ブログ

「皆時の家」の記事一覧

20時+2000K+床暖房=sleep

2016年11月19日 / 皆時の家

今日はオーナーズ・WEEKの二日目でした。
今日もおかげさまで多くのオーナー様やお客様にお越しいただき、お昼ご飯を食べ損ねる程の大盛況をいただき、本当にありがとうございます。
また、明日、明後日もお時間よろしければ是非、足をお運びいただけると嬉しいです。

オーナーズ・WEEKの後、遊び心の家にて(仮称)丸岡町の家の打合せがありました。
20時からはじまった打合せ、お子様達にはもう眠たくなる時間帯です。
また、色温度が2000Kの照明、そして床暖房が、より眠気を誘います。

そのおかげもあって(あと、崖の上のポニョのおかげもあって)、打合せ中はおとなしくソファーでくつろいでおられました(笑)。

遅い時間までお付合い、ありがとうございました!

ぷら〜っとお越しやす。

2016年10月29日 / 社屋 皆時の家 健承の家

今日は(仮称)丸岡町の家の打合せでした。

新社屋に移転して、早、1ヶ月以上過ぎ、既に何度も打合せをさせていただいています。
しかし今日はそんな中でも、最も理想的な新社屋の使い方をしてくれてる姿に、思わず打合せ中にも関わらずシャッターを切りました。

それが上写真。
まるで自分ちのリビングでの写真のようです(笑)。

新社屋に移転したコンセプトは、エクリュに関わりをもっていただいている方々の為のカフェやサロン、ライブラリなどとして利用していただきたいとの思いにあります。

それを実現してくれた、今日の一枚の写真です。

かと思えば、ご主人が出張との事で駅までお送りになられた(仮称)松本の家のお施主様(奥様)が、ぷら〜っと遊びに来てくれました。

お茶を飲みながら、結構遅くなるまでお家への想いをお話しました。

今日は新社屋に移転して、何だか理想にすごく近づいた活用の仕方をしていただけた嬉しい日でした。

打合せ中にお越しいただいた知合いの畳屋さんが、ご遠慮されて出直されたのは、ひとつ申し訳無かったのですが、それでも、気軽に足をお運びいただけてとても嬉しかったです。

新社屋に移転したコンセプト。
それは、エクリュに関わりをもっていただいている方々が、思い思いにご利用いただく事にあります。
その為には気軽に足をお運びいただく事が、先ず必要です。

今日はコンセプト通りの方向性を感じたとても嬉しい日でした(笑)。

もう一度、体感して。

2016年10月8日 / 皆時の家

(仮称)丸岡町の家は、現在、仕様調整・EVなどを行っています。
今日は、住宅設備など(キッチンやお風呂など)のショールームにて、再度、仕様の見直しをしていただきました。

お子様にも、再度、選ばれた仕様の体感をしていただきました(笑)。

皆さま、今日はお時間、ご協力いただき、ありがとうございました!

新社屋にて打合せ。

2016年10月2日 / 社屋 皆時の家

今日は新社屋に移転してお施主様との打合せとしては2回目の打合せを行いました。

先ずは、社屋をご案内。
新社屋に移転した意図などをお伝えいたしました。

今日は(仮称)丸岡町の家の初回の見積りに関する打合せでした。

当初、プランニング段階(基本設計段階)の打合せは、概算による打合せを進めていきます。
概算とは言え、弊社は工務店ですから原価意識が比較的高いため、いい加減な数字(金額)でお話をさせていただいているわけではありません。
しかし、あくまでも概算。
坪単価などを駆使して実際の金額に近付けたに過ぎません。
その為、見積りが上がってくる時は、いつも緊張します。
今回も、予定の範囲を大きく外さない、想定範囲内の見積金額で少し安心しました。
しかし、見積り直前に仕様をアップした分は、仕様を下げる必要があり・・・
次回からは、減額案をご提案しながら仕様の調整を図っていく事になりました。

今日はお施主様の打合せとしては2回目。
(今回は写真を撮るのを忘れませんでした:笑)

まだまだ整ってはいない新社屋で、ちょっと落ち着きのない感じの中での打合せとなってしまっていましたら、ごめんなさい。。。
更に落ち着いた雰囲気の中で打合せが出来るように、明日も協力会社さんと打合せがあります。

