもありません。

話はかわって・・・
もうすぐバレンタインデーですね!
今となっては遠い昔の記憶ですが、学生の頃、バレンタインデーのその日は、学校でソワソワ落ち着かなかった覚えがあります。
昇降口では、下駄箱の奥の方まで確認したり・・・
いいですね!青春!!(笑)

バレンタインデーといえば、、、皆さんはどんなところに「恋人を選ぶポイント」がありますか?
僕は学生の頃、「そんなん見た目に決まってるやん!」って言って非難を浴びた経験があります。

デザインを学んでいる学生でしたし、更に視覚からの情報、約87%。
ここを吟味しない方法はないと思ったのですが・・・
女子はそうではないようです。

でも、「見た目」って単にカタチって意味ではないとは思いませんか?
「人を見た目で判断してはいけない」「見た目によらず○○○」などとも言いますが、何となくですが、見た目から感じ取れることってあるとは思いませんか?

もちろん「見た目」だけではダメです。
その「裏付け」というか、、、女子の言葉を借りると「性格」とリンクしている必要があります。
「見た目」から感じ取れる「性格(内容)」との誤差を出来るだけ少なくするため、眼力を高める必要はあります。

お住まいのデザインも同じことが言えます。
「見た目」は重要ですが、「性格」とリンクしての見た目がとても重要です。
なぜならお住まいは美術館や遊園地、ショップなど非日常空間ではなく、毎日を何十年と過ごす最も日常的な空間のひとつだからです。

では、お住まいの「性格」って何でしょうか?

そもそも恋人の「性格」って何でしょう?
学歴
収入
背の高さ
親の仕事
フィーリング
趣味
センス
健康面



この話、まぁ、いいか!

話を戻して、お住まいの「性格」に当たる部分って何でしょうね?
この内容も弊社の「デザインの考え方と導き方」に一部、ご説明をさせていただいています。
詳しくは、弊社にお越しいただけましたら、分かりやすく(?)楽しく(?)ご説明をさせていただきます(笑)

見た目は大事です。
でも、見た目の意味(性格)をより深く知ること。
そして見た目の違いをより敏感に感じられること。
これらを習得したその上に、本当の意味で「見た目を大事にすること」は成り立ちます(本当の意味で、見た目を大事に出来ます)。

なぜなら「見た目」は単に目に映るカタチだけでは無いからです。
「見た目」は目に映るカタチはもちろんのこと、カタチに込められた意味(性格)や背景も含んでの「見た目」だからです。

「見た目」を単にカタチと捉えると、女子にめっちゃ怒られますよ!!
くれぐれも、ご注意を!(笑)

過去の記事