ブログ

建ててつくづく思うけど、家は本当にいいものです。

2012年5月6日 / 遊び心の家

ショッキングピンクや光の取り入れ方が印象的なルイス・バラガンは、「家は自分をみつめなおす為の空間」と言ったそうです。

家を設計させていただく仕事をしている僕ですが、今までたくさんのお住まいを設計させていただきました。
当然どのお住まいも、豊かな暮らしを送っていただきたいと考え設計させていただきました。
定期点検などでオーナーさまのお住まいにお邪魔させていただくと、どなたもそろって生活を楽しまれておられることが伝わってきて「あぁ、よかった!」って胸を撫で下ろします。

この度、我が家(遊び心の家)を皆さまのお力添えのもと建てさせていただいて本当につくづく思うことは、「家はいい!」と言うことです。
これは僕が、お住まいなどの設計をしているから言うのではなくて、本当に今、実感しているからなんです。

それも想いや気持ち、考えや念など目に映らないモノをちゃんと込めたお住まいをお建てになればなるほど、それらは暮らしの中に色々なモノを還元してくれるのだと言うことを、今、実感しています。

住まいに込めた想いや気持ちなどは、家の中を心地よく通り抜ける風のように、楽しさや喜びや癒しや安らぎなどを、住んでいる僕らに確実に与えてくれてます。
前に住んでいた場所とは確実に違う。
ちょっとしか離れていないし、リビングルームの窓の向き、方位も変わらない。
明らかな違いは、込めた想いや考えや時間や願いや・・・そんな目に映らない何か。

今更ながら、自分の今感じている、実感している感覚から、強く思います。
ちゃんとお住まいを建てられた方が確実に得るモノは大きいです。

お手軽
簡単
分かりやすい

そんなお家の建て方は、僕は本当に残念に思います。
きっとその家での暮らしで得るモノはしれている。
感覚も経験も体験も時間、、、

難しくとも
大変でも
苦悩しても
迷っても
僕はそんな住まいの建て方をして本当によかった!

なぜなら、こんなに豊かな感覚や経験や時間などを毎日得ることが出来、またそんな空間(住まい)は、類は友を呼ぶがごとく、豊かさを集めていってくれます。

家内が生けたモミジもそう。
父がくれた益子焼の器もそう。
友人が作ってくれたスタンドもそう。
友人たちの温かな気持ちや言葉もそう。

想いが持っている引力は、想いを引き寄せてくれます。

ちゃんとお住まいづくりをされることをお勧めします(笑)。

過去の記事