ブログ

温かさの表現

2009年11月3日 / 実績紹介記事 しぜん体の家

e0147412_20184157アットホームと言うか、スウィートホームと言うか、温かみのある雰囲気が「しぜん体の家」には必要でした。

左の写真は下足箱ですが、既製品の下足箱だけではいくら色合いを検討してもシンプルで軽く見えてしまうので、木製カウンターを設けて天板の厚みを厚く見せました。

そのことで、軽さがなくなり頼り甲斐があると言うか、温かみのような雰囲気を出すことが出来ました。

e0147412_20242363

階段のササラやさらしの梁も空間に温かみを出す為に選択した形状です。

但し、単に温かみを出すのではなく、形状はシンプルにしなければお施主様の持たれているイメージに近付けませんでした。
微妙なエリアを探り、色合いや形状など計画しました。

e0147412_2029518

キッチンの前のカウンタ(食器棚)も扉を閉めていると一体の立体に見えるようにし、木質もボリューム感を出すのに一役かっています。

過去の記事