ブログ

「賢分の家」の記事一覧

クロスの貼り分け。

2016年5月31日 / 賢分の家

内装工事が進んできた(仮称)天池の家。
スタディーコーナーの壁貼り分けクロスが貼りあがっていました。
ここの部分は、オーナー様がかなり悩まれて選ばれたクロスの貼り分けです。
その甲斐あって、とても良い空気感を出していました。

ある意味では、クロスの貼り分けは、空間をつなげていく事に逆行します。
ですので、つながりを持たせたプランなどの場合、急遽、貼り分けしたいと思っても、縁が切れないなどうまく行かない場合があります。
つまり、プランニングの段階から、どことどこの空間をつなげて、どの空間を切るのかを考えた上で、形状やクロスの貼り分けなど、色彩、テクスチャー・マテリアルを決める必要があります。

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)など、省エネルギー設計が求めらえる現在の住宅では、いくらでも広くして、冷暖房すれば良い訳ではなく、上手に空間を間仕切ったり、それでいて閉塞感を感じないつながりなど、様々な工夫が必要となってきています。
そんな中、クロスを含めた仕上げの役割も、また重要な役割や影響があると思います。
基本設計の段階から、仕上のイメージをしておく必要性を感じます。

(仮称)天池の家は、まもなく、キッチンなどの器具が搬入、設置されます。

ファサード。

2016年5月24日 / 賢分の家

今日は(仮称)天池の家の足場が撤去されました。

足場が撤去されると、お住まいの外観(ファサード)がはっきり見えるようになり、とてもワクワクします。

当たり前ですが、模型の通りで、嬉しくなります(笑)。

沢山の積み重ねの最終。

2016年5月8日 / 社屋 賢分の家

今日は(仮称)天池の家の仕上げ材の最終打合せでした。

今日でお住まいに使う全ての材料をご決定いただきました。
つまり、全ての打合せを終了致しました。

長期にわたり沢山のお時間、ご検討をいただき、ありがとうございました!

お引渡しまでお会い出来るのは、もうあまりありません。
でも本当は、お引渡しをさせていただいてからのお付き合いの方が、永く続きます。
今日は打合せの中でそんなお話をさせていただきました。

現在、建設中の(仮称)左内町の家の意図をお伝えし、ずっとお手伝いさせていただけると嬉しいとの想いをお伝えしました。

(仮称)天池の家のお施主様も、(仮称)左内町の家にとても期待していただきました。
本当に嬉しいです。

また、今日は金津創作の森にて「森のアートフェスタ」が開催されており、大学時代からの友人が出店している事もあり、作家さんや食器などのご紹介もさせていただきました。

そして今日は、母の日。
コーヒー好きのお母様との事で、豆を販売されているお店や、そのお店の豆の特徴、美味しいコーヒーの淹れ方などをお話しました。
母の日のプレゼントにコーヒー豆をおくられるそうです。
ステキなプレゼントですね!(笑)

物事はいつも、総合的要因からなる。

2016年4月30日 / 賢分の家

今日は現場にて、(仮称)天池の家の打合せを行いました。

先日、大工さんの工事が終わり、GW明けからは仕上げ工事がスタートします。
そこで仕上げ材の最終承認をいただく為に、現場にて打合せを行いました。

仕上げ材は色合いや素材感などが、空間のイメージを決まる意味でとても重要ですが、それらは単独では無く、組合せや複雑な要因が重なりあってイメージなどがカタチづくられます。

複雑な要因のひとつに、環境があります。

窓から見える景色との対比や、窓から射し込む光の影響などもそれにあたります。
だから最終段階の仕上げ材の選定などは、出来るだけ現地で決めていただく様にしています。

今日は(仮称)天池の家のクロスや塗装仕上げなどを、現場にて決めていただきました。

皆さまのご理解・ご協力のもと。

2016年3月11日 / 平景の家 面遊の家 賢分の家

昨日、撮影を終え、朝一番に家具搬出。
お引渡までの時間、残りの工事を急ぐ平景の家です。

今日は、外構工事を行ってします。

次に(仮称)森田の家に行きました。

仕上工事の真っ最中の(仮称)森田の家。
どの現場もそうですが、工程は楽ではなく・・・なんとか皆さんのご協力のもと可能にしているスケジュールです。
またそれを可能にしているのはルールや決まりです。

予約が後にも続き、待っていただいた有難い方々もおられる中、スケジュールの変更は難しい状況にあります。
その範囲の中で、ご理解ご協力をいただけるのは、本当にありがたいです。

最後に(仮称)天池の家です。

先日建て方を終え、段取りが急ピッチで進んでいます。
今日は金物の打合せなどを行いました。

中々現場に伺えず、皆さまのご理解・ご協力のもと進めさせていただいています。
本当にありがとうございます。

建て方時の発注承認。

2016年3月8日 / 賢分の家

今日は(仮称)天池の家の建て方でした。

実は先週(3月1日)に建て方の予定でしたが、2月29日の夜からの驚くほど速く積もる雪の影響で延期し、本日、建て方をすることになりました。

今日は比較的天気にも恵まれ、皆さまのおかげさまでスムーズに工事を進めることが出来ました。
ありがとうございました。

建て方時にいつもさせていただいている打合せもスムーズに進めることが出来ました。
ありがとうございます。

(仮称)天池の家。
断熱性能がよく、ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)にも設備を設ければ可能です。
今日は、電気工事関係の発注承認をいただく為の打合せを行いました。
その中で、ZEHを意識した仕様に変更しておくかを話し合いました。

