ブログ

今、出来る事。

2014年10月9日 / 新流の家

今日は(仮称)光陽の家の打合せでした。

先週、突発性発心からの病み上がりで、少し元気がなかったお子さんも、今日は元気に満開の笑顔をみせてくれました。
よかったよかった!(笑)

とても印象的だったのは、奥様がミルクを飲ませ終わって、打合せに戻られた時のこと。
ご主人がひとこと「ありがとう。」と奥様に伝えられました。
僕自身は、かなり反省させられました。。。
しかしご主人、とてもご理解が深く、とても愛情深い方です。

打合せの内容は、プランの最終確認と収納の確認を行いました。

収納はあればいいわけでもなく、自分たちの暮らしをしっかりと見つめなおし、必要な場所に必要な形状で必要な量を設ける必要性があります。
どんなことでもそうですが、自覚が深ければ深いほど、自分たちに適した選択ができます。
収納は、暮らしがお施主様にとって美しく心地よいものなるかどうかにかかっているので、入念に確認をさせていただきます。

またこれも、どんなことでもそうですが、全ては限りがあります。
スペース。
ご予算。
時間。
などなど。
しかし、だからこそ、諦めたり先延ばしにしないで、今、出来る事を出来るだけ深めておく必要があるとも言えます。
ご協力いただけると、幸いです。

今日は、収納など検討しました。

模型をつくる。

2014年10月8日 / 新流の家

今日は(仮称)光陽の家の模型を作製しました。

エクリュでは模型を作成しています。
作成する主な理由は、構造など現場の施工の仕方の検討などスタディー模型ですが、お客様に観ていただいてもいます。
みなさん、とても喜んでいただけるので、模型の作り甲斐があります(笑)。

エクリュの遠足。

2014年10月7日 / 社屋

今日は、会社のみんなで「エクリュの遠足」に行ってきました。

どこに遠足に行くのかを散々悩み、大阪の友人や様々な方々にご検討いただいたりご相談させていただき、結局、「奈良」に行くことになりました。

奈良だと、お店にもよく行ったし、土地勘があるので会社のみんなを案内するようなカタチで研修を兼ねて「ならまち」を散策しました。

今日は遠足なので(日帰りなので)、時間もあまりなく、急ぎ足での散策となってしまいました。
でも、たくさんじっくり見たいお店や、ユニークなお店などがあったので、今度は修学旅行を計画して、また再度のぞむことになりました。

歩き疲れて、休憩に、奈良(学園前)に住んでいた頃、よく通ったお店に行くことになりました。
かれこれ15年ぶりくらい?
ずっとあるお店がたまに帰ると変わらずオープンしてくれているのは、ちょっと感動するほど嬉しいですね!

15年ぶりにいつも食べてたオムライスを食べました。

帰り、車窓からきれいな月が見えました。
明日は皆既月食だそうですね!

こうして、エクリュの遠足は無事終了しました。

インテリアを決める。

2014年10月6日 / 光拡の家

今日は朝から、光拡(こうかく)の家のカーテンの打合せをしました。

インテリアから同時に設計する弊社(詳しくはお問合せ下さい)なので、カーテンのご提案もさせていただいています。
弊社でカーテンを施工させていただく時はもちろんのこと、お客様が直接カーテン屋さんでカーテンなどをご購入される際にも、一度はカーテン屋さんにご同行させていただき、打合せに参加させていただくサービスを行っています(弊社でカーテンを施工させていただく場合は、何度でも打合せさせていただきます)。

今回は大体の方向性も観えてきて、一安心。
あとはカーテン屋さんにお任せしても大丈夫かと思います。

打合せの後、食事をご一緒させていただきました。
食事中も、カーテンはもちろん、家具や照明のお話になりました。

インテリアはトータル的なバランスなどが重要なので、単品単品で検討を進めてしまうと、バランスを崩してしまう事もあります。
今日も、カーテンを決めるにあたって、決まっている床や壁、建具など仕上材をカーテン屋さんに持ち込んで打合せをしました。
出来れば、家具などの仕上の色や素材が分かると、より空間としてバランスしたご提案が出来ます。
また、どこか一つを決めて、それを軸足にバランスを取っていく方法もあります。

いずれにしても、最終的に持っていきたいイメージ(ゴール)を明確にし、総合的に検討を進める必要があります。
とは言え、言葉にするのは容易ですが、実際検討をされると、迷ってしまい難しい事が多いです。
そこで、弊社にご相談していただければと思います。

資金計画もご相談ください。

2014年10月4日 / 遊び心の家 今日遊の家

今日はお昼から「遊び心の家」で今日遊の家の打合せだったので、近所にある「Salut」でお施主様と食事をしました。
Salut」でケーキも買って帰り、「遊び心の家」にて打合せを開始。

今日は資金計画のお話を中心に検討しました。

弊社では資金計画もご相談、お手伝いさせていただいてます。
多くの方が、金融機関から融資(住宅ローン)を組まれ、新居を購入されます。
しかし、多くの方が中々住宅ローなどを組まれた経験もなく、また、銀行などからお金を借りられることも初めて。
抵当権など、言葉も難しそうで・・・と思われる方も少なくないのでは?
そこで、弊社もご同行させていただいたり、金融機関をご紹介させていただいたり、お手伝いなどさせていただいてます。

