ホーム > ブログ > 実績紹介記事 > 安穏の家 > 帰ってきたら先ず、ウォーク・イン・クロゼット

エクリュブログ

帰ってきたら先ず、ウォーク・イン・クロゼット

2007年10月23日 /  安穏の家  実績紹介記事  

帰ってきたら先ずはウォーク・イン・クロゼットで部屋着に着替えるので、玄関の近くにウォーク・イン・クロゼットが欲しいとのことでした。

e0147412_1783585

写真は SEX AND THE CITY に出てくるウォーク・イン・クロゼットです。
打合せの中で話に出てきました。

ウォーク・イン・クロゼットの配置は、着替えの動線も考慮に入れる必要性はありますが、
(出して)着る ⇒ 脱ぐ ⇒ 洗う ⇒ 干す ⇒ たたむ ⇒ 収納する ⇒ 着る
のサイクルの中での動線も重要であることをお伝えし、その動線がリビングなどを横切ってしまうと生活観がリビングなどに出てしまうというお話しをしました。

また、試着室的なイメージをされていました。

ウォーク・イン・クロゼット内には大きな姿見の鏡があり、バルセロナチェアーのオットマンが置かれていて服を合わせるイメージが、お施主様の中にありました。

ブログのトップ
ホーム > ブログ > 実績紹介記事 > 安穏の家 > 帰ってきたら先ず、ウォーク・イン・クロゼット