ブログ

現代の住宅にある和室の仕上げの方向性は。

2014年8月27日 / 光拡の家

先日、現場見学会を開催させていただいた光拡(こうかく)の家。
現場見学会会場にて、発注前のご確認など打合せをさせていただいていたのですが、現場見学会に思いのほかありがたく多くの方々にお越しいただき、打合せが完了できなかったので、本日、会社にお越しいただき、打合せをさせていただきました。

中でも今日は和室の仕上について、長時間にわたりご検討いただきました。

光拡(こうかく)の家の和室は仏間でもあります。

毎月、お坊さんが来られるといったこともあり、かなりの頻度で使用される為、伝統的なアイデンティティなども求められました。
それと同時に、純和風のお住まいではないので、そことの調和も検討されました。

そこであみだしたのが、仏壇周辺を古典的・伝統的な和のディテールとし、それ以外はその他の場所との調和を図りました。

今日検討したのは、その伝統的なディテール部分の仕上材です。
日本の伝統的な建物の写真などを参考にしながら、越前和紙を色々探してみたり、、、
しかし、コストをあまり上げないようにと、クロスからも探してみたり、、、
途中、全く関係のない恋バナに話を咲かせたり、、、
半日かけて検討しました。

実はまだ決着がついておらず・・・
とは言え方向性は定まってきたような気もしますし、、、
また次回の打合せでも、この和室の仕上を検討したいと思います。

今日は本当に、お疲れさまでした!

エクリュの考え方やサービスの種類。

2014年8月26日 /

今日は木材の供給などをいただいている協力会社さんのクラシスさんに、いつもお客様にご説明している、弊社の考え方やサービスの種類などをお聞きいただきました。

弊社は今年、十周年をむかえています。
殆どの協力会社さんに支えていただいた期間が十周年という事になります。
いつもご理解ご協力いただき、とてもありがたい限りです。

そこで、十周年という節目で、更なる信頼関係など協力体制の強化をと考え、今回、クラシスさんにお時間をいただきました。
とても充実したお話が出来たのではないかと思います。

クラシスさんにおかれましては、この度、大変貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
今後とも、弊社のお客様・オーナー様へのサービスの向上などご理解・ご協力のほど、よろしくお願いします。

ありがとうございました。

2014年8月24日 / 内覧会・現場見学会など 光拡の家

今日はお施主様のご協力のもと、光拡(こうかく)の家の現場見学会を開催させていただきました。
多くの方々におこしいただき、ありがとうございました。

また、現場見学会中に、お施主様と打合せもさせていただきました。

今日の打合せは、仕上げのご検討をお願いしました。

間仕切りなども出来上がってきて、かなり実際の空間がイメージできるようになってきて、再度、壁紙やカーペットなど仕上げの打合せをさせていただきました。

大体の方向性も決まったところで、もう一度、水曜日に会社にて打合せをし、それで発注させていただくことになりました。

また、今日はお昼ご飯をお施主様にご馳走になりました。
お弁当をご用意いただき、一緒に食事をさせていただきました。

このお弁当がすごく美味しくて・・・。
また買いに行こうと思いました!

お施主様へ
今日は現場見学会にご協力いただき、また打合せをいただきありがとうございました。
それにお昼までご馳走になってしまい、本当にありがとうございました!
また、水曜日の打合せを、よろしくお願いします。
本日はありがとうございました!!

現場見学会のご案内。

2014年8月22日 / 内覧会・現場見学会など 光拡の家

--------------------------
光拡(こうかく)の家 現場見学会
・日時 2014年8月24日(日) 10時~16時
・会場 坂井市丸岡町谷町
・地図 https://www.google.co.jp/maps/place/
--------------------------

この週末、光拡(こうかく)の家の現場見学会を開催します。

光拡(こうかく)の家は城下町の風情が残る丸岡町谷町にあります。
敷地の間口が約6Mで奥行きが長い、いわゆるウナギの寝床の敷地です。
また、両隣りの建物がかなり迫ってきていて、光の取り入れ方に工夫したお住まいです。

また、ファサードにもこだわり、桁落しなど構造にも検討を加えました。

完成してしまってからでは見る事の出来ない構造体や断熱材のご説明。
また、例えば打合せの流れなど、出来る限りのご質問にお答えさせていただきますでの、是非この機会をご利用ください。

光拡(こうかく)の家の現場見学会は・・・
2014年8月24日(日) 10時~16時 に開催します。
予約などは不要です。
皆さまのお越しをお待ちしています。

「静と動の家」オナー様ご家族

2014年8月22日 / 静と動の家

おかげさまで弊社は10周年を迎えることが出来ました。
ひとえにオーナー様をはじめ、皆さまのおかげと感謝しております。
ありがとうございます!
今後とも、株式会社エクリュをよろしくお願いします。

午前様。

2014年8月16日 / 遊び心の家 伸遊の家

昨日は「遊び心の家」にて(仮称)三郎丸の家の打合せを行いました。

昨日の打合せは、収納の詳細などを打合せしました。

打合せの後、食事をご一緒させていただきました。
わらび花堂本店を予約していただき、ご馳走になりました。
美味しく楽しい食事でした。
ありがとうございました!

