ブログ

「ご提案」の記事一覧

「直観」と「知識」

2018年12月10日 / ご提案

人生いろいろ。
お家もいろいろ。

そんな言葉を先日のブログで書きました。

今日は、もう少しその事について詳しく書こうと思います。

ところで、話が変わって・・・

電車に乗るとき、特急券を購入されたご経験はありますか?

京都から東京まで、2時間18分で到着。
これなら通勤圏内ですね(笑)

在来線だと8時間30分程かかるそうです。

つまり、座席を確保して6時間以上の時間短縮をする為に4,820円支払う。
これが特急券の費用対効果です。

移動時のニーズは、時短は絶対的な感じを受けます。

では、住まいづくりにおいてのニーズは、どうでしょうか?
特急券のように、時間を短縮する事に費用を発生させるでしょうか?
「そんな事は無い!(住まいづくりの時間を短縮する為に費用を払う事は無い)」
いえいえ、それが大いにあり得るのです。

例えば費用をかけて、工事の期間(工期)を圧縮できる(短くできる)工法などを採用される会社さんもあるでしょう。
また、打合せなどでお客様の貴重なお時間をいただくのも申し訳ないと、打合せ時間を圧縮する仕組みやツールなどを導入・検討する事で費用がかかっている場合もあるかも知れません。

逆も然り。
出来るだけお客様のご協力を得て、打合せを重ね多くのお話をお伺いする事で、お客様にとっての良いお住まいを導き出す事が出来ると考えたサービスに時間と費用をかける会社さんもあるでしょう。

さて、、、
座席を確保して6時間以上の時間短縮をする為に4,820円支払う特急券。
これぐらい明確に、工務店さんの費用を支払われていますか?

つまり、例えば・・・

A社
・打合せ回数3回まで
・選択の仕方が分かりやすい(3種類から選ぶ)
・着工から竣工まで4カ月
以上の事で容易に良いデザイン性を得られる事に400万円

B社
・打合せ回数6回~
・選択肢が多い
・着工から引渡しまで6カ月
以上の事で自分達らしい住まいを得られる事に400万円

のように明確にイメージが出来てお支払いをされているのでしょうか?
それは、特急券ですら明確にされていない場合が多いのではないでしょうか?


(本文は、DaiGoさんの本とは関係ありません)

コレは僕個人の意見ですが・・・

基本的に自分自身の直感を信じる事が出来れば、それが一番良いのだと思います。

あらゆる生物は、生まれながらにして自分が生きて行ける能力を備えています。
もちろん人間もそうです。
直感力を磨けば、更にその可能性が高まるのでしょうけど・・・
そうとも言い切れないとの意見もあります。

知識を高める事(勉強する事)で、危機回避が出来、人は生存の可能性を高めるとの意見もあります。
それも正しい様にも思えます。

コレは僕個人の意見ですが・・・

人はそんなに強いわけではなく、むしろ弱い生き物なのかも知れません。
直観力磨き、自分自身の直感を信じ続ける事が出来れば、何の問題も無いのかも知れませんが・・・
自分自身の直感を疑う瞬間も出てきます。
それは、全ては光と影が表裏一体で、選択はいつも、良い事と悪い事の両方を運んでくるからです。
悪い事に転んだ時、人は自分の直感で得た選択も疑ったりするのです。

病める時も健やかなる時も信じ続ける力が欲しい。
その力をくれるのが、「知識」なのかも知れません。

「知識」は、「直感」を具現化させたり説明できるようにする道具とすら僕には思えます。

つまり知識とは・・・
直感で京都から東京までの移動では、新幹線の方が良いと感じていた事を、「座席を確保して6時間以上の時間短縮をする為に4,820円支払っている」という知識を得る事で、1時間当たり800円程度支払っているのなら安いなどと満足が明確になったりする事で、直感を揺るがないモノにする為のアイテムと感じるのです。

直感力を高め、直感を信じ続ける事が出来れば、それ以上の事は存在しないと僕は思います。

人生いろいろ。 お家もいろいろ。

あなたは、あなたの選択を受け入れていますか?