また、必要でしたら、FP(ファイナンシャル・プランナー)の先生をご紹介などもしています。

今日は会社の新規計画のお話もさせていただきました。
ご意見をお聞かせいただき、ご参考にさせていただきます(笑)。

明日は、福井マラソン。

今日遊の家のお施主様も参加されるそうです。
毎年、ゴール前1Km時点にある「遊び心の家」から、マラソンに参加される人を応援させていただいてます(笑)。
明日は台風、大丈夫かな。。。

salut (サリュ)
〒918-8021
福井県福井県福井市門前1丁目204−1
0776・33・3603
http://salut-web.com/

「穏景の家」オーナー様ご家族

2014年10月3日 / 穏景の家 遊び心の家

今日は穏景の家のオーナー様ご家族をお招きしてのエクリュ10周年記念ホームパーティーでした。

準備はもう手慣れたものです。

穏景の家は、福井県初(申請提出時点)の長期優良住宅モデル事業で建てられたお住まい。
あれから長期優良住宅の方向性は色々変化しました。
この度、また変わるとのお話も耳にします。
しかし・・・
住宅のスペックアップを促すのが、以前の住宅金融公庫や流通業といった国土交通省とは別業界ってのも、何だか考え深いものがあります。。。
とは言え、実際に住まれる方のご満足が高まり、より国民の生命と財産を守ることにつながるのであれば・・・どの業種がイニシアチブを取ろうが、そんなことどうでもいいのだろうけど・・・。

など、10周年に関係ないことも考えながら、食事をご一緒させていただいてました。

今回、とても嬉しくて感動し、鳥肌がたつことがありました。
それは、これです。
本当にありがとうございました!

協力会社さん

2014年10月2日 / 伸遊の家

今日は打合せではなく、プライベートで遊びに来ていただきました。

(仮称)三郎丸の家のオーナー様は、弊社の協力会社さんでもあります。
協力会社さんやそのご家族など、一緒にお仕事をさせていただいてる方々に、お住まいづくりのパートナーとして選んでいただけるのは、とても嬉しい事です。
今回も、とても光栄に思っています。
ありがとうございます。

話は尽きることなく、深夜にまで及びました。
今日も、とても楽しい一日でした!(笑)

小さなお客様。

2014年10月2日 / 優律の家

今日は、優律の家の打合せが、エクリュの事務所にてありました。
今日はご家族全員でお越しいただきました。
ありがとうございました!

打合せはだいたい2時間程度続きます。
いつもお子さん一緒に来られた時に思うのですが、2時間もお付き合いいただくのは、大人でも大変なのに、小さなお子さんだと本当に大変だろうなぁ~と感じます。
いつもご協力ありがとうございます。

だから、新居が出来た時、お子さんが嬉しそうに走り回っているのを見ると、「よかった!」って思います。

日程調整

2014年10月1日 / 新流の家

お忙しい中、何度も日程の調整をいただきましたが、どうしても日程が合わず、急遽、今日の夜にご自宅におしかけて打合せをしていただきました。
お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。

お子さん(0歳)は、突発性発疹からの病み上がりだったにもかかわらず、いつもと同じ笑顔を見せてくれていました。
笑顔が御主人そっくりです(笑)。

今日は、見積りを開始するにあたってのプラン決定の為の打合せです。
いよいよここまで来ました。

次回は、いよいよプラン決定です。

見積図書のご確認。

2014年9月30日 / 乗算の家

今日は(仮称)大石の家の打合せでした。
打合せの内容は、見積図書に承認を得る為に、見積り内容のご確認をいただきました。

弊社は標準仕様やオプションなどの考え方が存在しない為、全ての仕様などを決めていただく必要があります。

また、原価オープン見積りという考え方をしているので、見積りにもお時間をいただいています。

そこで、今後、どのような見積りをしていくのか、内容などを、お忙しい中お時間をいただき、ご説明・打合せをさせていただきました。

最後に。。
打合せで、とても嬉しい事がありました。
それは、地盤改良工事のお話をさせていただいた時の事でした。

(仮称)大石の家の地盤は、思ったより地耐力が低く、思いのほか地盤改良費がかかってしまいます。

そんな中、偶然にも2社の地盤改良工事の専門工事業者さんが、弊社に営業に来られました。
最近、新工法がいろいろ出てきているので、勉強させていただこうとお話をお聞きし、また、思いのほか地盤改良費に費用がかさんでしまった(仮称)大石の家の地番改良費の見積りも、お願いすることになりました。

その結果、2社の改良工事費は、弊社の協力会社さんの改良工事費より、抑えられて地盤保証が出る結果が出ました。

もちろん、工法も違うし、考え方も違うので、弊社の協力会社さんの工事が高いわけでは決してありません。
ただ、お客様としては地盤保証が付くというところで一定の安心を得れると考えた場合、それ以上の安全性の確立を高めるかどうかは、全体的なニーズのバランスの中で考えると、必ずしもニーズではなく、ウォンツになることもあり得ると思います。

今日の打合せで、地盤改良工事に関して上記の内容など全てを包み隠さずお話させていただいたところ、(仮称)大石の家のオーナー様が、こんなことを仰いました。

「(地盤改良)工事の仕方や考え方は、100社あれば100通りの工法や考え方があるでしょう。 僕は多少金額が多くなっても、エクリュさんと一緒に(仕事を)されてきた会社の社長さんの考え方に賛同したい。 多少金額がかかっても、既存の協力会社さんで工事をお願いします。」

とても嬉しく・・・
協力会社さんの社長に連絡を取りました。

想いがつながり、カタチになる。
そしてご満足を得、誇りに思っていただけるよう、今後も邁進していきます。

過去の記事