ブログ

「実績紹介記事」の記事一覧

「KOBE PREMIUM Night」

2018年9月22日 / アート 安穏の家 遊び心の家 社屋

昨日は強引に午前中で仕事を終え、大切な方に以前からご招待いただいていた「神戸プレミアムナイト」にお施主様と一緒にとんぼ返りで行って来ました。

「神戸プレミアムナイト」はファッションショーです。
神戸コレクションよりはもう少しアッパー層を狙っているとのお話通り、来場者は少し落ち着いた年齢層の方々が目立ちました。

ご用意いただいた僕らの席は、C-1-1
ランウェイ直ぐ傍の一番前の席。
自分のお店で売り出す新作を探しに来られている方々が、前の席を一生懸命確保される中、チョット恐縮ですが、大切な友人に本当に感謝です。

神戸は北野。
しかも人気高い北野クラブソラでこんなファッションショーにご招待いただけるのは、本当に有り難い事で、おかげさまでとても楽しい夜でした。

ドレスコードもあって、お洒落して出かけるのも良いですね!

服もさる事ながら、ショーの間に行ったライブも良かった。
フランス語の歌詞の流れる様な音に、ウッドベースの低音がアクセント付けになっていて、ライブもカッコよかったです。

「神戸プレミアムナイト」
豪華なビュッフェも捨て難かったのですが・・・
せっかく北野に来たので美味しいお店に行きたくてご紹介いただいたお店が、海鮮イタリアンのお店「TRATTORIA VIVO」へ行きました。

北野らしい異国情緒漂う雰囲気のお店で、温泉好きのシェフが旬の食材を教えてくださり、それを料理していただきました。

アンティパストからカルパッチョやアクアパッツァ、パスタやリゾット、ドルチェまで、本当に美味しかったです。

魚貝類が本当に美味しく、でも最後のリゾットは、ちょうど行きしなにトリュフの話をしていたのでどうしても全員一致で食べたくて、トリュフのリゾットにしてしまいました。

でもこれがまた美味しかったです。
妻は、別腹でいくらでも入ると、訳の分からない事を言い出す程、美味しかったです。

大切な方からのお誘いだったので、予定をおして伺った神戸。
そのおかげで、本当に充実した楽しい豊かな時間をいただく事が出来ました。
本当にありがとうございました!

福井に到着したのは26時。
今日もお仕事だったので急いでお風呂に入って寝ましたが、疲れているはずなのに(妻は直ぐ寝ましたが)僕は興奮が冷めないのか、少しの間、眠れず起きていました。

本当に楽しい豊かな時間をいただきました。
ご招待いただいた方
お付き合いくださったお施主様
仕事をカバーしていただいた方々
本当にありがとうございました!

分厚い理由があるのです。

2018年9月19日 / (仮称)三郎丸の家

今日は(仮称)三郎丸の家のご契約でした。
ありがとうございました!

弊社の契約書。
あまり見た事がない程、分厚い契約書です。

その理由は、原価オープン方式にあります。
どんぶり勘定ではなく、契約内容を明確にすると、当然、ご説明する事も増えますしそれに伴い書類も増えます。
何より、弊社の仕事が増えます(笑)

でも、出来る限り、決してひとつとして同じではないそれぞれの方のニーズをお住まいに落とし込もうと考えると、今のような方法でないと無理だと弊社では考えました。

弊社の仕事が増えると先ほど言いましたが、お施主様の検討事項も増えます。
つまり、悩みも増える。
でも、その悩みを、弊社と一緒にひとつずつ解決して積み上げ、お施主様のニーズで出来たお住まいにしていければと考えています。
それが契約書が分厚い理由です。

お施主様もここまで来るのに沢山お時間をいただき、ご検討いただいたので、今日の日を迎えられたのは想いも一入(ひとしお)。
記念撮影をされていました!(笑)

とは言え、今日はゴールではなく、云わばスタート。
まぁ、ゴールなんてないんですけどね!

これからも末永く、よろしくお願い致します!
本日はありがとうございました!!

窓の高さ30cm差の意味

2018年9月15日 / (仮称)三郎丸のリフォーム

今日お休みのところお時間を朝からお時間をいただき、(仮称)三郎丸のリフォームの打合せを行いました。
(仮称)三郎丸のリフォームは、築15年になるお住まいの屋根や外壁のやり替えと、外構やLDKなどのリニューアルを行う工事で、今回は見積りの打合せを行いました。

その中で、窓のお話になりました。

窓は光や風を取り込むと同時に、景色を取り込んだり空間の広がりを演出したりと、様々な役割があります。
そこで、あの「魯山人寓居跡いろは草庵」の話になりました。

どうして、北側の窓と東側の窓とでは30cmのズレがあるのか?
その理由と思われる事をお話しました。

上の地図は、「魯山人寓居跡いろは草庵」のある場所の地図です。
北側(地図上方向)には、山代温泉街が広がっています。
また、「魯山人寓居跡いろは草庵」がある場所はその温泉街より少し高い位置になり、温泉街へは北へ坂を下っていく感じになります。

