エクリュブログ

ご提案

眼に映るもの全て。
それは光と影からなります。

今日はとても嬉しい事を言っていただきました。
それは、施工事例の写真をお客様にご覧いただいている時の事です。

「光の入れ方が、とてもステキですね」
「光がキレイです」

写真やデッサンなどをされている方なのかな?
そこに気付かれるって事が先ず凄いです。

弊社がお住まいを設計させていただく上で、光の入り方、影の作り方はとても重要で、お施主様にとって「良い光とは」をイメージ・マップでも探し、分析しています。
だからこそ、そこにお気付きになっていただいた事は、とても嬉しい事でした。

光は、自然光と人工の灯りがあります。
また、それらの光や灯りには、直接光・間接光・反射光があります。
日光の場合は、直射日光と天空光と言います。

それらの組み合わせで、如何にすればお施主様が理想とされている空間に敷地条件などを考慮した上で実現出来るのかを模索して近付けていきます。

視覚の情報は、全体の情報の8割を占めるとも言われます。

冒頭に述べた様に、眼に映るもの全ては、光と影からなるので、空間の雰囲気をつくる上で、当然に光や灯りのコントロールは重要なんです。

立体感など形状・色彩・明るさ・テクスチャー(素材感)など。
これら全ては、光と影で表現され、認識されるのですから、当然、コントロールが不可欠なのはお解りいただけるでしょう。
(テクスチャーなどは触感でも認識されます)

人工的な光(灯り)の場合には、光の質がとても重要です。
LEDなど新しい光は、自然光の表現力からまだまだ開きがあります。
自然光との表現力の比較は、演色性という指数などで表されます。

まだまだ演色性が低いLEDは、昆虫からは見えにくいという利点はあります。
光に集まる昆虫の眼からは、LEDから発される光は見えにくい(LEDは紫外線が発生しにくい)為、虫が集まりにくいという利点があります。

しかし空間の色彩やそこにある物などの色彩の表現力も弱いという弱点もあります。

光や灯りのニーズを把握し、デザインする弊社に気付いていただけたのは、とても嬉しい出来事でした。

「家を建てようと思ったら、先ず、何からすればいいの?」
「土地から探さなきゃいけないのだけど、広さってどれくらいいるの?形は?」

お住まいづくりを考えはじめたら、様々な疑問や知らない事にぶち当たるかも知れません。
そんな疑問などを、エクリュの代表取締役/建築デザイナーが自邸を建てた時の経験談やプロからの視点をお話ししながら、疑問にお答えしていくセミナー「建築デザイナーが自邸を建てて、ひらめいた」を、好評につき再び開催する事になりました。

セミナーの後、建てて6年になる建築デザイナーの自邸(遊び心の家)をご覧いただく内覧会も行います。
住み続けても片付くポイント(キレイが続く)なども、みていただければと思います。

では、具体的なスケジュールなどをお伝えします。

2017年10月22日(日)
エクリュ社屋にて
12時30分 受付開始
13時〜15時 セミナー
15時〜 内覧会(遊び心の家)

参加無料

要予約

定員:先着4家族さま(定員となり次第締切とさせていただきます)

予約方法
*電話:0776-36-9001(平日9:00-18:00・その他は留守番電話になります)
*Eメール:info@ecru-arc.co.jp

予約の際には、参加人数をお伝えください。
その他、ご不明な点など遠慮なくお問合せください。
選挙を済ませてからお越しください。

螺旋

2017年9月12日  /  ご提案  

「値段は言わないで!」
「なぜならどうしても欲しいんだもん」
「全体的に(予算の範囲に)調整して螺旋階段にしてくれればいいから」

僕はその言葉に違和感を覚えました。

「Wants」と「Needs」は似て非なるものです。
きっとこの方は、螺旋階段は自分にとって「Wants」であると言うことを知っているのでしょうね!

だって、どうしても欲しいなら、金額を知っても購入するでしょう。
金額を知ったら購入意欲が失せてしまう。
だから、「値段は言わないで!」って仰ったのでしょう。

欲しい物が手に入る。
その事自体は、良かった事ですね!
どうしても欲しかった螺旋階段が手に入り、めでたし、めでたし。

でも、チョット待って!

欲しい物を得る為に、必要以上、費用を発生させた、その費用ってどこから出て来たの?

さぁ、皆んなで考えてみてください。

総額が予算の範囲におさまっているって事は、何かを削って費用を捻出したはず。

それが何かは知りたくありませんか?

