ブログ

形状のなかに見る安定感と柔らかさ

2009年11月2日 / 実績紹介記事 育みの家

柔らかいイメージと安定感を得るために、壁と床及び壁と天井の間に目地(隙間)は設けませんでした(目地があると陰影が出てシープなイメージになります)。

サッシュの取り付く位置、壁を厚く立体的に見えるように等考えながら柔らかいイメージと安定感の共生を図りました。

e0147412_11595346

e0147412_120497

e0147412_120153

過去の記事