ブログ

想いのやり取り。

2015年12月2日 / 平景の家

平景の家は、外部仕上げ、内部間仕切り工事が進んでいます。

いつもとてもありがたく、本当に嬉しい事は、一生懸命、図面の意図を考えて現場でつくってくれている事です。

必ずしもちゃんとお伝え出来ていない、むしろメッセージ足らずの図面を、経験や微かに表面化している(表現されている)部分から、潜む意図を探ろうと熟視してカタチにしてくれているのは、現場へ行くと十分に伝わってきます。

もちろん、僕たちはプロフェッショナルなので、意図や想いをちゃんと正確なカタチに出来て当然です。
しかし、目にする事が出来ない意図や想いなどを一定のカタチする為のコミュニケーションは、とても難しく。
コミュニケーション自体が正確に機能する事が難しい中、目に見えない意図や想いなどを伝言して行くのは、本当に難しいです。
だからこそ、皆さん、一生懸命にくみ取ろうとしていただき、それがカタチになった時、報われた時には、とても感動を覚えます。
嬉しいです。

現場では、日々、そんな想いのやり取りが繰り返されています。

過去の記事