知りたくも無いくらい大きな費用を捻出したのなら、それはそれは様々な何か、多くの内容に影響があるに違いありません。

事実を知ったら、あまりのショックで螺旋のように目を回さないように、やっぱり螺旋階段の金額も知っていただき、その金額を捻出する為の方法も知っていただければと僕は思います。

その為に弊社は原価オープンの見積りを採用しています。
そうする事で、それぞれの方の価値観が反映されます。

そうしてその方らしいお住まいになります。

「Needs」でお住まいを考えませんか?

「?」→「家」

2017年7月31日  /  ご提案  

あなたは、お皿から晩御飯の料理をイメージして、夕飯の用意をしたことはありますか?

夕飯を作ってから、その料理にあうお皿を選びませんか?

あなたは箱からプレゼントをイメージして、プレゼントを購入したことはありますか?

そうではなくて、プレゼントを選んで、それにあう箱を選びませんか?

料理があって、器を決める。
プレゼントがあって、箱を決める。
そんな風に家を考えられていますか?

家が器や箱ならば、家にとっての料理やプレゼントにあたるモノは何か?
答えられますか?

「料理」→「お皿」
「プレゼント」→「箱」
「?」→「家」
「?」の話をしに、エクリュまで遊びにお越しください。

今日は(仮称)大溝の家の打合せでした。
その中で、床材についての打合せがありました。

皆さんは床材を決めるポイントって、どんなところにありますか?

例えば、弊社の打合せエリアの床材は、クリの無垢材です。
クリである理由は、イメージ的な理由。
床暖房なのに無垢材である理由は、触れた感覚を心地よくしたかったからです。

弊社の2階のギャラリー・スペースは、ナラの突き板(単板貼り)です。
触感は(無垢材には負けますが)出来るだけ良いのを選びました。
無垢材にしなかったのは、コストの点からです。

我が家の床材はシート貼り(チーク)です。
イメージとコスト、それに掃除など維持管理や劣化を重視した結果です。
今のような梅雨時は、触感に難点があります。

床材を選ぶ際、様々なポイントがあります。

正確なニーズを明確にして、選べていますか?
「無垢材が良いって聞いたから」
「この中から選ばないとオプションで高くなるから」
「友達の家と同じだから」
など、自分のニーズを明確にしないで選んでしまっていませんか?

(仮称)大溝の家の打合せ。
今回は裸足で様々な床材を踏んでみました。

2話に続いて本来の自由設計の目的を満たす為には、客観視(自分自身を知ること)が不可欠とのお話をさせていただきました。

「自由設計って本当に自由?(番外編)」では、次にお話させていただこうと検討中の内容にもつながる、お住まいづくりをされる時に頭の片隅には意識されておく必要があるポイントの一つをお伝えしたいと思います。

お住まいづくりをされる(家を建てる)。
そんな経験って何度もあることではないどころか、一生に一度もない方すら少なくない貴重な経験ではないでしょうか?

その為もあり、住まいづくり(家を建てること)は、一大イベント。
ハレ(晴れ、霽れ)とケ(褻)で言うとハレ(非日常)的な出来事。
その為もあってアドレナリンが出て、やったことも無いようなことが出来そうに思えたり、派手な発想を思いついたりと非日常感が溢れ出すことも致し方ないことなのかも知れません。

でも、お住まいとは日常生活をおくる最も基本的な場所。
また最も長く身を置く場所でもあります。

だから服を買うようなイメージ(例えば恋するようなイメージ)の選択とは、ちょっと違って来るのかも知れません。
むしろ恋というより愛に近い感覚が必要になって来るのかも知れません。

バーバリーのキャッチコピーに「恋さえあれば愛などいらない」って印象的なコピーがありますが、お住まいづくりには「恋こそあれど愛こそ全て」かも知れません。

また次回、お伝えできる機会に、詳しくはお伝え出来ればと思います。

では、またそに機会に!!

「自由設計って本当に自由?(その1)」でお話したのは、広さや部屋数などの与条件では、自由設計(フリープラン)などと言っても、さほど変わり映えのしないプランになってしまい、自由設計のイメージである「自分たち家族にフィットした住まいづくり」や「オリジナリティのある住まいづくり」と言ったものからかけ離れてしまう事にもなりかねないとの内容でした。

「自由設計って本当に自由?(その2)」では、どの様にすれば本来の自由設計のイメージである「自分たち家族にフィットした住まいづくり」や「オリジナリティのある住まいづくり」が可能か?
そのヒントになるお話が出来ればと思っています。

それでは、なぜお住まいへのご希望・ご要望を設計者などにお伝えされる際、広さや多さ、部屋数など与条件になってしまうのでしょうか?

そもそもお住まいは日常生活を営む最も基本となる場所です。
日常生活とは一般的に、感動や興奮の積み重ねでは無くて、どちらかと言うと淡々と粛々と積み重ねていくイメージが強いですが、皆さんはいかがですか?

