エクリュブログ

皆時の家

お引渡しでした。

2017年8月9日  /  皆時の家  

工事中に植えられたイネが、すっかり育っていました。

今日は「皆時の家」のお引渡しでした。

今日はカワイイ姉妹(お子様たち)には会えず、残念。
また、たくさんお時間をいただき、打合せをさせていただいたオーナー様とも、今までの様に頻繁にお会いする事はなくなると思うと、少し淋しい感じもします。

でも、弊社にはオーナーズ・サロンがありますし、未だ家具の打合せも残っています。

「時々、会社に顔を出します。」
そう言っていただきました。
そうしていただけると、本当に嬉しいです。

皆様のおかげをもちまして、本日、無事にお引渡しが出来ました事、深く感謝を致します。

また、たくさんのお時間をいただき、一緒にお住まいづくりに向き合っていただいたオーナー様や皆様、本当にありがとうございました!

今後とも弊社を、よろしくお願い致します。

お施主様をはじめ皆様のおかげで、二週にわたって開催させていただいた「皆時の家」内覧会。
本日、無事終えることができました。
ありがとうございます。

今回の内覧会も多くの方々にお会いでき、とても楽しく嬉しかったです。
少しでも皆様にとって有益な情報をお届けできていれば嬉しいです。

今後とも株式会社エクリュをよろしくお願い致します。

お施主様のご厚意のもと、7月8日から開催していました「皆時の家」特別内覧会。
おかげさまで昨日、無事、終える事が出来ました。
今回も、多くの方々のおかげをもちまして、とても充実した内覧会となりました。
ありがとうございました。

また、今週末、7月15日(土)・16日(日)17日(月・祝)「皆時の家」完成内覧会を開催させていただきます。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
「皆時の家」完成内覧会について、詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://www.ecru-arc.co.jp/works/minatoki/

今日は七夕ですね。
福井は良い天気に恵まれ、今宵は夜空を見上げて🌌星に願いを届けられそうです。
皆さまは、もう願い事を決められましたか?

さて、いよいよ明日から、お施主様のご厚意のもと「皆時の家」内覧会がスタートします。

「皆時の家」はご家族や親族との時間を、過ごす為のお住まいです。
その名の通り、皆んなと同じ時間を同じ空間で過ごす事がテーマです。

決して同じ様に過ごす事を強要せず、各々がそれぞれを楽しんで、でも近くに感じられる空間を考えました。

ふんわりとしたご家族の時間を想像しながら観ていただくと、日常が観えてくると思います。

是非、ご体感ください。

詳しくはコチラ↓↓↓

皆時の家

星に願いを・・・
「たくさんの方々が内覧会会場へお越しになり、少しでも皆さまの住まいづくりにお役立てできます様に!」

「皆時の家」のとある一場面。

家族が多いと、それはそれで大変なこともあります。
でも、家族が多いことは、とてもステキなことでもあります。

先日、足場がなくなって外観がはっきり見えるようになった(仮称)丸岡町の家。
いつもは接道側(ファサード側)からばかり外観をみているのですが、今日は裏側からの外観も写真におさめました。

(仮称)丸岡町の家は調整区域との境に敷地があり、北側にはしばらくは建物が建つことはありません。
ですので、北側(建物の裏側)の外観をみられる可能性がとても高いです。

そこで、北側の外観も、お施主様と検討を重ねました。

その甲斐あって、北側からみる(仮称)丸岡町の家も外観も、とても良い感じです。
ファサード(正面の外観)と同様、黒いベースに一部、木質調の部分がみられます。
また、これもファサード同様、窓から抜ける先の見え方が、建物を印象付けています。
窓越しにみえる部分までをデザインしてあるのが、(仮称)丸岡町の家のポイントのひとつです。

(仮称)丸岡町の家は、現在、仕上工事の真っ最中。
7月中頃にはお施主様のご厚意のもと、内覧会も予定しています。

これは(仮称)丸岡町の家の立面図です。
よく見ると、立面図の壁に何か四角いマークがあります。
これは、表札を表しています。

表札の見え方は、建物のファサードに影響があります。
表札の見え方で、さらにファサードを印象的にもできます。
そこで、ご希望があればプランニングの段階から、表札の形状や位置も打合せさせていただいています。

今日は現場にて、数パターンの表札を、実際の工事中の建物に合わせてみて、イメージの微調整を行いました。
おかげさまで、とてもいい雰囲気のファサードになりそうです!

