ブログ

ミラクルは、、、出来ましたら程々に・・・

2015年3月14日 / 茶嬉(さき)の家 空創の家

今日は、(仮称)灯明寺3の家の、外壁色などの最終確認を、現場にてさせていただきました。

弊社は、現場で部材など発注する直前に、発注確認をさせていただいてます。
出来るだけギリギリまで、お客様のニーズを把握・調整・実現したいとの思いから行っています。

とは言え・・・
発注確認で変更しなくてもいい打合せ(イメージマップやカラースキームなど)を心がけています。

なぜなら、全てには取り合いがあるからです。

発注確認は、発注する直前の部材などの最終確認です。
つまり、発注を済ませてしまっている部材、既に取り付いている(工事完了している部材)もある場合もあります。

今回でしたら、外壁色などの発注前確認でしたが、サッシは既に施工済みです。

このように、全体的バランスを考え、整える打合せは、やっぱり、イメージマップやカラースキームなどの時です。
段取り八分と言いますが、まさにその通りです。

とは言え、発注確認時の変更で、ミラクルが起こるのを体験した事もあります。
それは、茶嬉の家の外壁色などの発注確認時でした。

当初、茶色や黄土色っぽい外壁色をお考えだったオーナー様。
「白色だと、汚れが目立つでしょ!」
それが理由で、汚れが目立ち難くカフェっぽさを感じさせる外壁の色合いを検討され、茶色や黄土色っぽい外壁色をお考えでした。

しかし、直前になって「やっぱり白がいい!」とまるで「卒業」のダスティンホフマンのように、吹っ切れなかった思いを吐き出されました。

もちろん、サッシや屋根板金、笠木や土台水切り、雨樋などなど、外壁色と取り合いがある部分で施工済みの箇所はたくさんあり、当然、茶色や黄土色っぽい外壁色をイメージして全てえ選択されていました。

ところが、ここに来て白色(素色)をご選択。
これが、凛としながらもキュートさが残る、茶嬉の家の奥様らしいお住まいへと見事に変貌を遂げるのです。

屋根板金や笠木、土台水切りや雨樋は、濃い茶色を選ばれていました。
当然、当初選ばれていた茶色や黄土色っぽい外壁色に馴染むように考えての事でした。
それが外壁を白色にした事で、全て縁取りの役割を果たし、凛としながらもキュートなイメージへ変貌しました。

とは言え、茶嬉の家はマイノリティーな一例で、(結果は良かったにせよ)弊社としては、オーナー様に危ない橋を渡らせてしまった。。と反省すべき一例でもあります。。。

なお一層の努力をさせていただきますので、色を含め、部材などのバランス調整は、イメージマップやカラースキームの際にしっかり決めていきたいと思います。

(仮称)灯明寺3の家のお施主様。
カラースキーム時に決めていただいてた方向通りのご決定をいただきました。
いつも、ご理解・ご協力いただき、ありがとうございます!

本当に、3つでいいのか悪いのか。。。

2015年3月14日 /

今日は、クリナップ、TOTOのショールームに伺い、キッチンやお風呂など、住宅設備のご説明を受けてきました。

クリナップさんは、ステンレスキッチンや洗エールレンジフードなどが売りでもあるメーカーさん。
TOTOさんはここでは書ききれないほど、様々な得意分野や特徴のある商材を開発されているメーカーさん。
どちらも特徴があるメーカーさんです。

今回を含め、今日でショールームをまわるのは2回目、合計4社まわられました。
既にどんな風に選べばいいのか、わからなくなってきた。。。と、今日の打合せでは仰ってました。
でも、そのあたりは、弊社としては想定済み。
殆どのお施主様が、同じことを仰います。

選択は、先ず、知ることからだと思います。
もちろん、情報を得ないという選択も存在します。

知れば知るほど、解らなくなってくるし、選択を放棄したくもなるとのお考えも理解出来ます。
先日のLIXILさんの研修の中でも、人は3つの中からはスムーズに選択できるが、それ以上になると解らなくなりだすと習ったところでもあります。
信号はアカ・キ・アオだからいいんです!
信号が七色だったら、判断できますか?
そう、講師の方に言われてきたところでもあります。

ただ、こんな話もあります。
ある人が池で溺れてしまいました。
一生懸命、水面に顔を出そうとジタバタするのですが、一向に浮いていきません。
そして、もうダメかもしれないと思って力を抜いたら、自然と身体が浮き出した。