「美しい」「魅力」

2018年11月18日 / ご提案

「美しさ」は人をひきつける力がありますね。

美しい人や美しい物、美しい建築
僕も好きです。

魅力を感じます。

しかし、この「魅力」というモノ。
チョット要注意だと僕は考えています。
それは、「魅力」の構造にあります。

では「魅力」は、どんな状況、どんなモノに感じているか分析してみましょう。

魅力的な人とはどんなイメージですか?
自分には無い才能をお持ちで輝いている人でしょうか?

魅力的な食事は?
いつも食べている納豆や味噌汁と違って、もう少しハイカラなイメージでしょうか?

「魅力」

・美しいモノに感じる
・新しいモノに感じる
・歴史あるモノに感じる
・認知範囲を超えたモノに感じる
・自分にないモノに感じる

などなど色々あると思いますが、それらを総合して考えると、

「印象的で」
「距離感があり」
「非日常的」

なイメージを覚えます。

この自分との距離感が要注意のポイントだと僕は感じています。

距離感が大きくなれば、(一定の範囲は)それに比例して魅力も高まるニュアンスがあります。

つまり「違い」が「魅力」で、魅力には「自分では無い要素」を感じます。

それ(魅力)を日常に引き込むと問題も発生しかねないと考えるから、要注意だと思うのです。

例えば、、、
「魅力」を感じていたモノに、「不一致」を感じだす事も想像できます。
また酷い場合には、異物に対してアレルギー反応を示す場合もあるかも知れません。

コレが「魅力」を扱う上での僕が感じている要注意のポイントです。

「魅力」を追って自分という枠を超えていく事は、人が成長したり気付いたりする為にとても重要なプロセスです。

チョットぐらいの汚れモノならば
残さずに全部食べてやる(Mr.Children 名もなき詩)

しかし、それはプロセスです。
大事な事は、経験した後の「気付き」にあります。
きっと自分との違いの摩擦の中で、傷つけ合ったりしていき、丸くなったり己を知ったりするのでしょう。

こんな不調和な生活の中で
たまに情緒不安定になるんだろ(Mr.Children 名もなき詩)

そんなに遠くへ行かなくても(プロセスを踏まなくても)、本当は自分自身の中に知るべき事は存在していて、いつも答えは足元に転がっているんですけど、きっと必要なプロセスなのでしょうねぇ。。。

お住まいを計画される時。
美しさや魅力は、とても重要なファクターです。
なぜなら美しさや魅力は人を惹きつけ、ワクワクさせたり心を揺さぶるからです。
単調な日常を更に豊かにしてくれるかも知れません。

しかし冒頭にお伝えした様に、魅力は取り扱い要注意です。

しかもお住まいは、日常生活を送る上で基本となる場所です。
あなたにとっての豊かな日常生活とは?
その答えは、足元に転がっているのかも知れませんね!

ニーズをかたちに。

2018年11月14日 / ご提案

ニーズをかたちに。

エクリュでは、ニーズを大切に考えています。
ニーズによく似た言葉にウォンツがありますが、弊社ではニーズを深く理解しようと考え、打合せの仕方や仕組みなどを検討しています。

ニーズを探って明確にする事は、とても奥深くどれだけ考えても難しく、日々精進しています。

例えば・・・
「掃除は得意ですか?」
とお聞きすると
「掃除は苦手なので、出来るだけ手間がかからない方が良いです」
と殆どの方がおっしゃります。

ところが・・・
この言葉じりだけをとってご提案すると間違える結果になる場合もあります。
掃除をしなくて済む方がベターだとはおっしゃいましたが、掃除出来ないのが良いとはおっしゃっていないからです。
だから住みはじめてから「これは外して洗えないのですか?」などのご質問をいただく結果になってしまう事も考えられます。

そもそも・・・
「掃除は得意ですか?」との質問の仕方自体が誘導尋問的なニュアンスを感じます。

この様に、正確なニーズを把握する事は、容易ではありません。
そこには工夫や技が必要となるのです。

先日はこんな事がありました。

弊社ではニーズの受信のツールのひとつにイメージマップを使っています。
そのイメージマップでは、シンプルな形状に持っていかなくてはならないとの結果が出ていました。

シンプルな形状を得るには、費用がかかる場合もあります。例えば既製品をそのまま使用すると少しシンプルさに欠けるの特注で改造してもらったり、そもそも既製品を使わずフルオーダーで作るなんて事もあり、コストがかさむ場合もあります。