見積図書

2016年8月27日 / 皆時の家

今日は、(仮称)丸岡町jの家の打合せでした。
娘さんは、いつも弊社に来られると、写真のように自分のアトリエをつくり、そこで絵を描きます。
今日は、服に顔がある不思議な絵とアンパンマンを熱心に描いていました。

今日の打合せは見積図書のご確認でした。
前回のカラースキームの打合せの際に決まった方向性のサンプル材もご確認いただきました。

見積図書は30枚ほどの図面集で、見積りをする為の図面です。
それら1枚1枚をご説明させていただき、見積りの方向性などを打合せさせていただきます。

お時間はかなり長時間いただきます。
今回は10~17時までいただきました。
ご協力、本当にありがとうございました。

アンパンマン。
上手に描けました!

自分の感覚を信じきる。

2016年7月31日 / 皆時の家

今日は(仮称)丸岡町の家の打合せをエクリュ事務所にて行いました。
打合せの内容は、カラースキームなど仕様の方向性を打合せしました。

イメージマップと照らし合わせながら、全体的なイメージからの各部分の素材や色合いなぢを決めていきます。

最後まで悩まれていた、外壁の材料も検討しました。

弊社のオーナー様で最も多くの方が選択されている、窯業系のサイジングボード。
建物のイメージに幅を持たせやすかったり、芸術性という意味では、費用対効果が高い材料かも知れません。
しかし維持管理や経年劣化など機能性やライフサイクルコストとしての経済性を考えると、また違った選択肢が浮上するのかも知れません。

芸術性や機能性、経済性など様々な方向から検討をすると、それぞれの方々の「良い」が変化します。

ですので色んな事を知り、選択をする事も大切かも知れません。
とはいえ、自分の感覚を最後まで信じきれる力に勝るものは無いとは思いますが(笑)。

今日はカラースキームなど仕様や色などをご検討いただきました。

ご家族のご協力あって。

2016年7月3日 / 遊び心の家 皆時の家

今日は(仮称)丸岡町の家の打合せ。
久しぶりに「遊び心の家」にて打合せを行いました。
と言うのも今日は収納の打合せをさせていただいたので、実際暮らしている(住んで使用している)収納をご覧いただきながら打合せをする為、遊び心の家にお越しいただきました。

実際の暮らしぶりをご覧いただくと、スケール感がわかりやすいだけでなく、生活感が出ているので、使い方なども実際に近いイメージをしていただきやすいです。

今日も洗面所やウォーク・イン・クロゼットなど、使用状況や寸法、収納物やその量などをご覧いただきながら、プランニングと見比べ落とし込んで行きました。

(仮称)丸岡町の家。
次回の打合せは「賢分の家」の内覧会中に打合せという事もあり、バタバタしてシッカリ打合せが出来ない事も予測し、今日は出来るだけ打合せを進めさせていただきました。

時間があればと準備していた次回の打合せ内容も、全て今回に打合せさせていただきました。
長時間にわたり、打合せいただき、本当にありがとうございました!
助かりました(笑)。

お子様達もまだ小さく、またせっかくのお母さんに甘える事が出来るおやすみなのに、お母さんとお父さんを一日中お借りしてしまい・・・また、おじいさんにはお孫さん達を一日中お任せしてしまい・・・本当にご家族のご協力あって、打合せを進めさせていただけています。
本当にありがとうございます!

優先順位。

2016年6月19日 / 皆時の家

今日は(仮称)丸岡町の家の打合せを行いました。

今日の(も?)打合せは盛りだくさん。
①プランニング
②光熱費とZEHなど
③仕様の調整
④収納の確認

色々と難しい事をご検討いただき、ありがとうございました!
また大変お時間いただき、ありがとうございました!

