ブログ

魯山人寓居跡いろは草庵

2018年9月14日 / ご提案 壁の役割

先日、大切な友人にご招待いただき、山代温泉に行って来ました。
そこで少し、妻と二人で歩きました。

歩いていて見つけた魯山人寓居跡いろは草庵。
ディテールまで行き届いたセンス。
心地よい空間を楽しんで来ました。

向かって左側の窓は、北側の窓です。
したがって右側の窓は、東側の窓。

この2面の窓が、約30cm程度、床からの高さが違う事にお気付きですか?

外観からは煤竹の格子がそろえてあるので、その窓の段差は分かりにくくなっています。

窓のレベル差は、その部屋に入り床に座るとその意味が分かります。
機会があれば福井からはそう遠く無いので、行って座ってみてください。

ゾーニングや構成はもちろん、細部のディテールまでセンスを感じる魯山人寓居跡いろは草庵。
でも、大事な事はそこじゃ無くて、写真には映らない美しさですよね!

by リンダリンダ

過去の記事