ブログ

私生活

2018年8月21日 / ご提案

椎名林檎さん(東京事変)の「私生活」って曲が好きです。
生きて行くのが困難な世の中で、一生懸命に生きている姿を描いた歌詞に哀愁を感じます。
ステキです。

その歌詞に

羅針盤(コンパス)よ
さあ指してくれよ
現在地を教えて
既存の地図を暗記しても
きっとあなたへ向かう

とあります。

僕もきっと、幾ら道を変更されようとも妻に向かうってな話もさる事ながら、大切なポイントは「現在地」にあります。

目的地にたどり着くには、目的地を明確にすると共に、現在地を把握する必要があります。

ナビゲーションシステム(グーグルマップ)がない時代、紙の地図を開いて先ずする事は、現在地を探す事でした。

イオンモールの様な大きなショッピングモールのエスカレーターの踊り場などにある店内案内の地図にも赤など目立つ色で現在地が示されていますよね!

目的地を目指すには、当然に現在地を把握する必要があります。

住まいづくりも同じ事が言えます。

理想という目的地を定めるのと同じくらい大事なのが、現在地を知る事です。

では、住まいづくりでの「現在地」とは一体なんでしょう?

それは、今現在の暮らしです。
朝起きてから寝るまで、どの様に過ごしているのか?
休日など家ではどんな風に過ごしているのか?
どんな物をどれだけ持っているのか?
またそれをどんな頻度で使っているのか?
などなど、「現在地」とは、今現在の暮らしです。

理想の住まい(暮らし)である目的地と、今現在の暮らし、つまり現在地を知る事で、道のりが解りたどり着けるのは、地図と同じ事です。

羅針盤(コンパス)よ
さあ指してくれよ
現在地を教えて
既存の地図を暗記しても
きっとあなたへ向かう

どうか!幾ら迷っても良いので、あなたにとっての理想の住まい(暮らし)にたどり着いてくださいね!

過去の記事