エクリュブログ

断熱

熱交換気システム

2016年12月7日  /  (仮称) 松本の家  断熱  

いよいよ天井裏の工事が始まりました。
熱交換気システムの設置です。

熱交換気システムは、ロスナイとも呼ばれますが、 冷暖房の熱エネルギーを排出せずに換気のみを行う換気扇のシステムです。
室内と屋外の熱のロスをできる限り防ぎ、年間を通して室内の環境(温度や湿度)を快適に保つためのシステムです。

年間の冷暖房のコストを低減する目的と、フィルターで外気の汚れた空気が室内へ侵入するのを防ぐ役割があります。

木造住宅の天井裏も、現代ではこのように太いダクト(配管)が、まるで宇宙船の艦内ように、縦横無尽に張り巡らされているんですね!

(仮称)松本の家に床暖房のパネルが敷きこまれました。
これぐらいの時期になると、床暖房がとても心地いいです。
弊社の1階にも、床暖房が敷設されています。
おかげさまで快適にお仕事をさせていただいています。
弊社にお越しの際は、スリッパや靴下を脱いで素足でクリの無垢材と床暖の温もりを楽しんでみて下さい(笑)。

最近、弊社にお越しになられるお客様のご希望・ご要望に、断熱性能を高めたいとのお声をよく聞くようになりました。
ちょっと前までは、寒くないお家がいいなどのご希望をいただきましたが、断熱性能を高めたいと言われるようになったのには、とても重要なポイントがあるのですが、そのポイントとは?!

部屋を温める事は、熱を加え続けさえすれば温まります。
問題はそこではなく、(寒く感じない)快適な空間(部屋)に出来るか?というところがポイントです。

冷たい空気は温かい空気に比べ、比重が重い為、下にたまります。
床から冷たい空気がたまっていき、天井に行くにつれて温かな空気になっていきます。
つまり、足元が冷たく、温かい空気に頭を突っ込んでいる状況になります。

この状態で人はどんな風な感覚を覚えるのか?
そのことが不快に思うので、部屋の床から天井までの空気を出来るだけ均等にする必要があります。

それと、もうひとつ、「断熱性能」にこだわる必要性がある理由のヒント。
ちょっとマニアックですが、風の谷のナウシカのナウシカのセリフにあります。

テパ
風を見るのよ

ほら
目をあけて

鳥になったつもりで

地面の上にはきっと
重い空気の流れがあるから

ホラッ
あそこに見える

のせるよ

ねっ
空気ってはずむでしょう

フフ
ミトがおこってる

以上がそのセリフですが、分かりましたか?
空気ってはずむんです。

最近のエアコンはとても暖房性能もよく、足元を狙って温めてくれます。
でも、空気ってはずむんです。
いくら高性能エアコンが足元を狙っても、足元に重たい(冷たい)空気があると届かずはずんで上に行ってしまいます。

断熱性能の低いお家では、この状況が起こっています。

だから、快適に暖かい空間をつくるには、断熱性能が欠かせないという事になります。

12月4日(日)10時~16時
(仮称)松本の家にて
現場見学会を開催いたします。

ゼロ・エネルギー住宅の基準で建築中の(仮称)松本の家。
お住まいづくりでの失敗を減らすために、この機会をご利用いただけると幸いです。

ドイツドイツ言うな!

2016年10月9日  /  ご提案  断熱  

最近、弊社に来られるお客様の特徴として、断熱性能や構造性能に気を配られる方が増えた事があげられます。

今までも、構造や断熱などの基本性能は、どなたも重要視され、「良い方が良い」と仰るのですが、いざ他の仕様(例えばキッチンなどの水まわりなど)を決める際には、あっという間に弊社の最低基準まで下げられる方が印象として殆どでした。

でもここ最近は、高い基本性能をキープしたまま建てられる方が増えたと言うか、殆どの方が、特に断熱性能を下げる事なく高い性能をキープしたまま建てられています。

2020年基準は、殆どの方がクリアーして建てられています。
(2020年基準とは、国が2020年に設けようと考えている、新築住宅の断熱基準を意味しています)

2020年が後3年数ヶ月に迫った事もその理由でしょう。
しかし、弊社に来られるお客様は、2020年基準にとどまらず、ゼロ・エネルギー住宅など近未来的なかなりのハイスペックを希望される方が急増しています。

そこで今日は断熱のお話を書こうと思います。

断熱材や断熱の方法は、様々な種類があります。

どの断熱材がいいのか?
様々なニーズで変わってくるとは思います。
コストを抑えて、設計性能を確保したい。
気密も確保したい。
経年劣化を抑えて、長く性能をキープしたい。
人体への影響をシッカリ考慮したい。
健康との関係性を重視したい。
などなど、ニーズや考え方、優先順位などでも「良い」の意味は変化します。
どんな事でもそうですが、断熱材や工法を選択される場合も得られるまたは失う、つまり「効果」を出来るだけ知っておくべきだと思います。
メリットだけでなくデメリットも知ってこそ、本来の選択が出来ます。

断熱性能は、光熱費などのランニングコストに影響がある事はよく知られていますが、健康寿命との関係性もあるとの研究結果も発表されたりもしています。

ドイツをはじめとした先進国に近づこうと(追い越そうと?)国も躍起で、住宅の断熱性能を上げ、co2の削減を必死に推し進めようとしています。
研修などに伺うとドイツドイツと言われます。
実際、2020年基準はドイツの最低基準だそうです。
しかし断熱性能を上げる事は、地球や国家の為だけでなく、むしろそこに暮らす方々のメリットになる事が大きいと仰っている大学教授や研究者もおられます。
「ドイツドイツ言うな!」
もっとそこに暮らす方々に目を向けようとの動きをされ、研究をされておられる先生方も。

そう言った情報も入手する事で、本来のニーズが明確になってくる事もあるので、情報は貪欲に入手される事をオススメします。

弊社としましても、出来るだけここ(弊社のウェブサイト)から、皆様に情報をご提供出来ればと考えています。
また、ブログなど、読んでいただければ幸いです(笑)。

ブログのトップ