今日のお話で、最も難しかった選択のひとつにイニシャルコストとランニングコストのどちらを優先させるか?って事がありました。

どっちも優先させたいけど、なかなかそうもいかず、今日も選択を突きつけられました。

今日の選択でのポイントは、後で出来る事は後で、後で出来ない事を今という事でした。

例えば、断熱の改修工事は、後でするのはとても難しく、成果を出す事が困難です。
そこで、断熱材などにコストを優先させる事になりました。

とてもクレバーな選択だと思います。

人生と同様、お住まいづくりも選択の連続です。
より選択がしやすい様な情報を準備出来る様、今週も資料作りに励みます(笑)。

カラスが鳴くから帰ろう。

2016年6月18日 / 皆時の家 健承の家

今日は(仮称)松本の家の打合せでした。
今日の打合せの内容は、見積りの減額案についてなどでした。

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)にて打合せを進めさせていただいている(仮称)松本の家。

ZHE以外の他のお住まいと違い、ひとつ変更すると他への影響があったりと難しい点もありますが、ZEHへのニーズが急速に高まる中、弊社としてもとても貴重な体験をさせていただき、本当にありがたいです。
ただ、非常に難しいご判断をお願いしたり、不慣れな事もあり、打合せが前後してしまったりと、ご理解・ご協力をいただかなければならないこともしばしば。。。
ご理解賜り、本当にありがとうございます!

実は明日も(仮称)丸岡町の家の打合せがあるのですが、こちらもZEHを意識されての打合せとなります。
昨年の光熱費の情報を1年分持ってきていただき、太陽光発電などをのせたら光熱費がどのように変化するのかなども打合せさせていただく予定になっています。

今日もたくさんのお時間をいただき、たくさんのお話をお聞きいただき、本当にありがとうございました!

打合せの後、その打合せ議事録を書き終えて会社を出ると、とても不思議な雲。
東の空には白い月が出ていて、その前を鳥が一羽飛んでいきました。

さぁ、僕も帰ろう!

出来る事を出来るだけ。

2016年6月16日 / 皆時の家 健承の家

現在打合せなどさせていただいているお住まいが全て(最終的にどうなるのかは分かりませんが)ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)を念頭に進めさせていただいています。
急激にZEHへのニーズが高まっていると感じるのは、たまたまなんでしょうか?
とは言え、全国のハウスメーカーさんなどの展示場を見ると、半分以上がZEH仕様になっているのを見ると、当然と言えば当然なのかも知れません。

しかし、ZEHにするには、様々な要因が絡み合い、弊社のような標準仕様を持たない自由度の高い設計をしていると、とても難しいです。
また費用もかさみます。
ひとつ仕様などを変えると色んな所に波及し、ZEHにする為のスペックの調整が必要で、様々な方々のご協力を得ながら、どうにかこうにか打合せ資料を作成したりプランニングをしています。

そもそもZEHとは、何かと言うと・・・
Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略で、①住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、②太陽光発電などでエネルギーを創ること、この2点により、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のことを言います。

断熱性能を高めることで、消費するエネルギーを削減。
住宅設備や機器類も一定の省エネルギー性能を有したものを使い、お家で使うエネルギーを更に抑えます。
そして再生可能エネルギーなどで年間の一次エネルギー量をまかなうだけ自家発電します。

簡単に言うと、エネルギーを自給自足できる高性能住宅です。

一次エネルギーってのは・・・ちょっと難しいんですが・・・
お家で使うエネルギーの事を二次エネルギーと言います。
それに対して一次エネルギーは、発電に必要な石油やガス、水力や太陽熱など自然界に存在しているそのままのエネルギー源の事です。
ここでいう一次エネルギー量とは、発電所で発電に必要な石油などの一次エネルギーの量だけでなく、例えば発電所からお家まで電気を運ぶ間に送電ロスなどがあり、単純にお家で使う分だけ発電するんじゃなくて、そのエネルギーを発電所で作るのに必要なエネルギー量みたいなイメージでしょうか?

最近、よく考えるのは、自分を大切に思うってことは、他人を大切に思うって意味だってこと。
だから、エネルギーもよぉ~く考えて使わなきゃいけないのかも知れません。
子供達が大人になった時、親の愛を受け取れるような、そんなことをしておくことが大事なんだなぁ~って、もう子供が成人しそうなタイミングで考えています。。。
遅すぎですが・・・(苦笑)。

今、気付いたのだから仕方ない!(って開き直り)
今から出来る事をコツコツしていこうと考えた時、様々な選択枝が増えたり変わったりするのかも知れません。

とは言え、出来る事を出来るだけするしか出来ないので、出来る事を出来るだけすれば良いのだと、いつも結論付けるのですが。
大切な事は、色々な事を知って考えて決めていくって事なのかも知れませんね!

過去の記事