一方、「魯山人寓居跡いろは草庵」の東側は縁で、そこから斜面地(山)になります。
断層崖かな?と思われる程、一気に隆起したような地形になっています。

解りにくいですが・・・
上写真の左側が「魯山人寓居跡いろは草庵」。
右側に石積みがあり、急斜面地となっているのが見て取れるかと思います。
上写真のように、建物と崖の間に路地があります。

つまり30cmの窓の高さのズレは、こういう事だと予測されます。

「北の眺望、南の日照」という言葉がありますが、北側の30cm上がった方の窓は、湯けむりが立ち上る温泉街を見渡す事が出来る窓だったと考えられます。
座った状態で遠くまで見渡せるように、窓の高さが高めに設置されています。

一方、東側は断層崖と建物の間の路地を行き交う人々を見る事が出来るように、低めに窓を設置したのだと考えられます。

もうひとつカッコイイのは、外観からはその窓の高さの違いが解りにくい様に、煤竹の縦格子の高さをそろえてあるところです。

デザインは見た目ではなく、意味が込められてこそデザインです。

(仮称)三郎丸のリフォーム。
今日は減額のご提案をさせていただいたのですが、単に金額を下げるだけで見た目や機能が落ちてしまうのでは、チョット残念。
そこで、新たな価値を生み出せるような減額案をご提案するのに、「魯山人寓居跡いろは草庵」の窓の配置をご説明させていただきました。

福井発プロダクト

2018年9月8日 / 社屋

大阪で仕事をしていた時、僕は芦屋のマンションディベロッパー、アーバンライフグループで、分譲マンションの設計をしていました。
その創業者のご長男が友人で、今日は大阪から。

またフランスはパリでギャラリーを開設され、日本の文化をお伝えされている友人。

福井のプロダクトをご紹介・ご案内された方々が、弊社(株式会社エクリュ)にお越しいただきました!

本当に久しぶりにお会い出来て、とても嬉しかったです。

懐かしい話。
新しい話。
意外な話。
色んな話が出来て、本当に楽しかったです。

今度はパリでお会い出来ると嬉しいな!

J’aime ça – Faire cuire(お好み焼き)

2018年9月6日 / 遊び心の家

今日は思わぬお客様が、我が家(遊び心の家)にお越しになり、本当に楽しい夜になりました!

そのお客様とは、フランスはパリからお越しのフィリップさん。

フィリップさんはパリでギャラリーをされておられる方です。

パリのギャラリーで日本のプロダクトや商品、アートなどをご紹介されています。

この度は福井県や岐阜県のプロダクトなどを探しに来られ、我が家には、ついでに会いに寄っていただきました。

今日は日本の庶民文化に親しんでいただこうと晩御飯は何とお好み焼き!
妻の実家伝来の作り方でのお好み焼きを一緒に焼いて食べました。

とても喜んでいただき本当に良かったです(笑)

いやぁ〜、楽しかった!

2018年9月1日 / 卓色の家

今日はかねてからご招待していただいていた「卓色の家」にての食事会に伺いました。

「卓色の家」は多くの仲間が集まる家呑み会に対応した。 また、ご家族での日常も豊かにしてくれるよう、ハレとケの両立を検討したお住まいです。

先日も10人程度のお客様をお迎えした食事会・家呑み会の風景が、お施主様のInstagramにアップされており、検討通りの使われ方を楽しんでいただいている事に安心して写真を見せていただいておりました。

この度は、僕と妻とお招きにあずかり、お伺いさせていただきました。

「卓色の家」の真髄は日本酒をいただくところにもあるのですが、僕はアルコールがダメなので、この度はお施主様ご夫婦が腕によりをかけていただいた料理をいただきました。

お住まいづくりの時もそうだったのですが、奥様は図書館に行かれて本を借りて来られます。

お住まいづくりの際には、たくさんお住まいの本を借りて来られ研究されていました(ちなみに弊社でも本の貸し出しを行なっております)。

今日、お伺いすると、お家にはおもてなしの料理の本を借りて来られていました。
その中のいくつかの料理を参考に作っていただきました。
どれもキレイで美味しい料理の数々。

とても美味しくいただき、またお住まいづくりの際の思い出話や色々なお話に花が咲きました。

お昼に伺ってスタートした食事会でしたが、気がつくと夕飯時!
あまりの楽しさと居心地の良さに甘えて、思わず長居してしまいました。

今日はご家族あげての様々なおもてなしを本当にありがとうございました!

家に着く頃には、スッカリ夕焼け空。

おかげさまで今日は本当に楽しい1日を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました!

ウメーッシュ!

2018年8月18日 / 遊び心の家

藤島神社の梅の木
その梅で作った梅酒を昨日いただきました。

いつもありがとうございます!