食事の後、再び「遊び心の家」に戻り、お茶を飲みながら、新居のお話やお仕事のお話、様々なお話をしました。
とても楽しく、あっと言う間に時間は過ぎ、気が付けば午前様になってしまっていました。

長時間、お付き合いいただき、本当に楽しかったです。
ありがとうございました。
また、お時間などよろしければ、是非、遊びに来ていただきたいと思います。

ありがとうございました!
ご馳走様でした!

費用対効果(NEEDS)

2014年8月14日 / 遊び心の家 今日遊の家

今日は今日遊のお客様が神戸旅行のお土産を、遊び心の家まで持って来てくれました。
ありがとうございました!

子供たちはipadで妖怪ウォッチの動画に夢中。
DVDを用意して放映していたディズニー映画(Mr.インクレディブル)より妖怪ウォッチの方が興味深い様子。
費用対効果(NEEDS)は人それぞれだってことを再び実感しました(笑)。

今日遊の家のオーナー様。
今日は遊び心の家までお土産を持って来ていただき、ありがとうございました!

明日は(仮称)三郎丸の打合せを遊び心の家にて行います。

重ねていくと観えてくるもの。

2014年8月12日 / 平景の家

今日は平景(ひょうけい)の家の打合せでした。
今日のプランニングは、前回までの流れとは違う考え方で描かせていただきました。

弊社では、(設計依頼書にご記名・ご捺印の後でしたら)ご希望であれば何プランでもプランニングをさせていただきます。
また、いつもお願いしている事に、最低4~7プランはご希望・ご要望を引き出すためのたたき台とお考えいただきお付き合いいただきた旨をお願いしています。
今回のように、打合せの流れとは異なったプランをご提案したりする中で、お客様の潜在化したニーズを掘り起こしたりもするからです。

平景の家は、当初、高低差による景色の見え方の違いや、空間構造の面白味のあるお住まいをご提案していました。
ありがたい事に、大変気に入っていただいてて、そのままの考え方でプランニングを進めて来ましたが、セオリー通りのご提案もさせていただき、どのように感じていただけるのかも知りたいと思い、今回のプランは、立地条件などからセオリー通りのプランニングをした場合、どのようなご提案になるのかを考えてプランニングしました。

予想通り、これはこれで良い反応をいただきました!
また、前回には出て来なかったご希望やご要望も出てきました。

平景の家は年内までプランニングが可能です。
まだまだ時間もあるので、様々なご提案が出来ればと考えています。

夏期休業のご案内

2014年8月11日 / お知らせ

夏期休業のご案内

拝啓 盛夏の候、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、誠に勝手ながら弊社では、8月13日(水)~8月17日(日)までを夏期休業期間とさせていただきます。
(休業中も一部営業しています。 詳しくはお問合せ下さい。)
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

末永いお付合いを!

2014年8月9日 / 今日遊の家

おかげさまで今日は、今日遊の家のご契約をいただきました。
ありがとうございました!

自分も経験がありますが、お住まいを建てられる契約をされると言うのは、大きな決断だと思います。
たいていの方が、人生最大の買い物ですし、買い替えたりも容易にはいかなかったりもします。
ですので、契約に至るまでには、たくさんの事を考えられた事と思います。

弊社の経営理念の最後の一文に「長く顧客に喜んでいただける企業として社会に貢献する」とあります。
これはお住まいが建ってなお、永続的なお付き合いをとの想いなどからの言葉です。
また、お住まいは建って完成では無いとの思いも表現しています。
お住まいに暮らしを詰め込んでいかれることで、完成に近付いていくのだとの考え方です。
それに、完成は存在しないのかもしれませんね。

どんな事でもそうですが、完璧や絶対などが存在し得ない反面、何処からでもどの時点からでも、出来る事があり続けると僕はいつも考えています。
もちろん、様々な事を広く深く検討し、完璧に出来るだけ近付く努力を惜しまない事は、あなたの人生や良いお住まいを得る確率を高めてくれるひとつの方法だと思います。
それと同時に、歩みながら経験しながら思考を深める方法もあります。

しかし、それではまだ検討が至っていないところに足を踏み入れる事になりがちで、ためらう方も少なく無いのでは?
人生に大きな影響を与える判断であればあるほど、慣性の法則が強くはたらいて、新たな境地には踏み出せないものです。
しかしそれでは完璧に近付く確率を大きく下げてしまう結果になります。

そこで僕はいつも何処からでもどの時点からでも、そこから出来る事があり続けると考え、自分の感性を信じ踏み出す勇気を得ています。

契約は、その一歩なのかもしれません。

弊社はお客様に必要としていただける限り、そこから出来る事をお客様と共に、考え続けていきます。
末永いお付き合いを、どうぞよろしくお願いします。

過去の記事