ブログ

見えない部分に意味がある。

2014年9月26日 / 光拡の家

延長、延長で続けてきた壁紙など仕上げの打合せ。

仕上がりが決まるので、どなたも慎重に選択されます。
光拡(こうかく)の家のオーナ様も、じっくりギリギリまで検討されました。
そうしてようやく決まった壁紙の施工がスタートしています。

壁紙を貼ると言っても、施工された下地(プラスターボード)にいきなり貼り出すわけではありません。
何事も、見えない部分が大切で、意味があります。
壁紙を貼る時も同様で、下地をキレイにフラットにする事から始めます。
凸凹が無いように、キレイなフラットな面に仕上がるように、丹念に下地を整えていきます。

今日も、現場では、そんな作業が行われました。

過去の記事