イメージマップでは、「シンプルな形状にする必要あり」と診断されても、「シンプルな形状にして欲しいんです!」との自覚が薄い場合、診断結果よりコストを優先する事があり、シンプルさが減少してしまう事がありました。

弊社は原価オープンの見積を採用しているので、費用は明確に表現出来るのですが、効果の部分がどれ程共通の認識に出来るのかは永遠のテーマです。

例えば「Ua値が0.27W/㎡Kも下がりますよ!」と興奮気味にお伝えしても、きっと殆どの方が「???」ってなって興奮を共有出来ない様に、効果の部分を共通の認識にするのは難しいです。
その事が、ニーズを明確にする事を困難にしている要因のひとつとなっていると感じます。

知るという事の難しさ
それも感じます。

とは言え出来る事を出来る限りした上で、あとは受け入れる事なんだろうなぁと僕自身は考えています。
更にニーズの理解を深められる様、日々精進ですね!

芦屋画廊に行って来ました。

2018年11月10日 / アート

今日は芦屋画廊Kyotoに伺いました。

芦屋画廊は、大阪で勤めていた時の上司のご家族がされているギャラリーです。
この度、以前、弊社で開催させていただいた個展『イシサカゴロウ展』のイシサカさんのお知合いのフランスの方、Ivan Siggさんが、元上司がオーナーのギャラリーで個展をされるといったご縁で、レセプション(ブェルニサージュ)にお誘いいただき、行って参りました。

京都には京都精華大学に通う次男が住んでおり、次男も誘って芦屋画廊にて開催されている Ivan Sigg 展 ブェルニサージュに参加させていただいました。

ブェルニサージュには Ivanさんご自身もご参加されていました(フランスからお越しになっておられました)。

Ivanさんはとてもユニークな芸術制作をされています。
例えば、フランスでとてもポピュラーな絵本の挿絵の上にボールペンなどで新たな絵を加え、別の世界観にしてしまったり、広告用のポスターなどの上にも絵を加えて全く違った絵にしてしまう。
ちょうど、(怒られてしまうかもしれませんが・・・)教科書の偉い人の写真に落書きをして雰囲気を変えてしまうような、そんな楽しさのある絵を描かれています。

この日はライブで、既存のポスターを絵に変えてしまうパフォーマンスもあり、どんな風に世界感が変化していくのかを楽しませていただきました。

京都という最先端の文化をずっと継承されてきた地でアートに触れる機会を得れた事は、本当に有難い事で、元上司や関係者の全ての方に感謝するとともに、学生の時代にこの様な経験ができた次男にもとても良かったのではないかな?と感じました。
本当に皆さま、ありがとうございました!

また福井のエクリュ・ギャラリーでも、この様な様々なアートをご紹介したり、アーティストとの出会いをつくってゆきたいと考えています。

自分の持っている力以外の力を利用する方法

2018年11月4日 / ご提案

昨日は「マトリックスは観えているか?」にて、お施主様の「ニーズ」の実現に関して考える事などを書かせていただきました。

今日はもしかしたら、逆に思える話になるかも知れませんが、「自分の持っている力以外の力を利用する方法」について書こうと思います。

皆んな自覚してようが、そうでなかろうが自分の定めた目的地を目指して生きています。
それはちょうど自動車を運転している状態に似ています。
目的地の方向に目を向け進んで行きます。

自動車にはサイドミラーやバックミラー、センサーやカメラが搭載されて死角を減らしていますが、人生を歩む道のりにはサイドミラーもバックミラーも無いかも知れません。
もしくは、それらに変わるのが人の意見なのかも知れません。