もしかしたら日常生活こそ冒険だ!って方もおられるかも知れません。
だけどご希望やご要望が与条件になってしまいがちなのは、日常生活を淡々と粛々と積み重ねられているから、余程の大きな出来事がない限り、日常生活を過ごす住まいへのご希望やご要望が思い付かないのでは無いでしょうか?

逆に言うと、日常のささやかなシアワセなどに気付けると、現状に満足して「家を建てよう!」なんて思い付かないのかも知れません(笑)

でも気付けていなくても、実はシアワセなどは確実に今もそこには存在していて、、、
そのシアワセなどに気付き、具現化していく様なお住まいづくりこそが、「自分たち家族にフィットした住まいづくり」に当たり、「オリジナリティのある住まいづくり」を行う意義が存在します。
本来、これこそが自由設計(フリープラン)である必要性では無いでしょうか?

もう少し分かりやすくお話をします。

弊社ではいつもお客様ご家族、お一人お一人のタイムスケジュールをプランニングをする前にお聞きしています。

その中でこんなご夫婦がおられました。

奥様のタイムスケジュール
5時30分 起床(身仕度)
6時 犬の散歩
7時30分 朝食

ご主人のタイムスケジュール
6時 起床 犬の散歩
7時30分 朝食

ここまでで何か気付かれた方はおられますか?

毎日、犬の散歩を欠かさずされているS様。
ご夫婦でとても犬を大切になさっておられる。

でも、犬を大切にされてる方って、犬の散歩って書かれるでしょうか?
○○ちゃんの散歩と書かれるのでは無いでしょうか?

そこに気付けたら暮らしへのご提案が違ってきます。

このご夫婦が最も大切にされているのは、実は犬では無く、ご夫婦お二人の時間だと言うことに気付くと、犬の為のスペースなどをご提案するのでは無く、ご夫婦お二人の時間を有意義に過ごせる空間提案に変わります。

実はこのご夫婦。
自分たちは夫婦で犬を大切にしていると思われていました。

もちろん、犬も大切にされているのだと思います。
しかし最も大切にされていることは、ご夫婦お二人の時間であることは、客観的には明らかです。

さて、話を戻しましょう。
どうすれば与条件では無く、自分たち家族にフィットした住まいづくりへのご希望・ご要望を明確に出来るか?

それは自分自身を客観視するところから始まります。
つまり客観的に自分自身を知ることが、自分たち家族にフィットした住まいづくりへの第一歩です。

自分自身を客観視する方法のひとつに、日常生活を自覚する方法があります。
具体的には日報の様に、自分の一日の行動などを紙に書き起こすことです。
そうすることで、流れていた日常にひとつひとつ気付くことができるようになります。

客観視できる状況をつくり(紙に書くなど)、それを客観的に分析すれば、観えてくるモノもあります。

例えば・・・
僕は自邸を建てるに当たり、現在住んでいる住まい(各部屋)をスケッチしました。

写真に撮って客観視する方法もありますが、スケッチは認識しないと描けず、最も客観視できる方法なので、その方法をとりました。

実は描いていて色々驚きました。
毎日を過ごしている我が家なのに、気付いていないことが色々あることに気付いたからです。

例えば、(狭い家なのに)ストックが業者並み(売るほど)にあったことにも気付きました。
それに気付けたので、収納の作り方に工夫ができました。

言葉にするのは容易ですが、自分自身を客観視するのはとても難しいです。
しかし、自由設計(フリープラン)を行う本来の目的をクリアするには、自分自身を知ることは不可欠なことは確かです。

いかがでしたでしょうか?
2話にわたってお伝えしてきた「自由設計って本当に自由?」。
皆様のお住まいづくりのヒントになり得たら幸いです。

また、ご相談などありましたら、お問い合わせください。

弊社へのお問い合わせは
http://www.ecru-arc.co.jp/contact/
まで!

資料請求は
http://www.ecru-arc.co.jp/request/
までアクセスください。

自由設計
フリープラン

お家を建てようと思って建ててくれる会社を探すと、よく目にしたり耳にする言葉です。
コレに対する逆の仕組みは、、、

標準プラン
企画プラン
もしくは建売などがそれに当たるのかも知れません。

自由設計
フリープラン

自分に合った自分だけのお住まいが手に入りそうです。
しかし本当にそうでしょうか?

あなたは自由設計の場合、どんなお住まいを設計者に依頼しますか?

