ブログ

地鎮祭

2009年3月21日 / 実績紹介記事 包容の家

地鎮祭>今日は朝から地鎮祭がありました。

地鎮祭とは、一般に「ぢちんさい」や「ぢまつり」と言っていますが正しくは、「とこしずめのまつり」と言います。

工事の着工に会わせて行う場合は起工式・着工式として行う事もあります。

地鎮祭は工事着工に当たり、その土地の守護神に無事建物が完成することを祈願する祭りで、古くは持統天皇の御代(西暦690年)に、既にこの祭の記録があり、古代より土木や建築等に伴う、重要な祭として行われてきたそうです。

今日は良い天気で本当に良かったです。

おかげさまで地鎮祭を滞りなく行うことが出来ました。

過去の記事