ブログ

立体的につながる。

2016年3月2日 / 面遊の家

足場も無くなり、外観がよく解るようになりました。
(仮称)森田の家は、模型をつくってから間取りを変更したため、完成の形状を立体でちゃんと見るのは、お客様はじめ皆さん、本物がはじめて。
協力会社さんといつもは模型を使って打合せをするのですが、(こちらの方が一般的かも知れませんが)図面で打合せを行いました。

ルーフテラスには庇があるため、昨日からの雪がほとんど積もっていませんでした。
また、手すり壁をプライベート性が高まるため、一般的な手すり壁の高さより高くしてあります。

リビングなどの天井は、屋根勾配なりの勾配天井。
とても個性的な空間になっています。

立体的な空間のつながりなど、面白さがいっぱいの(仮称)森田の家です。

森田の家は、現在仕上工事の真っ最中。
クロスが貼られるとまた一段と空間のイメージが変わります。

過去の記事