出口の見えない闇の中で迷う日も、後ろばかりを振り返っていては目的地に達せないので、前を向いて歩んで行きます。

この様に、想いや目指す方向がある方程、死角が生まれてしまう事になります。

だからこそ、自分以外の人が存在するのだと思います。
自分以外の人は、自分とは違う方向に目的地を定めていて、見ている方向が違います。

その事で同じ時間、同じ空間に一緒にいても違う景色を観ている事になったりします。

もし、目的地を目指して運転している途中に、運転席からは死角で助手席から見えている情報を入手したいなら、車を止めて助手席に移動して確認する方法があります。

しかし、目的地への到着が遅れたりする場合もあります。
また、景色は刻々と変化するので同じ情報を入手出来る訳でも無いかも知れません。

だからもうひとつの方法として、助手席の方からの情報を鵜呑みにする方法もあります。
そうすればライブに自分以外の情報(力)を利用出来るかも知れません。

自分以外の情報(力)をちゃんと自分で確認して理解した上で自分の情報として判断材料にする。

コレが理想ではありますが、時間もかかる場合も多く、また本来の自分の力を見失ってしまう可能性も否めません。

本来の自分の力とは・・・

僕は、人を含めあらゆる生物は、生まれながらにして自分で生きていける力を備えていると考えています。
それが命というエネルギーなんだと理解しています。

ただただ己を知り受け入れさえすれば、たどり着ける力を備えている。
それが本来の自分の力なんだと考えます。

「Don‘t think! Feel」
これはブルース・リーの有名なセリフですが、考えずに感じ、その自分の感覚を疑わず信じ続ける事さえ出来れば、自分の力はもちろん、自分以外の力も自分のモノに出来るのでしょうね!

それが出来れば、苦労は無いのですが、揺れ動くのが人間というモノで・・・

あなたなら、どうしますか?

自分の視野の範囲で生きていきますか?
それとも目を閉じて感覚を研ぎ澄ませますか?

他人の意見を鵜呑みにしますか?
他人の意見をひとつずつ確認して自分のモノにしますか?
他人の意見に耳を傾けて、感じますか?
それとも耳を塞ぎ感覚を研ぎ澄ませますか?

どれが正しいとか間違っているとかでは無いと思います。

あなたなら建築デザイナーの力をどの様に使い切るのかなって思います。

マトリックスは観えているか?

2018年11月3日 / ご提案

例えば、歳がいくと涙腺が緩くなり涙もろくなると言いますが、それは老化というよりは、ご自身の経験の多さから共感出来る幅や感じる事が出来る深さの成せる技ではないか?と考えます。

幼子がTPOをわきまえず空気が読めないのは、我慢が効かないのもありますが、知識や経験、感性が低い為だと考えられます。

では、空気が読めない事は、良くない事でしょうか?
必ずしも悪いとは言い切れないと思います。

人の目ばかりを気にして自分を失うと言った事が無く、自分の意見や考えを持っていられるかも知れません。

一方で、迷惑をかけたり知らずに誰かを傷付けてしまう事で後悔する事もあるかも知れません。

僕は、中学生の頃、伯母に連れて行ってもらった「OLD NEW」に入館してから建築に興味を持ち、高瀬川沿いにある「Times」で遊んだりし、高校生の時には吉祥寺の叔母の設計事務所で本を見たり図面を見たりしていました。
小学生の頃、筆箱に入っている消しゴムは、maid in West Germanyのステッドラーの消しゴムでした。

(上記の文が何を意味するのかは、また機会があればご説明しますが)つまり僕は涙腺の緩い老人です。

建物を観ると細かなサインさえ受信して、建物から発信されているメッセージを多く受信します。
もう職業病です。

だからといって(建築的な知識やセンスが高いからといって)それが正当とか優れているとか思いません。
先程もお伝えした様に、空気が読めない事や理解が浅い事、感覚が鈍い事は、いつも悪いとは言い切れません。
むしろ「己を信じる強さ」さえあれば、他に必要な力など何も無いのではないかとすら思えます。
つまり理解が浅かろうが、感覚が鈍かろうが、自分を信じさえすれば良いのだと思います。

そういった考えの中で「ニーズ」を考えた時に、とても悩むのです。

涙腺の緩い老人の経験を押し付けてしまわないか?
お施主様が「そうしたい!」と言うのなら、(例え論理的に崩壊していても)そこに意味があるのではなかろうか?
でもお施主様は、自覚せずともその意味を信じつける事が出来るのだろうか?
後悔しないだろうか?

