ブログ

情報をテーブルにのせて。

2014年12月18日 / 面遊の家

今日から(仮称)森田の家のショールーム巡りがスタートしました。
先ずはリクシルさんとパナソニックさんへ伺い、キッチンやお風呂、洗面やトイレのご説明をショールームの方にしていただきました。

パナソニックさんのトイレは、先日研修をしていただいたばかりなので、更に詳しく内容をお伝えできたかと思います。

ご購入いただいたお客様が、その対価に何を得るのかを、出来るだけ詳しくご説明させていただく必要があると、弊社では考えています。
ですので、詳しく教わっておいてよかったと思いました!(笑)

リクシルさんではショールームの方に加え、途中から営業の方もついていただきご説明いただきました。

メーカーさんのご協力をいただき、より解りやすく、より多くの情報をお客様にお伝えでき、より正確なご選択をいただける環境を整えていただきました。

(仮称)森田の家のお施主様も、「情報が多くて決めるのに解らなくなってきた。。」と仰ってました。
お気持ちはとても解ります。
しかし、知らなくていい情報は、正確な選択にあたってはありません。
費用対効果を出来るだけ詳しく知っていただく中に、正確なニーズが観えてきます。
とは言え、ニーズは多様で知れば知るほど選びにくくなるでしょう。
そこで、弊社がお客様と一緒にニーズを整理し、優先順位を付けていくお手伝いをさせていただいています。

(仮称)織田の家のお施主様におきましては、決して焦る必要はありません。
今はただただ情報を集め、テーブルの上に広げていくことを楽しんでいただいて、その後、ご選択いただく機会に、弊社の方でまとめさせていただいた情報や資料をもとに選んでいただければと思います。
しばらく、お付合いのほど、よろしくお願いします。

過去の記事