ブログ

地盤改良工事

2014年9月24日 / 優律の家

優律の家の地盤改良工事が始まりました。

地盤改良工事とは、建物を建てるのには、軟弱すぎる地盤の場合に、建物を建ててもいいくらい固い地盤にする工事をいいます。
現在では、雨降って地固まるのを待ったり、多めに土を盛って沈下を待ったり、松杭を打ち込んだりと伝統的な対応策ではなく、計算根拠(設計)に基づいた工法を採用します。

瑕疵担保保険では、地盤に対しての保証が得れない事も、こういった流れになった要因の一つです。

また、最近では保証が付く地盤改良工事の工法も増えてきました。
出来るだけ費用を抑えて、最大限の効果を得れる(保証を得れる)工法を知る必要性が出てきました。

お客様にとって、とても良い事だと思います。

過去の記事