例えば分電盤(ブレーカー)。
ZEHやスマートハウスを考えると、従来の分電盤より、対応可能な分電盤にしておくことも考えるべきポイントです。

そのように、中長期的な視野も検討に含め、電気設備工事関係の仕様などを決めていきました。
換気扇などはACモーターからDCモーターへの変更など、省エネを意識された変更もありました。

(仮称)天池の家。
今日は建て方でした。
ここからどんどん目に見えて現場が進行していきます。
とても楽しみです(笑)。

延期。

2016年3月1日 / 賢分の家

今日は本当は建て方でした。

しかし、昨日の夜にすごい勢いで積もる雪で、中止にしました。
多くの方々にご迷惑をおかけしました。
ごめんなさい。。。

一日明けて今日、微妙な天気。。。
でも、ご迷惑をかけしましたが、延期して正解だったと思います。

3月8日(火)建て方の予定です。
今度は天気に恵まれますように!!

ほのかに。

2016年2月12日 / 面遊の家 賢分の家

今日は(仮称)森田の家の仕上材など最終打合せを行いました。

今日の現場は天気も良く、雨樋の施工真っ最中でした。
前回まで無垢のままの木目が見えていた派風板や鼻隠しは、外壁と同じ色に塗られていて、また違ったファサード(外観)の雰囲気になっていました。

前回の打合せで、ほとんどの部分の仕上材を決めていただいたのですが、ホビールーム周辺などと、2階のトイレの一部の壁を残していました。
今日は、その残っている部分を決定いただきました。

無彩色のグレーと有彩色のグレートーンの壁紙で迷われていました。

無彩色は主張が少なく、クールなイメージだったり上品な雰囲気が出たりします。
それに対して有彩色のグレートーンは、そこに色彩が加わる分、色彩自体の主張が滲み出します。

日陰の部分でも、違ったイメージで見えてくるので、貼る場所を変更して、検討。

イメージマップからのおススメは有彩色のグレートーンでした。
(仮称)森田の家のイメージマップには、シンプルな形状の中にどこかやさしさを感じられるようなイメージがありました。
無彩色だとシンプルではありますが、冷たい感じも感じられてしまい、やさしさの部分の表現が不足してしまいます。
有彩色のグレートーンを使うことで、無彩色のグレーよりはほのかにやさしさを滲み出す事が可能になるので、有彩色、グレートーンがおススメでした。

結果、ブックラックもとてもいい雰囲気です(笑)。

(仮称)森田の家の打合せの後、基礎が完成した(仮称)天池の家の現場に行きました。

来月には建て方です!

どうぞお護り下さい。

2016年1月29日 / 賢分の家

地盤改良工事が完了し、整地を終えた(仮称)天池の家。

先日の地鎮祭の時にいただいた、鎮め物を建物の重心付近に埋めて来ました。
「どうぞ、お住まいやご家族をお護り下さい。」

次は、防湿シートを引いて配筋を行います。

現場で伝わる、みんなの頑張り。

2016年1月21日 / 平景の家 面遊の家 賢分の家

今日は平景の家の照明器具取付け位置などの確認を、現場にて行いました。

下地の関係や様々な要因から、図面からの微調整が必要な個所が発生する事があります。
先に入って墨出ししてくれた電気工事会社の協力会社さんも、すごく悩んだ跡が天井などに残っていました。

今回、その悩みへの決定をお伝えするために、僕も天井に墨出ししてきました。

平景の家から見る今日の日本海は、昨日ほどではありませんが、白波がたってうねっていました。
それもまた美しい。

お昼ご飯を食べる暇もなく、(仮称)天池の家、(仮称)森田の家へ行ってきました。

(仮称)天池の家は、地盤改良工事が完了したところです。
地盤改良工事とは、お住まいが建つにはやわらかすぎる地面を、お住まいが建っても問題が無いよう、頑丈にするための工事です。
地名が水に関係すると、たいがいかなり軟弱な地盤の場合が多いのですが・・・
今回、「池」が地名に入っていて、やはり支持層が深い位置にあり・・・柱状改良という方法の地盤改良工事を行いました。

(仮称)森田の家は、間もなく大工さんの工事が完了します。
今日は現場でウッドデッキの施工の仕方などを打合せしました。
会社に戻って、打合せした内容を施工図におこします!

最後に、協力会社さんへ向かいました。
っとその前に、、、ずっと休憩もせずここまで来たので、ちょっと休憩。
甘いものでも(笑)。

でもやっぱりここでも仕事の打合せ。
頑張ります(笑)。

協力会社さんのところでは、今日、現場を観てきたことなどご報告。
また、会社の運営など、色々なお話をさせていただき、仕事ながらとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

さぁ、戻って施工図を描かないと!!

過去の記事