エクリュブログ

視覚的要因の探求Ⅲ 【色】

2010年3月1日 /  穏景の家  実績紹介記事  

例えば「穏景の家」では、ドアなど内装建具の色が数種類使い分けています。

濃い茶色のものもあれば赤茶のものものあり、白木のような色の建具もあります。

また、同じ部屋内でもドアとクロゼットが違った色だったりもしています。



例えばトイレは1階にも2階にもありますが、どちらの便器も最近の流行である真っ白ではなく、グレートーンのものとベージュのものになっています。

「穏景の家」は「色」による雰囲気づくりにかなり拘られて、時間をかけて選択しました。
そのため色々な色を使用しましたが、建物全体としてうるさい感じにはならず、空間ごとの違った雰囲気の演出が出来たと感じます。

外壁のツートーンのバランスも時間をかけて選択されました。

ブログのトップ