ブログ

使用後も長くキレイを保つ打合せの仕方

2018年10月3日 / (仮称) 板垣の店

今日は(仮称)板垣の店の契約を弊社の事務所にて行いました。
施工事例をご覧いただくと、お住まい(住宅)ばかりが目立ちますが、実はお店(店舗)などもお手伝いさせていただいております。

弊社社屋はもちろんの事、カフェやメガネのデザイン室、ケーキ屋さんなどをお手伝いさせていただきました。

お住まいのプランニングでもそうですが、弊社の特徴は、「使用後も長くキレイを保つ打合せの仕方」にあります。

お住まいは、空間の使用の用途がお店に比べて複雑で、計画が困難と言われます。
使われ方が複雑になると収容する物も増え、乱雑になる可能性が高くなります。
ですから、使われ出してからも尚キレイを保つには(住宅の場合は特に)打合せなどにとても工夫が必要で、ノウハウが必要となります。
打合せの仕方などに工夫があります。

お店(店舗)は生産性つまり機能性もとても重要なファクターになります。
業務が効率的になると見えないコストダウンが大幅に図られる事があります。
以前ご相談をいただいた眼鏡工場をご提案させていただいた際には、業務の流れを把握するのはもちろん在庫数などを拾い出しし機能的なスペースなどをご提案させていただきました。
「広ければ何とかなる」という考え方はあまりに問題の可決を先延ばしにした事で、まるで夏休みの宿題を最終日に徹夜するような結果になると感じます。
問題点ややるべき事を明確にし、ひとつずつ対応してこそ、予定通りに問題がクリアする可能性が高まりますし、結果的に費用面でもメリットが出る可能性が高まります(広さもコストです)。

使用の用途が複雑なお住まいの検討を、「住んで長くキレイを保つ」との視点でお手伝いしてきた弊社だからこそ、お店という生産性や機能性など効率が求められるスペースのご提案にも発揮できる事があると思います。

もちろん、見た目の美しさや、見た目が持つ力のご提案も弊社の得意とするところです。

と言ったところで、今日は(仮称)板垣の店の契約をさせていただきました。
ありがとうございました!

社屋

使用状況の写真を送ってきていただきました!

ゲッコウカフェ

過去の記事