アルコールがダメなので、でも有り難く少しずつ(酔っ払らわない程度に)大切にいただきます(笑)

ルーフテラスの使い方。

2018年8月16日 / 遊び心の家

お盆休みを利用して、大阪から弟家族が福井に遊びに来てくれました。
小学生の姪っ子は、我が家の子供たち(いとこ)と遊ぶのが楽しみで福井に来てくれるのですが、我が子たちは、地元の友達との時間が大事で、せっかく大阪からいとこが遊びに来てくれているのに遊びに出て家にいません。

そこで姪っ子と作戦を練りました。
きっと僕らが楽しそうにしていれば、友達を優先していた子供たちも家に帰って来るはず。
楽しい事を考えよう!

そこで考えたのが「流しそうめん」

作図して必要な備品を書き出したり、そうめん以外に流して食べたい物を書き上げたり、計画をシッカリたてていざ買い物へ!

姪っ子は、人生初めてのホームセンターへ。
確かにホームセンターって郊外にしか無いかも?
東急ハンズなら街中にもあるけど、ホームセンターは見た事が無いです。

ホームセンターでは、3.6Mの雨どいと縛る為の紐を買いました。
移動してヤスブンでそうめん以外の流す物を購入。

雨どいは食器用洗剤でキレイに洗い、脚立に縛り付け流しそうめんのステージ施工完了!

そうめんは、子供が務めている三輪素麺の老舗「池利」のそうめんを使用。
とても贅沢な流しそうめんです!

全ての準備が整い、いよいよそうめんを流しました。
姪っ子はもちろん、みんな楽しそうにそうめんを箸ですくいます。

あっという間に用意していたそうめんが完売。
デザートにブドウやゼリーも流しました。

お腹もいっぱいになりそうな頃、突然の稲妻。
カミナリが大きな音をたてました。

慌ててダイニングに食事の場を移動。
しばらくすると激しい雨がルーフテラスを叩きつけました。
ギリギリセーフ!
流しそうめんのステージだった雨どいは、本来の役割に戻りました。

むしろリフォームは、最適化出来る。

2018年8月10日 / (仮称)三郎丸のリフォーム

今日は(仮称)三郎丸のリフォームの打合せを、19時より会社で行いました。

(仮称)三郎丸のリフォームは、弊社では久しぶりの他社さんが建てられたお住まいのリフォームです。

弊社は原価オープンの見積り方式を取っている事もあり、リフォームをお請けするにはいくつかの制限(条件)があります。
(詳しくはお問合せください)

その制限(条件)をご了承いただき、今回、弊社でリフォームをしていただく事になりました。
ありがとうございます。

弊社は新築時、お住まいになられる方々の日常を把握させていただき、最適化したお住まいのご提案をさせていただいています。
例えば、キッチンでの家事のクセなどを見極め、その方にとっての使いやすさをご提案したり、お持ちの物の量などを把握して、使い勝手の良い、また片付けやすい収納をご提案させていただいたりしています。

大手の会社さんなどで建てられた方は、その方の使い勝手と言うよりはオーディエンスからの情報をプランニングの材料にされているからでしょうか?
今回、(仮称)三郎丸のリフォームのお宅におじゃました時、お施主様にとっては使い勝手が悪そうに感じる点がいくつか感じられました。

しかし、15年以上も住まれているお住まい。
住まれている方にとっては、すっかり日常の空間なので、不便さすら感じられていない(慣れておられます)。

でも再構築を検討して最適化すれば、以外に家事の効率は格段にアップして、更に家族団欒が充実したり、自分の時間が持てたりと暮らしを深めたり豊かに出来る隙間が結構ある事を今回知りました。

きっと、新築時の打合せで暮らしを最適化する事に努めてきた弊社だからの着眼点なんだろうと感じ、お力になれるポイントだと感じました。

片付かないお住まいでリフォームをお考えの方や、家事が負担に感じられている方。
リフォームをご検討の際には、是非、弊社にご相談いただければと思います。

「豊臣秀吉」や「ISO」

2018年8月1日 / (仮称)三郎丸の家

今日は(仮称)三郎丸の家の打合せがありました。
今日の打合せの内容は見積りについてです。

弊社の見積りの打合せは、チョット違っています。
弊社は全国で観ても珍しい、原価オープン方式を採用しています。

どうして原価オープン方式を採用しているのか?
ご説明は一言では難しいので、気になった方は弊社にお問合せいただけましたら幸いです。
今日のところはその理由が、「豊臣秀吉」や「ISO」とだけお伝えしておきます。

とにかく、今日は原価オープン方式の見積書にて、打合せをさせていただきました。
今日のような打合せが数回繰り返されます。

価値の最大化具現化を図り、お住まいにお施主様のニーズを出来る限り落とし込みたい。
そんな想いを本日も考えながら打合せをさせていただきました。

過去の記事