ブログ

春。

2018年3月28日 / ご提案

30豪雪で、雪に悩まされた福井でしたが、福井市内では、ようやく雪も殆どなくなり春を感じられるようになりつつあります。
弊社の前のサクラも今日、開花しました。
春。 です。

春。 お引越しの季節でもあります。

引越しというと弊社でも、先日お引渡しさせていただいた「卓色の家」のオーナー様が引っ越され、引っ越し後の写真を送ってくださいました。
とても良い感じに仕上がっていて、本当に嬉しかったです。

また、私事ですが、先日、長男が大学に通うため関東に引越ししました。
荷物が運び出され、がらんと空いた長男の部屋に寂しい思いと、成長して旅立っていく長男への嬉しい気持ちが混在して感情が溢れ出しました。

お引越し・・・

新しい部屋や新しい住まい、新しい暮らしをはじめる時。
賃貸であっても、分譲であっても、まだ荷物の入っていないその部屋で、いろんな思いを膨らました経験。
皆さまにはありませんか?
きっと今現在住まわれているお部屋やお住まいも、最初は荷物も何も入っていない状態からスタートしたのは、間違いない事と思います。

また、その時抱いた理想の暮らしと現在の暮らしが、全く違っているって方も少なくないのではないでしょうか?

というのも、打合せの際に「物はドンドン増えるからねぇ~」とお聞きしたり、下の写真のように、実際のお住まいの部屋に物が溢れている状況を目にしたりするからです。

「広くなったら、こんな状況は解消される。」
「収納が増えたら、こんな状況が解消される。」

本当にそうでしょうか?

自動車のナビゲーションシステムのGPS機能が狂っていて現在地が認識できず、目的地を入力しただけでは、たどり着けない(ルート検索が出来ない)。
そんな状況に似ていると僕は思います。

何事もそうですが、現在の状況を知り、目標(理想)を立てて、その目標に到達できる計画を立てる必要があります。
またそれをPDCAサイクルで、より目標に近付けていく必要があります。

例外ではなく、お住まいの計画も同じです。

最初、荷物も何もない部屋に描いた理想の暮らしが、現実は違うとするならば、狭さのせいでも物が増えたからでもなく、主要因は、現在地を知らずに理想を描いた結果に他なりません

荷物も暮らしも入っていないお引渡し時の見た目を整えるのでなく、暮らしが理想に近付くナビゲーションをさせていただく。
また、その暮らしを高め続けていくお手伝いをさせていただく。
これが弊社がさせていただいている仕事です。

春。 スタートの時期でもあります。

我が家の長男もそうですが、胸に期待や想いを込め、新しい場所などに旅立たれている方もおられるのではないでしょうか?

皆さまのその想いが叶います事、心よりお祈り申し上げます。

過去の記事