ホーム > ブログ > 実績紹介記事 > (仮称) 丸岡町の家

エクリュブログ

(仮称) 丸岡町の家

配筋検査

2017年2月8日  /  (仮称) 丸岡町の家  

(仮称) 丸岡町の家 の配筋工事が終わりました。
配筋とは、建物の土台基礎となるコンクリートを打つための鉄筋の骨組みです。

今日は、JIO(日本住宅保証検査機構)による配筋検査です。
適切な配筋になっているか、強度が確実に保たれる組み方になっているか、など隅々までチェックしていきます。

配筋検査で問題がなければ、次は、コンクリートを流し込みます。
建物の土台基礎となる重要な工事です。

各工程が間違いなく行われているかどうか、寸法は合っているかなど、都度チェックしながら進めていきます。

雪もとけて

2017年1月31日  /  (仮称) 丸岡町の家  

ようやく雪もとけて、 (仮称) 丸岡町の家の地盤改良が完了しました。
でも、まだまだ寒い。
九頭竜川に吹く風が、通り抜けていきます。

次は、建物の土台となる基礎の工事です。
今日は、事前の下見と打ち合わせ。
寒さで顔もこわばります(笑)

今日は地鎮祭を行いました。

地鎮祭とは、家などの建物を建てる際などに、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。

今日は足羽神社の神職をお招きして地鎮祭を行っていただきました。

昨日は台風なのか?と思わせる程の暴風雨で、家がミシミシ音をたてたり、サッシがボンボンなったり、怖くなる程。
(皆さまのお住まいは大丈夫でしたか?)
明日は地鎮祭、大丈夫かなぁと心配になりましたが、おかげさまで地鎮祭を開始する頃になると晴れ間が見られる程で、さすが地鎮祭。
見守っていただけていると感じました。

午後からは、早速発注する材料などの最終承認をいただく為の打合せをさせていただきました。

ご契約いただいた際にご決定いただいていた内容を再確認させていただき、そのまま発注して良いのか、発注前に打合せさせていただきます。
その事で、ギリギリまでニーズを探し続け、選んでいただく為の仕組みです。

打合せは夕方まで続きました。
お時間いただき、ありがとうございました!

今日は(仮称)丸岡町の家のご契約をいただきました。
お施主様は今日もお仕事がある中、ご契約の為にお時間をいただき、17時からのスタートとなりました。

いつもはご契約の後、打合せを行います。
早速、発注をさせていただく部分などのご承認をいただく為です。

しかし今日は遅い時間からのスタートで、打合せをしていたらお子様たちが眠たくなってしまうので、お休み(しかも子供たちの大事な日)に更にお時間・ご理解をいただきありがとうございます。明日に発注承認などの打合せをさせていただく事になりました。

とは言え、明日はお父様が打合せにご参加が難しいとの事で、お父様の部屋などに関係する部分の発注承認など、打合せを少しさせていただきました。

その為、20時頃まで打合せをさせていただきました。
お父様はそこからお仕事に戻られるとの事で、お忙しい中、本当にありがとうございました!

今日は(仮称)丸岡町の家の契約事前打合せでした。
お時間をいただき、契約書を清書する前に、ご契約の内容をざっくりと確認させていただきました。

また、インテリアの打合せもさせていただきました。

家具やカーテンなど、建物が完成しお引越しされてから購入される事にはなりますが、今からイメージされておいた方が、建物との取り合いがうまくいきます。
その為、弊社ではお住まいの計画内容の中に当然、家具なども含めて検討を進めていきます。
今日は、ご契約前に建築でカバーできる事も含めて、インテリアの再検討をさせていただきました。

今日はオーナーズ・WEEKの二日目でした。
今日もおかげさまで多くのオーナー様やお客様にお越しいただき、お昼ご飯を食べ損ねる程の大盛況をいただき、本当にありがとうございます。
また、明日、明後日もお時間よろしければ是非、足をお運びいただけると嬉しいです。

オーナーズ・WEEKの後、遊び心の家にて(仮称)丸岡町の家の打合せがありました。
20時からはじまった打合せ、お子様達にはもう眠たくなる時間帯です。
また、色温度が2000Kの照明、そして床暖房が、より眠気を誘います。

そのおかげもあって(あと、崖の上のポニョのおかげもあって)、打合せ中はおとなしくソファーでくつろいでおられました(笑)。

遅い時間までお付合い、ありがとうございました!

