ブログ

使用状況の写真を送ってきていただきました!

2018年4月8日 / 卓色の家

先日、お引渡しをさせていただいたサンリーブさんの改修工事。
今日、現在の使用状況の写真を送っていただきました!
ありがとうございます(笑)

デザイン関係をされている部署とのこともあり、見学に来られる社外の方も多く、また、クリエイティブな仕事をされる社員さんたちが、より良いインスピレーションを引っ張り出してもらえるようにとのご要望を承り、改修工事の計画をさせていただきました。

現状、どの様に使用されているのか?
どうしてそういった使用の仕方になってしまうのか?
どうすれば、よりよく改善されるのか?
などなど、お住まいを計画するときのように打合せさせていただき、ご提案させていただきました。

お忙しいところ、お仕事中にも関わらずお時間いただき、またご協力いただきありがとうございました!

例えば、ミーティング・スペースの床の色が、他のスペースと違い濃い色・重い素材になっています。
これは、実際行なっているミーティングの内容(例えば決定する為の会議)などをお聞きし、どの様に意識を切り替えるとよいかを検討。 また、お好みのイメージなど、最後にご予算と合わせた結果です。
濃い色や重い素材は、安定や緊張を暗示します。
木質からタイル調に床材が変わる事で、気持ちにスイッチを入れ、また落ち着いてじっくり議題内容を検討できる様に計画しました。

収納棚がたくさんある理由は、、、
デザインをされる際、大量のサンプルが必要となり、それを自席の足もとに確保しているのが、ごちゃごちゃして見えていました。
ごちゃごちゃしていると考えもまとまりにくくなります。
そこで、必要なタイミングで大量のサンプルを出し入れするために、各席の後ろに収納棚を配置しました。

また、収納棚は柔らかく空間を仕切るパーテーションの役割も果たしています。
皆の動きや会社の動きを把握でき、且つ自分たちのエリアを認識できるようなちょうどいい高さを図りました。

カタチや配置、色や質感に可能な限り意味を持たせ、単に見た目でない見た目を整えました。
そして、それを良くご理解いただき、レイアウトや使用していただいていることがわかる写真をお送りいただけて、とても嬉しいです。
あとは、業績で結果が出たことのご報告がいただければ、こんなに嬉しいことはありません(笑)

建築で出来る事。
その力は有限で、微力かもしれません。
なぜなら最も大切なのはそこをご利用になられる方々の想いだからです。
でも、建築に出来る事の可能性はあり続けます。
少しでもお力添えできれば幸いです。

実は、同じ日にお引渡しをさせていただいた「卓色の家」の使用状況の写真も、今でも時々送ってきていただいています。
使っていただく度、美しくなっていくオフィスやお住まい。
前もってのシミュレーションがうまくいっていることの証拠でもあり、とても安心して嬉しく思います。
段取り八分。
備えあれば患いなし。
皆さまが一生懸命考えていただけた結果です。
少しでもお手伝いできれば幸いです。

過去の記事