ブログ

大切な事って目には映らないモノの場合が多いですね。

2014年9月16日 / 光拡の家

お家を建てる工事には、出来上がってからも(お客様・お施主様にも)あまり目に触れない部分の工事があります。
むしろ、目に触れている部分は、ごく一部で、大抵の工事(仕事)は目に触れることが無いのが事実でしょう。

その中のひとつで、とても大事な工事のひとつが、現在行っている外壁のコーキング処理です。

とても重要なんですが、外壁をじっくり見られる方はおられても、コーキングには気付かれない方が多いのではないでしょうか?

コーキングは、ちょうど電車の線路の継ぎ目のような役割をしています。
外壁は、直射日光が当たることでの熱膨張、また地震時などで外壁材が変形して割れてしまわないよう隙間をあけて施工します。
しかし、外壁は風雨からお住まいを守る部材でもあり、隙間があると風雨の浸入を許してしまうことに・・・。
そこで、その隙間にコーキング処理をして、外壁の変形を吸収しながらも風雨の浸入を防止する出来るようにしています。

こんなに重要な工事ですが、目立つことが少ない。
むしろ目立ってはいけない部分でもあります。

どんな事でもそうなんでしょうけど、たいてい、大切な事って目には映らないモノの場合が多いですね。

今日は、大切な工事のひとつである外壁のコーキング処理を施工しました。

過去の記事