今日は(仮称)丸岡町の家の打合せでした。

新社屋に移転して、早、1ヶ月以上過ぎ、既に何度も打合せをさせていただいています。
しかし今日はそんな中でも、最も理想的な新社屋の使い方をしてくれてる姿に、思わず打合せ中にも関わらずシャッターを切りました。

それが上写真。
まるで自分ちのリビングでの写真のようです(笑)。

新社屋に移転したコンセプトは、エクリュに関わりをもっていただいている方々の為のカフェやサロン、ライブラリなどとして利用していただきたいとの思いにあります。

それを実現してくれた、今日の一枚の写真です。

かと思えば、ご主人が出張との事で駅までお送りになられた(仮称)松本の家のお施主様(奥様)が、ぷら〜っと遊びに来てくれました。

お茶を飲みながら、結構遅くなるまでお家への想いをお話しました。

今日は新社屋に移転して、何だか理想にすごく近づいた活用の仕方をしていただけた嬉しい日でした。

打合せ中にお越しいただいた知合いの畳屋さんが、ご遠慮されて出直されたのは、ひとつ申し訳無かったのですが、それでも、気軽に足をお運びいただけてとても嬉しかったです。

新社屋に移転したコンセプト。
それは、エクリュに関わりをもっていただいている方々が、思い思いにご利用いただく事にあります。
その為には気軽に足をお運びいただく事が、先ず必要です。

今日はコンセプト通りの方向性を感じたとても嬉しい日でした(笑)。

(仮称)丸岡町の家は、現在、仕様調整・EVなどを行っています。
今日は、住宅設備など(キッチンやお風呂など)のショールームにて、再度、仕様の見直しをしていただきました。

お子様にも、再度、選ばれた仕様の体感をしていただきました(笑)。

皆さま、今日はお時間、ご協力いただき、ありがとうございました!

今日は新社屋に移転してお施主様との打合せとしては2回目の打合せを行いました。

先ずは、社屋をご案内。
新社屋に移転した意図などをお伝えいたしました。

今日は(仮称)丸岡町の家の初回の見積りに関する打合せでした。

当初、プランニング段階(基本設計段階)の打合せは、概算による打合せを進めていきます。
概算とは言え、弊社は工務店ですから原価意識が比較的高いため、いい加減な数字(金額)でお話をさせていただいているわけではありません。
しかし、あくまでも概算。
坪単価などを駆使して実際の金額に近付けたに過ぎません。
その為、見積りが上がってくる時は、いつも緊張します。
今回も、予定の範囲を大きく外さない、想定範囲内の見積金額で少し安心しました。
しかし、見積り直前に仕様をアップした分は、仕様を下げる必要があり・・・
次回からは、減額案をご提案しながら仕様の調整を図っていく事になりました。

今日はお施主様の打合せとしては2回目。
(今回は写真を撮るのを忘れませんでした:笑)

まだまだ整ってはいない新社屋で、ちょっと落ち着きのない感じの中での打合せとなってしまっていましたら、ごめんなさい。。。
更に落ち着いた雰囲気の中で打合せが出来るように、明日も協力会社さんと打合せがあります。

見積図書

2016年8月27日  /  (仮称) 丸岡町の家  

今日は、(仮称)丸岡町jの家の打合せでした。
娘さんは、いつも弊社に来られると、写真のように自分のアトリエをつくり、そこで絵を描きます。
今日は、服に顔がある不思議な絵とアンパンマンを熱心に描いていました。

今日の打合せは見積図書のご確認でした。
前回のカラースキームの打合せの際に決まった方向性のサンプル材もご確認いただきました。

見積図書は30枚ほどの図面集で、見積りをする為の図面です。
それら1枚1枚をご説明させていただき、見積りの方向性などを打合せさせていただきます。

お時間はかなり長時間いただきます。
今回は10~17時までいただきました。
ご協力、本当にありがとうございました。

アンパンマン。
上手に描けました!

ブログのトップ
古い記事
ホーム > ブログ > 実績紹介記事 > (仮称) 丸岡町の家