ブログ

LIXPO2013

2013年4月12日 /

昨日はリクシルさんが開催されているLIXPO2013に行ってきました。
LIXPO2013とは、リクシルさんの新製品はもちろん、商品開発の考え方、今後の方向性などなど、様々なことが一目でわかる機会で、大阪の南港(インテックス大阪)に行って来ました。

会場は人でいっぱい。
久しぶりにあんなにたくさんの人を見ました(笑)。

福井ショールームでも詳しく商品のことなど教えていただいているのですが、今回は、また違った目線でのご説明がいただけ、それにショールームには置いていない商材も全て見ることが出来、とても勉強になりました。

帰り道、大きな大きな虹がかかっていました(笑)。

夢ばかり見てしまうのが、いい家だと思う。

2013年4月1日 / 内覧会・現場見学会など ゆきあいの家

夢ばかり見てしまうのが、
いい家だと思う。

輝く光。気持ちの良い風。開放的な空間。
外からの視点はシャットアウトしながらも、
テラスから広がる風景は「幸せとの出会い」そのもの。
リビングに座って眺めていると、
育まれる家族の夢がふくらむばかりです。

ゆきあいの家
特別内覧会

4/13(土) 14(日) 15(月)
10:00~18:00

福井市灯明寺

お住まいの最終打合せを、本日終えました。

2013年3月28日 / 実績紹介記事 ゆきあいの家

弊社、きっと打合せの回数が、かなり多いと思います。
お客様にはお忙しい貴重なお時間をたくさんいただき、本当にありがとうございます。

ゆきあいの家も例外ではなく、、、たくさんのお時間をいただき打合せをさせていただきました。
ご理解、ご協力、本当にありがとうございました!
そして本日の打合せが、最後の打合せとなりました。

後は、決めていただいた通りに施工し、お引渡をするまでとなりました。

さぁ、いよいよ完成に向けて工事が進みます。
内覧会の日程も決まりました。

ゆきあいの家 完成内覧会
4月13日(土)・14日(日)・15日(月)
10:00~18:00
を予定しています。

よろしければ、是非、遊びに来てください。

部品をつくる。

2013年3月21日 / ゆきあいの家

ビフォー・アフターの匠のように、金物を自ら加工中。

番組なら
「匠が穴をあけたL型平ブレート。一体何が出来るのでしょうか?」
ってクイズが出されるんだろうなぁ~。

テレビの世界だけじゃなく、現実もこんな風に工夫して作ってます(笑)。

色がいろいろ。

2013年3月19日 / ゆきあいの家

壁紙を決める時は、どなたもすごく悩まれます。
すごい数のクロスがあるし、選ぶクロスによっては、インテリアの方向性もかなり決まる場合もあります。

たくさんの種類があるようですが、同じような色合いのものが多く、例えば、ビンクなどのクロスを選ぶと意外に種類が少ないことにも気付きます。
ルイスバラガン好きの方。
クロスでは限界がありますね・・・(笑)

色は対比が重要です。
色は単体では活きて来ません、傍にある色との関係性、複合性で鮮やかに観えたり、曇って観えたりもします。
人間関係とよく似てます(笑)。

今回のお住まい、ゆきあいの家の特徴の一つは、色合いにあります。
奥様が中心となり、女性らしい色彩感覚から選択されています。
ビビッドなビタミンカラー。
やさしいパステルカラー。
一見相反するファクターを、うまく取り入れられています。
さて、どんな色合いになっていくのでしょう?
楽しみです(笑)。

SW研修。

2013年3月6日 /

弊社はSW工法(スーパーウォール工法)の認定店です。
とは言え、長らくSW工法で建物を建てていないので、昨日、今日と2日間にわたってSW工法の研修に参加してきました。

光熱費ゼロ住宅やゼロエネ住宅。
またLCCM住宅などへ国策も急速に向かっている中、SW工法も大きな可能性が出てきたと感じたので、あらためて受講してきました。

弊社でも現在打合わせで、光熱費ゼロ住宅やゼロエネ住宅、もしくはそれに同等の性能を有するお住まいの打合せを、実際にしています。

また、ライフサイクルコストなどランニングコストとイニシャルコストの比較ができる環境も整ってきています。

興味のある方は、是非是非、お問い合わせください。

試験にもクリアし、2日間にわたる研修を、無事、終了しました。
関係者の方々、ありがとうございました。
お疲れさまでした!

ガラスの箱。

2013年3月1日 / 唯二の家

今回のお住まいは、料理や趣味など生活を楽しまれるお住まいです。
システムキッチンはTOYOKITCHENさんのキッチンを入れる予定です。

プランニングでは、そのキッチンを部屋(LDK)に侵入する時に魅せる方法を考えて来ました。
部屋に近付くにつれてどんどん見えてくるアイランドキッチン。
生活を楽しむお住まいとしては、必ず実現したいポイントでもありました。

それは別に、もっと現実的な問題がありました。
それは空調の環境です。

当初はアーチの向こうにアイランドキッチンが見えてくるレイアウトでご提案していたのですが、それだとエアコンの効きが悪くなるので・・・とのことでした。
いくらQ値を高めたお住まいであっても、暮らし方によっては、全館暖房(冷房)より、部屋ごとにエアコンなど冷暖房をされた方が、光熱費も抑えられる場合もあります。

そこで、アーチを諦め、ガラスの箱を設けることになりました。

「ガラスの箱?」って思われるでしょうけど、それは出来上がってからのお楽しみ(笑)。
ただ、造るのも難しく、コストもいかがなものか・・・。

検討(健闘)します。

減額。

2013年2月22日 / 唯二の家

見積を進めているのですが、減額が必要であることが予想できるようになってきました。
そこで、構造体を見直すことに。

当初、切妻で屋根をかけていたのですが、陸屋根にし、構造体のボリューム(石高)を落とすことになりました。

ファサードも検討しなおし。
これはこれでいい感じ(笑)。

窓の役割。

2013年2月22日 / 遊び心の家

遊び心の家からは、いつも足羽山がきれいに見えます。
今日の足羽山は、一段と美しくて、写真に撮りました。

窓は風や光を取り込むという基本的な発想だけではなく、景色を切り取ったり、広がりを演出したり、または外観(ファサード)を美しく魅せるなどの役割もあります。

足羽山、きれいでしょ!(笑)

過去の記事