ファサードというと、(仮称)丸岡町の家では、外観だけではなく、窓から見える内部の色合いなどまで、外観に合わせてコーディネートしています。

例えば、1Fの玄関にある大きなFIX窓(開かない窓)の奥に見える、シューズインクロークの壁の色。
2FのFIX窓はリビングからルーフテラスまで内外に続く大きな壁を外観から見ることができます。
夜にはこの壁が強調されるような照明計画になっていたりもします。

このように、立面図だけでは見ることができない、総合的・立体的なファサードのイメージも(仮称)丸岡町の家でも検討しました。

今日はゴールデンウィーク明けの初仕事でした。

初仕事は、午前中が(仮称)大溝の家の打合せ、午後からは(仮称)丸岡町の家の打合せでした。

(仮称)大溝の家は、プランニングなどの打合せ。
収納部分の図面(展開図)をご覧いただきながら、収納物の収め方などをイメージしていただいたり、照明計画をプレゼンボードなどをご覧いただきながらイメージしていただいたりしました。

限られた時間の中で、出来るだけ詳しく選択していただければと、時間をおして打合せをさせていただきました。

(仮称)大溝の家の打合せが終わるなや否や、現場に向かい(仮称)丸岡町の家の打合せ。

(仮称)丸岡町の家の打合せは、最終の打合せ。
最終の発注承認の打合せを行いました。

前回、殆どご決定いただいたので、今日は残りの保留事項を決めていただきました。

保留になっていたポイントは、かなり重要なポイントで、(仮称)丸岡町の家の見せ場である3ヶ所、玄関・階段・ダイニングキッチンのイメージを決定付ける仕上げの色などを決めていただきました。

現場でご検討いただき、ご決定いただいた今回の色などは、イメージマップ通りでとても良い雰囲気になりそうで、仕上がりがとても楽しみです。

選択に安定感があるので、安心して仕上がりに進む事が出来ますね!

今回の打合せで、(仮称)丸岡町の家の打合せは、最終でした。
たくさんのお時間をいただき、ご検討・ご決定、ありがとうございました!

開口検査を行いました。

2017年4月26日  /  皆時の家  

今日は(仮称)丸岡町の家の開口検査でした。

開口検査とは、主に建具が入るところなどの開口部の寸法があっているのかを点検する検査の事で、大工さんの工事がほぼ終わった時に行います。
今日がその日で、開口部などの寸法が図面通りになっているのかをチェックしてきました。

大工さんの工事が完了すると、次は仕上げ工事に入ります。
塗装工事やクロス工事などなど、仕上げが進むと、一気に空間が明るくなります。

現場には、造り付けのダイニングテーブルが設置されていました。
塗装されるとまた違ったイメージで見えてくるはずです。

次回の打合せは現場で行い、前回、健承の家の内覧会会場での打合せの続きを行います。
打合せとしては、最終の打合せとなります。

今日は健承の家の内覧会中に、(仮称)丸岡町の家の打合せを行いました。

今日の打合せの内容は、カラースキーム。

カラースキームとは、色彩計画の事で、空間の色彩のバランスなどを検討します。
弊社では迷った時には、イメージマップというツールを利用してイメージの再確認をしてカラースキームを検討します。

今回のカラースキームは既に設定したところからの微調整。
床仕上げ材は既に施工済みなので、床仕上げ材をもとに色彩のバランスを壁仕上げ材や天井仕上げ材であるクロスや、家具などの色合いなどを検討していきます。

実際、現地(現場)の光の入り方に近い部屋、または計画されている照明の当たり方と近い感じの位置を探して、大きめのクロスサンプルにて雰囲気を確認しました。

次回は現地(現場)にて、再度カラースキームの打合せを行い、クロスなどの決定をしていただく事になりました。

ブログのトップ
古い記事