ブログ

72.5mmと9.5mm

2014年7月24日 / 光拡の家

サッシ取付位置は柱芯から72.5mm。
サッシ縦枠からまっすぐ伸びる壁は、通常の納まりから9.5mmふかして施工。

これはエクリュが既製品の住宅用のサッシを用いた時によく使う施工方法です。

何がしたくてこんなに細かい寸法にこだわるのかというと、内部から外部に壁が伸びていってるように見えるようにする為の寸法だからです。
内外の繋がりを強調するひとつの手法がこの寸法にあります。

一般的には使わないこの寸法と納まり。
色々検討した結果、最もコストを抑えて理想の状況に近付ける方法で、よく使用します。

今回、光拡(こうかく)の家にもファサードの見せ場のサッシにこの寸法が使われています。
外壁が施工され、内部の壁も完成した時、美しさにご理解いただけると思います。

今日は9.5mmのふかし壁(下地)を施工しました。

過去の記事