そんな事を考えます。

何がシアワセをつくるのか?
そこにはセオリーが存在しません。
時には老人の経験が功を奏する時もあるでしょうし、無知だから飛び込んだ結果、未来が開けるって事もあるでしょう。

僕に出来る事は、更に老人の経験を増やして更に涙腺を緩くするのと同時に、その経験などを必要とされた時、押し付けなく一資料として経験を提示出来るように準備しておく事。
そして、お施主様のシアワセを願う事だろうと考えるのです。

「KOBE PREMIUM Night」

2018年9月22日 / アート 安穏の家 遊び心の家 社屋

昨日は強引に午前中で仕事を終え、大切な方に以前からご招待いただいていた「神戸プレミアムナイト」にお施主様と一緒にとんぼ返りで行って来ました。

「神戸プレミアムナイト」はファッションショーです。
神戸コレクションよりはもう少しアッパー層を狙っているとのお話通り、来場者は少し落ち着いた年齢層の方々が目立ちました。

ご用意いただいた僕らの席は、C-1-1
ランウェイ直ぐ傍の一番前の席。
自分のお店で売り出す新作を探しに来られている方々が、前の席を一生懸命確保される中、チョット恐縮ですが、大切な友人に本当に感謝です。

神戸は北野。
しかも人気高い北野クラブソラでこんなファッションショーにご招待いただけるのは、本当に有り難い事で、おかげさまでとても楽しい夜でした。

ドレスコードもあって、お洒落して出かけるのも良いですね!

服もさる事ながら、ショーの間に行ったライブも良かった。
フランス語の歌詞の流れる様な音に、ウッドベースの低音がアクセント付けになっていて、ライブもカッコよかったです。

「神戸プレミアムナイト」
豪華なビュッフェも捨て難かったのですが・・・
せっかく北野に来たので美味しいお店に行きたくてご紹介いただいたお店が、海鮮イタリアンのお店「TRATTORIA VIVO」へ行きました。

北野らしい異国情緒漂う雰囲気のお店で、温泉好きのシェフが旬の食材を教えてくださり、それを料理していただきました。

アンティパストからカルパッチョやアクアパッツァ、パスタやリゾット、ドルチェまで、本当に美味しかったです。

魚貝類が本当に美味しく、でも最後のリゾットは、ちょうど行きしなにトリュフの話をしていたのでどうしても全員一致で食べたくて、トリュフのリゾットにしてしまいました。

でもこれがまた美味しかったです。
妻は、別腹でいくらでも入ると、訳の分からない事を言い出す程、美味しかったです。

大切な方からのお誘いだったので、予定をおして伺った神戸。
そのおかげで、本当に充実した楽しい豊かな時間をいただく事が出来ました。
本当にありがとうございました!

福井に到着したのは26時。
今日もお仕事だったので急いでお風呂に入って寝ましたが、疲れているはずなのに(妻は直ぐ寝ましたが)僕は興奮が冷めないのか、少しの間、眠れず起きていました。

本当に楽しい豊かな時間をいただきました。
ご招待いただいた方
お付き合いくださったお施主様
仕事をカバーしていただいた方々
本当にありがとうございました!

魯山人寓居跡いろは草庵

2018年9月14日 / ご提案 壁の役割

先日、大切な友人にご招待いただき、山代温泉に行って来ました。
そこで少し、妻と二人で歩きました。

歩いていて見つけた魯山人寓居跡いろは草庵。
ディテールまで行き届いたセンス。
心地よい空間を楽しんで来ました。

向かって左側の窓は、北側の窓です。
したがって右側の窓は、東側の窓。

この2面の窓が、約30cm程度、床からの高さが違う事にお気付きですか?

