ブログ

空間が導き出すイメージ。

2016年1月23日 / 面遊の家

今日は(仮称)森田の家の開口検査に行ってきました。

開口検査とは、大工さんが作ってくれた間仕切りに、予定しているドアや引戸、クレゼットドアなどの建具が納まるか?その寸法などをチェックすることを、弊社ではそう呼んでいます。

(仮称)森田の家は遊び心が満載のお住まいです。

天井が斜めだったり、ロフトがあったり、小上がりのスペースやこもるスペースがあるなど、立体的や空間的にも楽しいお住まいです。
開口もホームベース型の開口があったり、遊び心があります。

今日は、大工さんの工事が完了しましたので、開口検査を行いました。

大工さんの工事が完了すると、仕上工事に入っていきます。
そこで、仕上の打合せを再度、現場にて行いたいと思います。
現場での打合せは、オフィスでするのとはちょっと違って、もちろんリアルにイメージしやすい事もありますが、(仮称)森田の家のように、楽しい空間での打合せは、脳を刺激するのか?、オフィスでは出来ない発想などもわいてくることもあります。

(仮称)森田の家のオーナー様と、まもなく内装の打合せを行います。

過去の記事