エクリュブログ

和室は琳派?

2009年5月16日 /  穏景の家  実績紹介記事  

「和」と言うとよく侘び寂びで表現される茶室のような雰囲気を思い浮かべますが、穏景の家のお施主様(ご主人)は琳派的なきらびやかなイメージを持っておられました。



琳派とは尾形光琳に代表されるような芸術家や工芸家、ジャンルです。
江戸時代の流派は、絵師から直接技法などを教わり伝承してきたのが一般的でしたが、琳派はそうではなく、流派のアイデンティティを意識しつつも自分の解釈が加わった為、あらたなジャンルとして確立していった芸術です。



穏景の家の和室に何とか琳派の流れを!と考えましたが・・・
少しインパクトが強すぎたのか・・・多くの人の賛同を得ることが出来ませんでした。
しかし、確実に当初のイメージの爪あとは現在の和室にも残っており、伝統的なイメージと革新的なイメージの共有といった点では、まさに琳派の流れの上にあると言ってもいいのではないでしょうか?(言いすぎですか?:笑)。

和室も何度も拘って検討を重ねました。

ブログのトップ