外観からは煤竹の格子がそろえてあるので、その窓の段差は分かりにくくなっています。

窓のレベル差は、その部屋に入り床に座るとその意味が分かります。
機会があれば福井からはそう遠く無いので、行って座ってみてください。

ゾーニングや構成はもちろん、細部のディテールまでセンスを感じる魯山人寓居跡いろは草庵。
でも、大事な事はそこじゃ無くて、写真には映らない美しさですよね!

by リンダリンダ

私生活

2018年8月21日 / ご提案

椎名林檎さん(東京事変)の「私生活」って曲が好きです。
生きて行くのが困難な世の中で、一生懸命に生きている姿を描いた歌詞に哀愁を感じます。
ステキです。

その歌詞に

羅針盤(コンパス)よ
さあ指してくれよ
現在地を教えて
既存の地図を暗記しても
きっとあなたへ向かう

とあります。

僕もきっと、幾ら道を変更されようとも妻に向かうってな話もさる事ながら、大切なポイントは「現在地」にあります。

目的地にたどり着くには、目的地を明確にすると共に、現在地を把握する必要があります。

ナビゲーションシステム(グーグルマップ)がない時代、紙の地図を開いて先ずする事は、現在地を探す事でした。

イオンモールの様な大きなショッピングモールのエスカレーターの踊り場などにある店内案内の地図にも赤など目立つ色で現在地が示されていますよね!

目的地を目指すには、当然に現在地を把握する必要があります。

住まいづくりも同じ事が言えます。

理想という目的地を定めるのと同じくらい大事なのが、現在地を知る事です。

では、住まいづくりでの「現在地」とは一体なんでしょう?

それは、今現在の暮らしです。
朝起きてから寝るまで、どの様に過ごしているのか?
休日など家ではどんな風に過ごしているのか?
どんな物をどれだけ持っているのか?
またそれをどんな頻度で使っているのか?
などなど、「現在地」とは、今現在の暮らしです。

理想の住まい(暮らし)である目的地と、今現在の暮らし、つまり現在地を知る事で、道のりが解りたどり着けるのは、地図と同じ事です。

羅針盤(コンパス)よ
さあ指してくれよ
現在地を教えて
既存の地図を暗記しても
きっとあなたへ向かう

どうか!幾ら迷っても良いので、あなたにとっての理想の住まい(暮らし)にたどり着いてくださいね!

暮らしを高めるご提案。

2018年6月18日 / アート ご提案 伸遊の家

この度の地震で被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。
くれぐれもご安全になさってくださいませ。

今日は「伸遊の家」のオーナー様と以前よりご予約いただいていた「暮らしを高めるご提案」をさせていただく為、滋賀県長浜市に行って来ました。

お住まいは、理想の家を建てたらそれで終わりではありません。
いくら見た目に美しい家を建てたとしても、暮らしの質が高まって行かない事には、家を建てた意味すら分からなくなってしまいかねません。

「どうしてこんなに住みにくい家にしてしまったんだろう?」
使い勝手が不便で掃除も行き届かず、暮らしの質が落ちて行く。
そうなってしまったら、建てた家が要らないモノやゴミ、そして不満を溜め込んで行く事に・・・

新しい家になれば、変われるなんて考えはあまりにリスキーです。

そこで弊社では、暮らしを一緒にご検討いただきながらお住まいを計画して行きます。
そして家が出来、暮らしが始まってからも、更に暮らしが高まっていける様なご提案を続けさせていただいています。

例えば、弊社の二階にあるギャラリーで、絵画展を開催させていただき、絵を飾る事で更に暮らしが高まっていける様なご提案をさせていただいたりもしています。

今日は「伸遊の家」のオーナー様と長浜市にあるギャラリー「季の雲」にて開催されている「岡田直人展」を観に行ったり、「あふみ舎」などを観てまわったりして、暮らしを高めたり、強いてはオーナー様のモチベーションが上がったりしていただけたらとの思いから、ご同行させていただきました。

おかげさまで、お店などに地震の影響をお聞きしたところ、ご無事で全く問題無く通常営業されておられるとの事でしたので、予定通りお伺いさせていただきました。

今日、「伸遊の家」のオーナー様にご紹介しきれなかったお店や場所があるので、再びお時間をいただき、またご提案させていただく事になりました。

ご予約いただけましたら、様々な暮らしを高めるご提案をさせていただきます。
オーナーズ・サロンも是非、ご利用いただければと思います。

過去の記事