ブログ

納まりが難しいお住まい程、秘かに残っているもの。

2015年7月6日 / 伸遊の家

今日も現場をまわりました。

写真は(仮称)三郎丸の家の下足箱の打合せをしているところです。

現場もとても楽しいです。
納まりが難しいところなどは、大工さんと知恵を絞りながら、より良い方法などを一緒に考えます。
ベニア板の裏とか、プラスターボードや下地材などに、図面やパースなどを描いて打合せをします。

重要文化財の修復などでも、奈良時代や鎌倉時代の大工さんの打合せ跡が発見されるそうです。
当時の人たちの息遣いが感じられるようで、わくわくします。
納まりなどが難しいお住まいや建物程、現場のあちらこちらに、そんな打合せの後が残ります。

先日はリビング収納まわり、今日は下足箱まわりで板図を描きました。

過去の記事