ブログ

光を増幅させる空間

2013年11月7日 / 遊び心の家

今日はちょっと空間のイメージをつくるコツのお話をします。

遊び心の家は、大人っぽい落ち着いた空間のイメージをつくるために、工夫があります。
そのひとつは、直射日光が入りにくいように設計しました。

直射日光がたくさん入る空間は、元気なイメージになりますが、大人びた重厚感のある空間とは、少し違ってきます。
そこで、遊び心の家は日光を間接的に取り入れる工夫をし、必要な明るさを確保しながら、大人の雰囲気を出す工夫をしました。

その一つの方法は、光を増幅させる空間として、南側に吹抜けを持ってきました。

上の写真は吹抜けに面した手すり壁は直射日光を遮る役割をしているのが分かります。

次の写真を観ていただくと、奥の壁に映る光や影のラインが何重にも見えています。
これは吹抜け空間の壁や天井などに何度も反射した光が、リビングやダイニングに入り込んでいることを表しています。

このように、日光の取り入れ方ひとつでも、部屋の雰囲気がつくれます。

過去の記事