あと、スタジオジブリの鈴木さんがテレビで言ってたのには、、、
追い込まれないと本当って観えて来ないんだ。
だから、次から次へとアイデアを出して、もう出ないってなってからが勝負なんだ。

だから、いろいろみてまわる必要があるのかどうなのかは、とりあえず、おいておいて・・・
やっぱり、選択を自覚できる一つの大きなポイントは、知ることにあるって思うんです。
もちろん、全てを知ることは難しく、どこまでいっても選択は幻想に過ぎないって考え方も解ります。
それでも、出来ることは出来る範囲で結構ですので、したに越したことはないでしょうし、一緒に悩むご家族や僕らもいます。
そんなに焦らないで、力を抜いてみたら、以外にすぅーっと脳裏によぎる何かがあるかも知れません。
弊社で出来ることがあれば、何でもさせていただきたいと思います。

ちなみに・・・
TOTOさんで、ご無理を言って、↓↓↓コレ↓↓↓、いただきました。。。

本当は、お施主様1回ご来場ごとに1個のフィギアがもらえるのですが、業者である僕が一度に3個もいただいてしまいました。。。
ありがとうございます。
大切に飾らせていただきます。

ものよりこと。

2015年3月13日 /

今日はLIXILさんが企画された研修に行ってきました。
午後、全てをついやした研修。
内容は広範囲に及びました。

中でも、株式会社リ・ワークショップの代表取締役、原田社長の研修は、とても楽しく面白く参加させていただきました。
そして、皆さんの前で、研修を受け、チームで検討した内容を発表する機会もいただき、とてもいい経験ができました。

また、日頃の打合せの際などに、今日学んだことをお伝えできればと思います。

「優律(ゆうりつ)の家」特別内覧会

2015年3月11日 / 内覧会・現場見学会など 優律の家

「優律(ゆうりつ)の家」特別内覧会が、間もなく開催されます。
日時は3月21日(土)・22日(日)・23日(月)10時~18時
(23日のみ16時まで)
場所は福井市灯明寺4丁目にて開催いたします。

エレガンスさとミニマル。
ある意味、相反するイメージへのニーズを如何に表現したのか?

詳しい内容については、後日、ココ、エクリュ・ウェブサイトなどにてお知らせしたいと思います。

「両美の家」オーナー様ご家族

2015年3月6日 / 遊び心の家 両美の家

今日は、「両美の家」オーナー様ご家族をお迎えして、エクリュ10周年ホームパーティーを開催しました。

「両美の家」建築に精通されているオーナー様。
知識とセンスと遊び心で、細部までにこだわって建てられたお住まいです。

打合せさせていただいているお客様のお話の中にも、度々登場する「両美の家」。

そのお話をすると、
「エクリュさんと一緒に観に来ていただいていいですよ!」と言っていただきました。
ありがとうございます。

いつも感じる事ですが、日々はそんなに気付かずとも、月日は流れているって事です。
様々な事は、確実に変化し続けています。

そしてきっと。
皆さんの思いは、より良く変化していきたいって事。
きっと、そんな想いで宇宙は埋め尽くされているんだと感じます。

だからきっと。
きっと良くなっていくんだと思います。
そんな中で、少しでもお手伝いできる事があれば、こんなに嬉しい事はありません。

とりあえず、カーテンの検討から始めませんか?(笑)

大切な事は目に映らず、そしてベースはきっちりと。

2015年3月6日 / 新流の家

先日、地鎮祭を終えた(仮称)光陽の家。
明日から、地盤改良工事がスタートします。
近隣の方々には、ご迷惑をおかけします。。
注意して工事を進めたいと思います。

地盤改良工事とは、、、
お家が建っても大丈夫なくらいに、地面を頑丈に固める工事をいいます。
頑丈にする方法などは、土地の地面の下の方などを調査して、最適な方法が色々あります。

今回は柱状改良という方法になりました。

地番改良工事に費用がかさむと、皆さん、ちょっと残念な感じになられます。
お気持ちは、解ります。。。
でも、どんな事でも同じことが言えますが、大切な事は、たいてい目に見えないところにありますし、ベースがキッチリいかないと、全てに問題が生じます。

地盤改良工事は、仕上っても目に触れる事はありません。
そして、とても大切な工事です。
ですので、工事状況などを写真や調査結果などでお伝えするサービスを行っています。

時間が許す限り、何度でも。

2015年3月4日 / 賢分の家

今日は(仮称)天池の家の打合せ。

(仮称)天池の家は、現在、ショールーム巡りとプランニングを、同時並行して打合せ中です。
今日は、水曜日なのでショールームはお休み。
会社でプランニングの打合せとなりました。