例えば・・・
リビングは広いのがいい。
ウッドデッキにつながってて、休日にはバーベキューをしたい。
キッチンは対面キッチンにしたい。
和室はあった方が良いかな?
収納は多い方が良い。
2階には寝室。
あと子供部屋は二つ。
トイレは1階にも2階にも欲しい。
お風呂は1坪タイプでいい。
洗面はツーボールが夢。

こんな感じでしょうか?

この情報をプランニングしたところで、対して差のない普通のプランになってしまいます。
と言うのも上記の情報は、単に与条件に過ぎないからです。

LDKは広めだから24帖ぐらい
子供部屋は6帖が2部屋
こんな風に与条件の組み合わせで出来るプランは、自由設計やフリープランと言っても、そんなに大差のないプランになるのがオチです。

では、どうすれば(どの様に設計者に伝えれば)自分たち家族にあった自分たちだけのプランになるでしょうか?

少し考えてみてください。

つ づ く

(自由設計って本当に自由?:その2では、自分たちに合った自分だけのプランの依頼方法をお伝えします)

ファサード(外観)の役割って、どんな事を思い付かれますか?

まさに家の顔なので、お住まいのイメージを決定付ける役割。
訪れる方々を出迎える役割。
街並みを形成する、なんて役割もあるかも知れませんね!

今回ご紹介するのは「優律の家」です。

ファサードは、全体的なイメージとしてはシンプルなイメージを受けますが、ヒューマンスケール的には(実際にお邪魔したエントランス周りの印象では)エレガントなイメージも受けます。

「優律の家」のファサード(の役割)は、街並みを考えた時、シンプルに主張を抑えた事で、どんな風に街並みが変化しても(新しく家が建っても)それほど違和感を持たれる事なく、溶け込んで存在できる様に。

また、家の顔の役割として、エレガントなイメージをほのかに漂わせ、訪れた方へ室内の雰囲気を予感させる役割も付加しました。

その予感というのが、エレガンスなエッセンスです。
玄関に入ってから、またリビングに入ってからなども、エレガンスなエッセンスを感じさせるディテール(部分)が各所に散りばめられています。
内部空間も外観同様、基本的にはシンプルなので、そのシンプルなディテールがキャンパスの役割を果たし、家全体がエレガンスな雰囲気をか持ち出しているかのような錯覚に陥ります。

つまり、エレガンスなお住まいとの印象になるのです。

玄関を入ると真正面に大きなFIX窓(開かない窓)があり、奥にウッドデッキが見えます。
そのウッドデッキにはブラインドアーチ(くぐれないアーチ)の壁があります。
外観のアーチと関連付けています。

リビングに入るためのドアもエレガンスな雰囲気を出しています。

下足箱もエレガンスな雰囲気を思わす形状になっています。
あとはカウンター上部に、バラのフラワーアレンジメントなどを置いたり、壁にエレガンスさを感じさせる絵画やポスターを飾ったりすると、さらにグレードアップが図れます。

家具などをFIX窓の前に置くのも、雰囲気を演出するのにとても良いですね!

今日は「優律の家」を例に、ファサードの役割や空間の雰囲気の作り方などをご紹介しました。

間接照明のように、直射日光も壁に乱反射させたりして間接的に(天空光)取り入れると、落ち着きのある空間になります。

白い外壁部分は、南側からの直射日光の反射量を増やして、多くの光を下にありLDKに繋がるパティオ(中庭)をやわらかい光で満たす為です。

隣家の影になってしまうハズだった1階にあるLDK。
そのLDKに、プライベート性と明るさの確保の両立を実現したのが「伸遊の家」です。

では、実際のLDKはどんな雰囲気に仕上がっているか。
↓下写真をご覧ください。

天空光に包まれた「伸遊の家」のLDKは、直射日光が入り込むLDKとは違い、明暗の差が少ない落ち着きのある空間になっています。

ちなみ、直射日光の差し込むLDKは↓下写真の感じです。

外部空間を思わせる元気なイメージがありますが、明暗の差があり、天空光の雰囲気とは異なる事がお分かりいただけましたでしょうか?

光をコントロールする事で空間のイメージが大きく左右されます。
情報の約8割が視覚からの情報。
それらは全て光(視覚は光)ですから、当然ですね!

↑上写真は「伸遊の家」のパティオ(中庭)です。
壁・床とも白っぽい色で、日光を反射しやすさを意図しています。
マットな素材にすると、更に乱反射を望め、天空光をつくりだせます。

カタチや色、素材感などを選ぶ際、「好み」を反映させる事は当然ですが、そこに意味を加える事で、更に「好み」の空間イメージに近付ける事が出来ます。

情報の8割が視覚情報(光)。
じょうずにその情報をコントロールして、理想の空間や雰囲気を実現してくださいね!

ブログのトップ
古い記事