(仮称)天池の家は現在Type-05。
つまり5プラン目です。

弊社は、設計依頼書をいただいた方には、時間が許す限り何プランでも描かせていただき、打合せをさせていただいています。

(仮称)天池の家。
次回はショールームにて打合せの予定です。

無意識による疲労。

2015年3月3日 / 面遊の家

今日は(仮称)森田の家のお客様と顧客満足度No.1の(オリコンの調べ)タカラスタンダードのショールームと、超長期優良住宅に取り組むなど環境にも大変配慮されているウッドワンのショールームに伺いました。

これで、(仮称)森田の家のお客様に関しては、ご希望されるメーカーさんのショールームを、一通り観ていただいたことになります。
大変お疲れさまでした。
ご協力いただいた方々、ありがとうございました!

見積りがあがってきましたら、仕様の打合せに移りたいと思っています。

今日は、ショールームのあと、打合せなども行いましたので、朝から夕方まで一日お付合いをいただきました。
ありがとうございました!

ですので、お昼ご飯もご一緒させていただきました。
今日は、アギーに伺いました。

食事中もお住まいの設計に関してのお話になります。
今日のお話は「無意識による疲労」の話をしました。

以前、店舗兼住宅を設計させていただくに当たり、気を使って考えた内容があります。
それは、無意識による疲労をどう抑えるか?ということです。

職場と住まいが同一の建物の中にあるので、よほど考えないと、仕事と日常がイッショクタになってしまいます。
住まいにいてもどこか仕事の事を意識してしまい、くつろげないのでは、仕事の効率にも悪影響が起こる場合もあります。
そこで、職場と住まいをどのように意識を切り替えさせるのかをじっくり考えたお話をしました。

これに類似したことは、住宅の中にも存在します。
本当ならばくつろぐためのリビングルームから、片付いていないキッチンが見えたりすると、例えばテレビでドラマや映画を観ながらも、どこか無意識の意識の中で、ひそかに後ろ髪を「片付けをしなきゃ」と引っ張られたままになってしまいます。
このように、切り替えがし難い空間は、無意識による疲労が溜まっていき、休まらない家になってしまいます。

人はこういった無意識の決断や、無意識の判断など、一日中何度も何度も繰り返しています。
1日10万回以上、決断や判断など思考を繰り返しているという情報もあります。
その回数を減らすことで、疲労度を減らしたりくつろげたりする。
そして、建築にも無意識の疲労を減らすことが出来る工夫がある事を、今日はお話しました。

「もう少し・・・もう少し・・・」

2015年3月3日 / 今日遊の家

今日は今日遊の家のお施主様と、現場にて最終の打合せ。
クロスの最終決定をしていただきました。

仕上ってくると、お施主様も「もう少し・・・もう少し・・・」って思われるんでしょうね。
契約の際、一度減額された部分を再度増額されるってことも、珍しくなくあります。

お住まいは、建てることに意味があるわけではなく、豊かな暮らしにこそ意味があります。
だから、ギリギリで建てられることはお勧め出来ません。
無理のない範囲での建設をお勧めします。
でも、「もう少し・・・もう少し・・・」ってお気持ちも、、、確かに理解は出来ます。

僕自身、3年ほど前に家を建てましたが、3万円を減額せず、ココに窓を付ければよかった・・・なんて実は思ったりもしますが、当時は、3万円を削る必要があったんです。

後から出来る事は、後回しにして、今しかできない事を優先するって選択の仕方もあります。

とにかく、目的は「豊かな暮らし」にあります。
豊かな暮らしが永続的に続きますように!
弊社の出来る事をお手伝いし続けたいと思います。

ほのめかす美。

2015年3月3日 / 空創の家

先日建て方を終えたと思っていた(仮称)灯明寺3の家。
現在は既に防水シートの施工を終えています。

これでとりあえず、雨水の侵入を防ぐことができます。
一安心です(笑)。

(仮称)灯明寺3の家は、決して派手で無く、解る人には解るようなこだわりをほのめかすファサードなどをご希望されていました。

例えば・・・
玄関ドアは高さを低くするオーダーをしました。
通常、既製品からコストをかけてサイズオーダーされる方は、大きくされるのが一般的。
それを(仮称)灯明寺3の家のお施主様は、高さを低くされるサイズオーダーをされました。
この辺に、解る人には解る渋さがあります(笑)。

過去の記事